Leica M8で京都文化博物館内を撮る

Kyoto #49 by Hiro _R on 500px.com


Leica M8
Leica Summaron 28mm /f5.6(Screw Mount)
28mm/f/5.6
1/30s/ISO 640/RAW
Processing with Photoshop CC


ライカ M8にズマロン28㎜レンズを付けて,再び京都へ行ってきました。京都文化博物館で展示が始まったばかりの「パリ・マグナム写真展」を見に行くためでした。妻に前売券を買ってもらっていたこともあり,楽しみにしていた写真展でした。写真は京都文化博物館内で行われていた,バッハのコンサートらしきシーンで,まだ準備中でした。ピアノの調律をしているところで,人が集まっていない時間のシーンです。


ズマロン28㎜レンズのモノクロームはカリカリな描写にならずとても柔らかくいい感じです。すっかりこのレンズを気に入ってしまいました。シャッタースピードは1/30秒ですが,レンジファインダーカメラにはミラーがないので,殆どブレることがありません。一眼レフとの大きな違いであり,F値5.6の暗いレンズでも問題ありません。デジタルライカ M8の強みだと思っています。


さて,肝心の「パリ・マグナム写真展」ですが,とても良かったです。1947年,ロバート・キャパ,アンリ・カルティエ=ブレッソン,ジョージ・ロジャー,デビッド・シーモアによって「写真家自身によってその権利と自由を守り、主張すること」を目的として写真家集団・マグナムは結成されました。彼らの精神は,その後も若手の写真家に引き継がれ,世界で起こっている問題をタイムリーに取り上げています。写真は,戦前から2017年のフランス大統領選まで,本当につい最近の出来事まで扱っていました。個人的には,やはりモノクロームの写真作品が良かったと思います。第二次中東戦争(スエズ戦争)でエジプト軍の銃弾に倒れたデビッド・シーモアの作品は,特に私の印象に残りました。光の捉え方から人々が必死で生きるシーンまでどの作品も良かったです。


写真展を見て思ったことですが,写真家たちの作品には,大きく分けて美しいものをとことん追求する作品と,美しさとは別に現実の厳しさを伝えるジャーナリズムの側面を持った写真と二手に分かるれるのではと。どちらの要素も写真作品は持ち合わせています。好きな写真家の一人である林典子さんの作品は,世界で起こっている女性の人権問題を扱っているので,美しさの追求とは違う側面があります。しかし,心を動かされます。一方で,セイケトミオさんの作品のように光をテーマに美しさをとことん追求した作品もやはり心を動かされます。どちらも写真という媒体には必要な要素なのかもしれません。過去の優れた写真作品を見てそんなことを感じました。

Google+はこちらです

ポチっと応援のワンクリックをお願いします。ログインの必要はありません。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村