« Epson R-D1s を使ってみた | Home | Evening »

2018年8月 4日

ショーウィンドウ

EPSN0095_1.gif


Epson R-D1s / 7 artisans 50mm
ISO 640/Jpeg / Nik Collection / Taken at Osaka


Epson R-D1s,いい意味で写し(映し)出される画像はファジーな世界。今の高画素カメラとは対極の立ち位置のイメージづくりでアナログ的な感じを受けます。ライカM8以上に面白いカメラだとその造りを見ながら,よくこんなカメラを作ったなぁとEpsonという会社のモノづくりへのこだわりと仕事の精度の高さを感じます。このカメラは2006年3月発売で,すでに12年経っています。またフルサイズの1.53倍となっているので,50ミリレンズがR-D1sでは76.5ミリになりだいぶ被写体に寄れるような感じになります。この部分がこのカメラのいいところですね。




Hahnemuhle フォトラグバライタ 315gsm A4 25枚入 430350

この記事について

このページは、うさぎの介護人が2018年8月 4日 00:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Epson R-D1s を使ってみた」です。

次の記事は「Evening」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Movable Type 6.2.4