入江泰吉記念奈良市写真美術館の裏側と鏡神社


M8 / Cron 35mm(2nd)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Nara


この連休中にもう一つ写真展を見に行きました。現在,入江泰吉記念奈良市写真美術館において開催されている「入江泰吉「古都奈良の文化財~東大寺・春日大社・春日山原始林」展です。同時に「上田義彦 FOREST 印象と記憶 1989-2017」も展示されていました。入江さんの展示は全てカラー写真作品で,今まで見たことのなかった春日山の原始林の大木の写真などがあり興味深く見ることができました。古都奈良のイメージを大切にしていた入江さんの作品は,対象物の切り取りが見事でカラー写真での色使いも美しく,とても勉強になります。全体を眺めてみると晴天の日の撮影は少なく,雨や曇天のシーンが結構多いことに気付きました。時間的には朝早くか夕刻が多く,光の美しい時間帯を選んで待って撮っている様子が伝わってきます。入江さん自身はこの写真館を見ることなく亡くなってしまったということで残念な話です。個人的には「春めく二月堂裏参道」という縦構図の写真がお気に入りで,濡れた石畳の階段と美しく咲くモクレン,土壁の質感が何とも言えず素晴らしいと感じます。アップした写真は,写真美術館の裏側にある鏡神社の新緑のもみじです。陽射しに照らされてとてもきれいでした。また,定期的に写真展を見に行こうと思います。

京都府立図書館の陰影


M8 / Cron 35mm(2nd)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


京都府立図書館は,明治42年(1909)4月に開館した歴史ある建造物です。日露戦争が終わってしばらくしたこの時期の建物は,レトロな美しい建造物が多いです。写真に撮ったのは,図書館の階段です。石造りの階段とそのデザインと陰影がとてもいいと思いました。この写真は500pxに投稿しました。

平安神宮付近の広場


M8 / Cron 35mm(2nd)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


平安神宮内の写真です。大きな鳥居はあまりに有名ですが,最近はこの辺りにはROHMシアターができたり,美術館や図書館も充実して一つの芸術の街として発展してきたように感じます。この写真は京都府立図書館前の大きな通りに人々が行きかうところを撮りました。黒のリクルートスーツに身を包んだ女性たち,奥には外国人観光客,木の陰影とともに彼らの服の色合いもモノクロームにしたらそのバランスが面白いと思いました。ズミクロン35ミリレンズをさらに試したいと思います。

地下鉄東山駅付近の蕎麦屋


M8 / Cron 35mm(2nd)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


ラルティーグ展を見に行った同じ日の昼食時に撮った蕎麦屋の写真です。醤油瓶と背景の陽射しが気になって撮りました。白壁に格子戸など和の雰囲気が良く出ている地下鉄東山駅付近のお店です。横には白川が流れていてテラスもある昼食にはなかなかいいお店だと思いました。この写真は500pxに投稿しました

烏丸御池付近の眼鏡屋


M8 / Cron 35mm(2nd)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


大江能楽堂で狂言を楽しんだ後,御池通に出ました。ここは大変広い通りで歩いていて気持ちのいい場所です。途中で妻とお茶をしながら所々で写真を撮っていきました。この写真はその一枚で,眼鏡屋に並ぶメガネの反射と奥にある顕微鏡のような器具が面白いと思いました。さらに写り込んだ交差点の白線と歩行者が重なりこのシーンは偶然が重なっています。レンズはこの日初めて使ったズミクロン35ミリの第二世代(6枚玉)です。角付きと呼ばれるタイプでドイツ製,1970年頃のものと思われます。本当はカナダ製が欲しかったのですが,見つからず断念しドイツ製にしました。35ミリのレンズはフィルムライカで撮っていた頃に7枚玉のズミクロンが気に入って使っていたのですが,その後手放してしまい久々に手元にやってきたズミクロンの写りにちょっと興味があります。この6枚玉も7枚玉同様モノクローム写真においては中々写りがいいように思います。また大きな紙にプリントして他のレンズと比較してみたいと思います。この写真は500pxに投稿しました

細見美術館でのラルティーグ展のポスター


M8 / Cron 35mm(2nd)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


「アンリ・カルティエ・ブレッソン」といえば有名なフランスの写真家ですが,同じフランスの写真家に「ジャック=アンリ・ラルティーグ」という偉大な写真家がいます。この連休を使って,京都細見美術館で現在開催されている『永遠の少年、ラルティーグ ―写真は魔法だ!―』展を妻と見に行ってきました。この美術館は,平安神宮の近くにあり,ユニークな構造の建物の中にあります。中にはレストランもあり,食事も楽しめます。


