有岡城跡付近の美しい木々を撮る

JR伊丹駅前の木々


M8 / Cron 90mm LTM
AE/ISO 160/RAW
Taken at Itami


「ソール・ライター」展を見に行って時に撮影したJR伊丹駅前の広場の木々です。この駅前には有岡城跡があり,かつての城郭の遺跡が残っています。石垣らしきものはありましたが,天守閣はなく,今は公園のようになっています。伊丹市のHPからの引用ですが,有岡城は「もとは伊丹氏が南北朝時代から戦国時代にかけて伊丹城を築いていたところです。天正2年(1574年)11月,織田信長の武将荒木村重は,伊丹氏にかわって伊丹城に入城しました。そして城の名を有岡城と改めて,大改造をおこないました。城だけでなく,侍町と町屋地区をも堀と土塁で囲んだ惣構(そうがまえ)の城としての価値を認められ,昭和54年12月に国の史跡に指定されました。」とあります。室町時代からの城ということでその歴史を感じます。写真は駅前に聳え立つ大きな木々の一つです。午後からの陽射しが大変きれいに降り注ぎ,中央の赤い葉が目に留まり撮影しました。ズミクロン90ミリレンズのボケ味は大変美しく,M8との組み合わせも色味とともに気に入っています。この写真は500pxに投稿しました

Google+はこちらです

ランキングに参加しています。ポチっとワンクリックをお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村