Leica M8+Summaron 28mm /f5.6で撮る室生寺五重塔

モノクロームの室生寺五重塔


Leica M8
Leica Summaron 28mm /f5.6(Screw Mount)
28mm/f/5.6
1/250s/ISO 160/RAW
Convert RAW Files to Monochrome image with Photoshop CC


かつて写真家の土門拳さんと入江泰吉さんがこよなく愛した室生寺の五重塔。どちらも雪の写真が印象的ですが,色々な季節の五重塔を撮影されています。私は夏の室生寺が一番好きです。太陽光に照らされた緑色の紅葉の葉が美しく,暑さを忘れさせるような清々しさを感じます。木々からも秋から冬の寒々とした硬い表情ではなく,若々しい躍動感を感じます。特に午前中の光が美しく,この写真もちょうど曇り空から晴れ間がのぞいた瞬間でした。カラーイメージもいいのですが,入江泰吉さんがよく撮られていたモノクロームの雰囲気が好きです。観光に訪れた人が写っていますが,塔の大きさを実感するのにちょうどいい被写体だと思い撮りました。何度訪れても飽きることなく撮影をしたくなる室生寺です。今回もズマロン28ミリレンズとライカ M8の組み合わせです。この写真は500pxに投稿しました

Google+はこちらです

ポチっと応援のワンクリックをお願いします。ログインの必要はありません。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村