Leica M8+Zeiss Opton Sonnar 50mm f/2で南天を撮る

京都綾小路通の南天


Leica M8
Contax 50mm f/2 Zeiss-Opton Sonnar
50mm/f/2
AE(1/1500s)/ISO 320/RAW
Convert RAW Files to Color image with Photoshop CC


京都四条通をさらに南へ一本下って歩くと綾小路通があります。何度となくここを撮影していますが,時折季節を感じる被写体に出会います。今回は南天の実を撮りました。ライカ M8の独特のいい色味が出ています。ホワイトバランスは「日陰」よりもう少しだけアンバーにしています。今回初めて,「Zeiss Opton Sonnar 50mm f/2」レンズを使いました。このところカールツァイスのレンズにはまってしまい,アダプターを通してこのレンズを楽しんでいます。ゾナーのf/1.5の写りはシャープでしたが,このf/2レンズはそれよりもアウトフォーカスが柔らかく感じます。少しライカのクセノンレンズに似ているような気がするのですが,もう少し撮ってみないとわかりません。またモノクロームの写真もプリントしながら他のレンズと比較してみたいです。この写真は500pxに投稿しています


Google+はこちらです

ポチっと応援のワンクリックをお願いします。ログインの必要はありません。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村