ラルティーグは自らをアマチュア写真家と称し,60年以上にわたり自分の楽しみのために写真を撮り続けました。幼い頃から写真に興味を抱き,当時の最新の技術も駆使しながら多くの写真を残してきました。私が興味を持ったのは,「オートクローム」というカラー写真です。コダクロームやアグファ・カラー以前のカラー写真で,ガラス乾版を使うなど露出に時間がかかり,なおかつ現像まで相当手間のかかる方法でプリントします。このカラー写真の低コントラストな色味が大変気に入ってしまい,しばしじっと作品に見入ってしまいました。今のデジタルカメラでは到底表現できないような,興味深い写真作品でした。その他,モノクローム写真も陰影の美しいものが多く,妻のフロレットをモデルとしたポートレイトは光の表現が美しく勉強になりました。この展覧会のポスターを飾っているのもフロレットのカラー写真です。少し前に見たソール・ライター展もよかったですが,このラルティーグ展も大変見応えがありました。


大江能楽堂の舞台


M8 / Cron 35mm(2nd)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


二枚目の写真は,大江能楽堂の写真です。ラルティーグの展覧会を見た後,京都市役所付近にある大江能楽堂へ行きました。今回は『新作 CLASSICS 狂言』を見ました。狂言を現代風のテーマにアレンジした面白い内容でした。三番あって終始笑いに包まれた楽しい企画でした。昔も今も男女の関係は複雑で興味深いもの。そんな題材をもとに表現されていました。能楽は形式があり,優美でやや難しいものがありますが,一方で,喜劇である狂言は親しみやすく,二時間半があっという間に過ぎてしまいました。ただ,以前訪れた大槻能楽堂と違って大江能楽堂は昔ながらの座敷のスタイルなので,正座がとてもきつかったです...。

不退寺の美しい山吹


M9 / Cron 90mm LTM
AE/ISO 160/RAW
Taken at Nara


ライカM9にズミクロン90ミリレンズを付けて,少し前に再び佐保路を歩いてみました。この日は不退寺からスタートして,聖武天皇陵や多聞城付近を通って転害門へ出ました。何度となくこの路を歩いていると,少しずつですが植生の変化に気付いてきます。さりげない木々にもそのちょっとした変化が見受けられます。故入江泰吉さんがこよなく愛した大和路の一つでもある佐保路。個人的には,古都奈良の雰囲気を残すこの路がとても好きです。不退寺や法華寺,海龍王寺など四季折々の花を見ることも楽しいですし,かつて車のなかった時代に古代の人たちが歩いたであろう景色が想像されます。この写真では不退寺の山吹を撮りました。連翹とともに,美しい色を備えた山吹は,カラーの色味のいいライカM9にピッタリでした。ズミクロン90ミリのボケ味は秀逸で,背景の多宝塔の陰影は何とも幻想的でした。夕刻にここにきれいな西日が射しこみます。この写真は500pxに投稿しました

相国寺の塔頭の一つ


M8 / Color Heliar 75mm(f/2.5)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


相国寺の塔頭の一つに「長得院」があります。室町時代にこの場所へ遷ってきて,江戸時代に一度火災のために焼失し,再建され現在に至っています。現在は公開していなくて,この写真はその門から撮影しました。若くして亡くなった室町幕府5代将軍足利義量(よしかず)にゆかりのある寺院でもあります。義量は「長得院殿鞏山道基」という戒名を持っています。この寺院の庭園は外から眺めても大変美しく,午後からの光がきれいでした。写真は門の扉を被写体の一部に入れ,背景は陽射しの柔らかい新緑の紅葉です。公開される機会があれば,一度見に行きたい寺院の一つです。この写真は500pxに投稿しました

相国寺の松の美しさ

相国寺の松


M8 / Color Heliar 75mm(f/2.5)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


同志社大学のアーモスト館からすぐのところに相国寺の総門があります。相国寺の境内は何度となく被写体にしてきた私の好きな寺院の一つです。この寺院には多くの大きな松が植えられていて目を惹きます。松の木は地味ですが,陽射しを浴びた時や雨のシーンではとても映えます。日本の伝統的な美術や芸能において松がよく扱われているのは,そのシルエットの美しさ故だと思います。今回もカラーへリアー75ミリとライカM8の組み合わせです。背景の土壁もいいと思いました。この写真は500pxに投稿しました

同志社大学アーモスト館の外観


M8 / Color Heliar 75mm(f/2.5)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


京都へ出かけた同じ日に御所や相国寺付近を歩きました。その中で建物の外観の美しさに目を奪われたのは同志社大学の校舎でした。レンガ造りのレトロな雰囲気の建造物群,中でも特に目を惹いたのは,相国寺の総門に近い,「アーモスト館」でした。1932年の竣工で,現在は,主に外国人研究者の長期滞在用の宿泊施設として利用されているという歴史ある建造物です。2005年6月に登録有形文化財に指定されたとのこと。大正末期から昭和初期にかけての独特の西洋風建築の色合いと美しさを持っています。レンズはカラーヘリアー75ミリ,ライカM8で縦構図で撮りました。背景に入れた白いアーチ状の窓枠がとてもきれいでした。この写真は500pxに投稿しました