« Leica M8+Summar 50mm f/2で心斎橋のカフェを撮る | Home | Leica M8で京都文化博物館内を撮る »

2017年7月 9日

Leica M8+Summaron 28mm /f5.6で夕刻の駅を撮る

Nara #45 by Hiro _R on 500px.com


Leica M8
Leica Summaron 28mm /f5.6(Screw Mount)
28mm/f/5.6
1/125s/ISO 160/RAW
Processing with Photoshop CC


ライカM8と「Leica Summaron 28mm /f5.6」レンズで近鉄西大寺駅を撮りました。曇天でしたが,夕日がほんのりと射しこんだホームの反射光を撮りました。奥には駅員さんが二人立っていました。ホームの奥行きを感じることができます。ズマロン28㎜のモノクロの描写は秀逸で,明暗の細かいコントラストが大変美しいレンズだと使ってみて感じます。ちなみに私は「UV/IRカットフィルター」を持っていませんので,撮影の時はフィルターなしで撮っています。


旧ズマロン28mm f5.6とライカ M8


二枚目の写真は,ズマロン28㎜レンズをライカ M8に付けたところです。このレンズの復刻版が最近M型用のバヨネットタイプとして発売されました。そのレンズの購入をはじめは考えていました。京都のライカショップでも何度かレンズの試写をさせてもらったり,レンズの性能が素晴らしいと聞いていました。しかし,よくよく考えてみると価格面で高過ぎると感じたこと,スクリューマウントの今回手に入れたオールドレンズの方が価格が約半分で済むということ,しかもこの旧ズマロンのレンズ構成はダブルガウスタイプの4群6枚の構成で,広角レンズの理想型とされている点などが魅力と感じてこちらにしました。


このレンズの存在については,「CAMERA magazine(2014年8月号)」で知りました。セイケトミオさんのライカ M8との撮影の記事や作品を見て(この雑誌に載っていた作品がセイケトミオさんのブログにあります),このレンズの評価が高いということを感じました。中古カメラ屋を周っていたら,比較的状態のいい,ホコリが気になる程度のレンズを見つけました。実際の写りは,今まで使ってきたレンズの中では,モノクロの描写が最も美しいのではないかという感想を持ちました。このレンズは,製造本数があまり多くなく6228本です。


レンズフードは「SOOBK」という大変高価なもの(フードだけで5万円以上?)が用意されていて,ネットで検索してそのスタイリングや使い勝手についていくつかの記事を読みましたが,いまいち購入する気になれませんでした。しかもライカ M8では28㎜は36㎜になるので,以前スクリューマウントのズマロンで使っていたフード(「FLQOO」)が使えるのではと思い,実際に使用してみるとこれがピッタリでした。36㎜なのでケラれることもありません。フードがコンパクトなため距離計を合わせる時も邪魔にならず撮影には快適でした。フルサイズのカメラなら高価な「SOOBK」がいいのかもしれませんが,ライカ M8で使用の時は,私はこれで十分だと思います。


※写真のファインダーはCanon製の35㎜ファインダーです。軽くて見やすいファインダーのため,よく使っています。

お手数ですが一日一回ランキングボタンを押してもらえると嬉しいです。ログインの必要はありません。

にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansimai20.com/mt/mt-tb.cgi/721

コメントする