Leica M8で佐保路を撮る #1

不退寺のさざんか


M8 / Summicron 50mm (Collapsible)
AE/ISO 640/RAW
Taken at Futaiji


撮影場所を大阪から奈良に移して,今回は佐保路をテーマに不退寺という古刹を撮りました。境内は大変小さくこじんまりしていますが,とても雰囲気のある場所です。観光客もあまり多くないため撮影に集中できます。ライカM8にズミクロン50ミリ沈鏡胴とタンバールレンズを持って撮影をしました。第一弾は何気ない花を被写体にして,そのアウトフォーカスを楽しんでみました。夕刻の光が柔らかくWBは曇天に設定しました。くっきりとした描写の中に1950年代のレンズらしい,今のレンズにはない不安定さのようなものが見えて面白いレンズだと思います。バルナックライカでもデジタルでも使える雰囲気のあるズミクロンレンズだと感じます。この写真は500pxに投稿しました


Google+はこちらです

ランキングに参加しています。ポチっとワンクリックをお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村