Leica M8で鏡神社内の祖霊社を撮る

Nara #53 by Hiro _R on 500px.com


Leica M8
Leica Elmar 90mm /f4(Screw Mount)
90mm/f/4
1/125s/ISO 640/RAW
Processing with Photoshop CC


入江泰吉記念奈良市写真美術館に隣接する新薬師寺のすぐ近くに鏡神社があります。この神社は平安時代初期の806年に新薬師寺の鎮守として境内南側にて創建されました。奈良時代の半ばに能力がありながらも大宰府への赴任が決まり,これを左遷と感じて北九州で反乱を起こした藤原広嗣が処刑された唐津の鏡神社から勧請(神仏の来臨や神託を祈り願うこと)を受けたものと伝えられています。その藤原広嗣が祭神とされている神社です。


この神社内にひっそりと佇む写真のような祖霊社があります。大きくはないのですが,そのデザインというか存在が気になり撮影しました。ちょうど夕日がうっすらと射しこんだ瞬間でした。祖霊社とは,屋敷内の一隅または先祖に由緒のある地点に設けられた祖霊をまつってある社のことです。この祖霊社にお供えされている御神酒を入れる容器である「瓶子(へいし,またはへいじ)」への反射光もきれいでした。白い器にうつる太陽光がこの写真にアクセントを与えています。


Leica Elmar 90mm f/4とフード


二枚目の写真は,ライカ M8に「Leica Elmar 90mm /f4(スクリューマウント)」レンズを付けたところです。入江泰吉さんがかつて使っていたレンズをデジタルライカで使ってみました。描写は大変美しく,繊細な写りをします。このレンズは1952年製です。ライカ M3が発表される二年前なので,主にバルナック型ライカカメラ用に使われたものと思われます。レンズ面に多少拭き傷がありますが,写りには問題なしでした。鏡胴は梨地のシルバークローム仕上げです。ヘリコイドの動きがスムーズで距離計で合わせやすいレンズです。レンズ前部銘板はクロームに黒の刻印がなされています。基部にレザー様の帯が貼られています。


ライカフードADFIK


三枚目の写真は,このレンズに付けているフードです。ニューヨークライツのズームフード「ADFIK」を使っています。このフードはスタイルも良く,ズマロンやエルマー35mm,ウォーレンサックのヴェロスティグマット127㎜ f/4.5レンズにも使えて便利です。フード内の文字が大きめなのが特徴です。

Google+はこちらです

ポチっと応援のワンクリックをお願いします。ログインの必要はありません。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村