『ソール・ライター展』を見に行ってきました

伊丹市でのソールライター展


M9 / Cron 90mm LTM
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


4月7日から始まった伊丹市立美術博物館での「ソール・ライター展」を先日見に行ってきました。写真はポスターを撮影したものですが,副題に「A Retrospective」とあり,まさに写真家ソール・ライターの全てを展示した回顧展でした。彼の人生からモノクローム時代の写真作品,この展示の中心に位置づけられているカラー写真の作品群。すべてを丁寧に見ていたら一時間以上はかかっていました。雨や雪の日の曇ったガラスを通したカラー写真は見応えがありました。


ソール・ライターは,1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍していたのですが,その後80年代に商業写真から退き,世間から姿を消してしまいました。最近になって,2006年にドイツのシュタイデル社から出版された作品集をきっかけに再び脚光を浴び世界的なセンセーションを巻き起こしたという不思議な経歴を辿っています。事前にAmazonビデオで「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」を観賞して予習をしていったので,曇ったガラスを通したカラー写真の作品は改めてきれいなプリントを見て感動しました。


個人的には同じ階に展示されていたモノクローム写真の作品が最も印象的でした。光と影の捉え方や構図,被写体の選び方がとても勉強になりました。「ヴォーグ」「ハーパーズ・バザー」の表紙を飾ったその構図の素晴らしさや光や傘をうまく使った表現は大変興味深いものがありました。この時代のモノクローム作品にこそソール・ライターの原点があるのだと感じました。展示を見た後は,近くにある伊丹の酒蔵を見学しました。伊丹と灘は江戸時代からの銘酒の産地ですので,個性的で美味しい地酒がたくさんあります。最後はJR伊丹駅周辺を撮影しました。普段あまり来たことのない場所でしたので,とても楽しめた一日でした。


Google+はこちらです

ランキングに参加しています。ポチっとワンクリックをお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村