【ウェブリブログ→「ロリポップサーバー」へ引越し→「inetdサーバー」へサーバーを替える】

《ブログの引越し&サーバー移転メモ》

◆ウェブリブログからロリポップへ

もともとこの「うさぎの介護日記(旧うさぎ四姉妹日記)」はBiglobeのブログである「ウェブリブログ」で始まった。Web超初心者だった私は、とりあえず簡単にブログがつくれそうなBiglobeを選んだ。段々とブログに慣れてくると、いろいろなカズタマイズがしたくなる。特にCSSやFLASHを少し覚え始めてからは、ウェブリブログのカスタマイズでは物足りなくなってきた。そこでいろいろとサイトや雑誌を見ていると、「Movable Type」という面白そうなブログがあることに気付く。そして、私の「ブログ引越し」が始まった。

まず、「Movable Type」を使うには、自分のサーバーがいる。自宅サーバーかレンタルサーバーか という選択になる。しかし、自宅サーバーをつくるのは今の自分にとっては無理なので、レンタルサーバーを探すことにした。そして、以下の理由で「ロリポップサーバー」に決めた。


①いろいろなブログを見る中で、最もよく目にするサーバーの宣伝が「ロリポップ」であった。
②レンタルサーバー初心者の私にとって、分かりやすい解説がロリポップのサイトには多かった。
③「Movable Type」をどのようにサーバーに設置したらいいか、ものすごく丁寧に解説されていた。
④格安な年間契約料が一番気に入った点であった。
ムームードメインが連携していて、独自ドメインの欲しかった私にとってさらにお得感があった。
ムームードメインでドメインを取って、ロリポップを申し込むと初期設定費用半額というのに心惹かれた)


◆ブログの引越し:これはいたって簡単。ウェブリブログでブログのデータをエクスポート。ウェブリブログでは「Movable Type」のデータをインポートできるので逆も可能である。ロリポップに設置した「Movable Type」へウェブリブログでエクスポートしたファイルをインポートして完了。ただ、苦労したのは画像。画像は自動的には復帰しないからである。一つ一つ自分で画像をロリポップサーバーへアップロードした(画像のパスも全然違うので「Movable Type」の管理画面から一つ一つの記事にファイルをアップロードした)。これは結構時間がかかった。

◆ロリポップサーバーをあきらめる

今回、初めてレンタルサーバーを変えてみた。ロリポップサーバーを去年から使っていたが、以下の理由から移転を考えた。

①エントリーが400件を超えて、全ての再構築に時間がかかるようになってきた(10分~20分かかる上、途中でエラーが出て完全に再構築できないこともしばしばあった)。
②新規のエントリーを保存すると、必ず500エラーが起こる。
③MySQLというデータベースを使っていたが、コマンドラインでの操作ができない(sshが使えない)。
④ロリポップは登録者も多く、たくさんの人で一つのサーバーを共有しているようなので、一つ一つの操作が大変重たく感じた。
⑤容量が500MBのコースだったので、いずれ一杯になるので、早めに容量の多いコース、サーバーにしたい。

もちろん、ロリポップサーバーの格安感や、丁寧な解説の載ったサイト、ムームードメインとの連携などはいい部分であり、決して悪いサーバーとは思わない。今の自分のニーズに合わなかったというだけである。


そこで、移転を決め良さそうなサーバーを探した。たくさんあるサーバーからいろいろな評価も気にしながらたどり着いたのが、「inetd(アイネットディー)サーバー」である。

◇参考にしたサイト(レンタルサーバー比較編):
MovableTypeの再構築が早いレンタルサーバーは?
レンタルサーバー比較(ホスティング)ナビ -比較検討する情報源
レンタルサーバー比較(さらに詳しく知りたい!レンタルサーバー選びの注意点)
レンタルサーバーさくらインターネットを使いこなす 中級HP作成講座
InterNextServer(レンタルサーバー比較情報)

特に条件として、こだわったのが、「容量が大きいが価格が高すぎない」「sshが使える」「MySQLやPostgreSQLが使える」の三つの条件である。その条件とサーバーの評価をいろいろと探しながら「inetdサーバー」を見つけた。ここのサーバーの評価は「InterNextServer(レンタルサーバー比較情報)」において大変良かったので、試しに使ってみることにした。

