Leica M8で撮る東寺の五重塔

Kyoto #3 by Hiro _R on 500px.com


Leica M8
Leica Summaron 35mm f/3.5
35mm/f/4.8
1/500s/ISO 320/DNG
Effect with Photoshop CC/ Nik Silver Efex Pro2/ Dxo FilmPack5(Fuji Superia Reala 100)


京都駅近くに位置する東寺。この寺院の見どころはやはり五重塔ではないでしょうか。私は近鉄奈良駅近くにある興福寺の五重塔が印象的ですが,こちらの方がより大きく感じます。現在の五重塔は高さ56.6mで,建立年代は江戸時代の寛永21年(1644年)です。国宝に指定されています。奈良の興福寺の五重塔の高さは52.9mですので,ほぼ同じくらいの高さです。


平安京の南に位置する羅城門をはさんで東寺とは対称の位置に西寺という寺院が平安時代に造営されました。しかし,鎌倉時代に廃絶し,京都市南区西寺町に史跡が残っているのみです。空海に東寺が下賜されたのは弘仁14年(823年)で,東寺の初代の五重塔は天長3年(826年)ごろ着工したとみられています。完成の正確な時期は不明で,この初代の塔は天喜3年(1055年)に雷火により焼失しました。その後二代目の塔も鎌倉時代に焼失,三代目は室町時代に落雷により焼失,四代目は江戸時代に焼失して,現在の塔は五代目になります。この五代目は江戸幕府三代将軍の徳川家光が再建しています。


大変な歴史を持つこの五重塔。歴史を知ると親しみと荘厳さを感じてしまいます。今回もLeica M8とズマロン三半で撮りました。距離計で手前のカリンの実に合わせました。Nik Silver Efex Pro2でソフトセピアを適用して,Dxo FilmPack5で「Fuji Superia Reala 100フィルタ」を使いました。このカラーネガフィルムの「Reala 100」のソフトな感じと色潰れしない柔らかさがとても気に入っています。

以下の書籍を参考にしました。

Google+はこちらです

ポチっと応援のワンクリックをお願いします。ログインの必要はありません。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村