▲このページのトップヘ

◆inetdサーバーの自分なりの評価

機能的な面・自分なりの評価 備考・コメントなど
Movable TypeインストールCGI inetdサーバー独自のもので、Movable Typeがすぐにインストールでき、データベースの選択もいたって簡単。ラジオボタンで選択し、あとはデータベース名とパスワードを入れるだけであった(データベースはオプションになっているので事前にPostgreSQLの申込みをした→現在はMovable TypeについてはMySQLしか対応していないでの、こちらを使っている)。
Inetdサポートデスク とにかく対応が速くて親切。その日のうちにほとんど質問に対する回答が返ってくる。これは本当にありがたいと思った。メールでのやりとりではあるが、データベースのことやドメイン移管についての質問にも親切に応えていただき大変印象がよかった。
容量 5GB ディスクスペースは5GBで、SQLデータベース用としてさらに200MBのディスクスペースが利用可能。かなりたっぷりと使えて良い。激安プランを申込み、安くて重たいサーバーより、少々高くても使いやすいサーバーならその方がいいかなと考え方を変えた。
ドメイン持ち込み 可能 ムームードメインで取得した「sansimai20.com」は検索エンジンのこともあり、そのまま使いたかったので、inetdへ移管するか、そのままムームードメインで管理しておくかで迷ったが、結局はムームードメインのままとし、DNSサーバ名のみinetd指定のものに変更した。移管すれば料金の支払いを一本化できるが、仮にまた他のサーバーへ移りたくなったときに手続が面倒な気がしたので今まで通りにした。
SSH(OpenSSH) これが使えると、コマンドラインでの操作が可能なので、是非使いたかったものである。特にUNIXコマンドを使えることでPerlモジュールのインストールが可能になり、いろいろとブログのカスタマイズに幅が広がるだろうと思ったからである。またPostgreSQLもコマンドを使った操作が可能である。sshを使う場合、ssh2公開鍵を使用すると良い。
SQLデータベース MySQLとPostgreSQLが使える。容量は1GBまであり、最大10個までデータベースがつくれる。初期費用1,050円(1データベース追加ごと)がかかるが、 月額使用料は無料なのでいいと思った。MySQLについてはコマンドによる操作もできるほか、「phpMyAdmin 」が使えるので、ロリポップと同じである。
CRON CRONが利用可能なので、定期的に再構築などしたいときに便利である。PostgreSQLはVACUUMコマンドを定期的に実行させて、不要となったデータ領域を回収しなければならないのでCRONを使うと便利です。

※以上がおもに私がいいなと感じた部分で、これらの条件から考えて「inetdサーバー」へ移転することに決めた。いよいよデータの移行部分である。これが大変であった・・・。

◆サーバー移転を開始するも大苦戦

ここでは、データの移行部分を自分なりに振り返って、またいざという時のために記録にしておこうと思う。レンタルサーバーを変えるにあたり苦労したことは、データの移行部分であった。これが失敗の連続であった。以下、経過を載せてみます。

①エントリーが400件近くあったので、MySQL + phpMyAdmin によるバックアップ を取って移行すれば難なく済むだろうと思われた。また、同時にムームードメインの管理画面からinetdサーバー指定のDNS情報へと変更した。
②そこで、最初はまずinetdサーバー側でMySQLを申込み、次に「Movable Type」を新規インストールし、MySQL + phpMyAdmin によるデータのインポートを行った。これで楽勝だと思いきや、何とコメントがインポートできなかった。約1500件ほどあったのでデータが大きすぎたのかどうかは分からない。しかし最大サイズをオーバーしていないのにインポートできず断念。
③コメントだけを諦めて、他のデータを復旧するも文字コードがUTF-8からEUC-JP(データベースがEUC-JPしか使えない)へと変わったので、文字化けが起こる。
④そこで、「Movable Type の文字コード変換スクリプト」を使ってブログの文字コードを変換。文字化けは治まった。しかし、今度はなぜかトップページの表示ができない(DNS情報がすぐ切り替わらないせいもあったのかもしれないが何度アクセスしてもうまくいかず)。
⑤ここで、どちらにしてもコメントが復旧できないのなら、いっそのことデータベースを以前から興味のあったPostgreSQLへ変えて、もう一度新規にブログを構築しなおそうと考えた。そこで、一度DNS情報をロリポップに戻し、改めて「Movable Type」の管理画面から今度は「エントリーの書き出し」を行う。文字コードは違うが、データを移行し終わってから後で変換しようと考えた。その他、全てのテンプレートファイルのバックアップをメモ帳にて取っておいた。
⑥再び「inetdサーバー」のDNS情報へ変更して、新規に「Movable Type」をインストール。Six Apart社の「Movable Typeのエントリーを別サーバーに移行するには」の記事を参考にもう一度ブログのデータ移行を試みた。これならコメントを復帰できる、そう思った私は「Movable Type」の管理画面から「エントリーの読み込み」を行った(データが大きかったので分割して読み込んだ)。これで成功かと思いきや。いきなりSQLエラー。カテゴリーが読み込めないという内容だった。もう完全にここで嫌になった・・・。
⑦かなりへこんだが、しばらくして気を取り直し「エントリーの書き出し」で残っていたテキストファイルを一つ一つデータ復旧していこうと心に決めた。膨大な量ではあるが、読み返して要らない記事は削除し、スリム化しようと思っている。テンプレートはメモ帳で残しておいたファイルの内容をコピー&ペースト。これも手間がかかった。現在も毎日少しずつ今までのエントリーを復旧しているが当分終わりそうにない(もちろん「画像、script、プラグイン」関係も手作業で新しいサーバーへアップロードした)。
⑧その他、文字コードとデータベースの変更により使えなくなった機能は捨て、新しいブログパーツを探して入れている。プラグイン関係もそうだが、まだまだ不具合が見つかりそうである。以上がサーバーを替えるにあたって苦戦した記録である。素人な移行なので参考にならない内容ばかりですがお許し下さい。


◆参考にしたサイト(データ移行編):
TECHNICAL BLOGこれで文字化けも回避! Movable Typeサーバ移行と統合あれこれ
Movable Typeのレンタルサーバー引っ越しに大苦戦
小粋空間(自宅サーバからレンタルサーバへの移転メモ)

【Movable Typeが使える比較的ロープライスなレンタルサーバーの比較表】

レンタルサーバー名 プラン名 初期費用 月々の料金 一年間の料金 使えるMovable Type ディスク容量 主な内容 その他

Lightプラン 1,029円 1,008円 10,080円(月当たり840円)

MovableType6.2.6
自動インストール

50GB サーバ共用人数200人 SGLデータベース容量1GB
X10プラン 3,240円 1,080円 12,960円(月当たり1000円) Movable Type (MTOS),Movable Type4.261-ja自動インストール 200GB マルチドメインは無制限 MySQL50個
高速大容量レンタルサーバ10G   無料 550円 6,600円 Movable Type利用可能 10GB メールアドレス無制限
1サーバーのユーザー数は200ユーザ程度を想定
MySQL:可
(容量10~100MB)
スタンダード 6,480円 1,944円 29,808円 MovableType Open Source
ワンクリックインストール
50GB 独自ドメインを制限なく設定可能
メールアカウントを制限無く作成可能
MySQL5データベースを無制限で利用可能
SPPDレンタルサーバー ベーシックプラン 1,080円 1,080円 11,880円(一か月分OFF) Movable Type インストール可 10GB メールアカウント15個
ドメイン数は無制限
MySQL10個
GMOクラウドのレンタルサーバー ミニ 5,000円
3/31まで全額キャッシュバック
1,315円 12,096円 Movable Type6
1商用ライセンス
自動インストーラー付(有料オプション1,000円)
200GB メールアドレス10個
マルチドメインは60個
MySQL1GB
30個
GMOクラウドのレンタルサーバー レギュラー 5,000円
3/31まで全額キャッシュバック
1,981円 18,624円 Movable Type6
1商用ライセンス
自動インストーラー付(無料オプション)
400GB メールアドレス無制限
マルチドメインは90個
MySQL1GB
60個
Quicca ライトプラン 926円 230円 2,760円 Movable Type利用可能だが
Movable Typeの設置方法は書かれていないので注意
10GB メールアドレス10カウント
まで独自ドメイン50個
MySQL
(データベース5個まで)

※Movable Typeのうち、MovableType Open Source(MTOS)はバージョン5までで、バージョン6はありません。また、カスタムフィールドは使用できませんので最新のMovable Typeとは違ってきますので注意が必要です。

カスペルスキー セキュリティ

▲このページのトップヘ