【うちのうさぎたちが使用した目薬一覧】 ・・・斜頚になってから今まで長女が使ってきた目薬をご紹介します。よかったら参考にしてください。
点眼薬名
画像
うさぎに使用した時の例
外注の血液検査結果(エンセファリトゾーン症)
◆クラビット点眼薬0.5%

製造販売元:
参天製薬
クラビット点眼薬 眼から白い涙が出てくるときにもらう。ロメワンやタリビッドよりも効力の強い目薬で、時々点眼するのではなく、一週間~二週間連続でするほうがいいようである。治ってきたらパッと止める。タリビット点眼薬やロメワン点眼薬と同じ抗生剤系の目薬。副作用もロメワン、タリビッドと同程度とのこと。遮光保存が必要。最もよく効く分、副作用も心配される。

参考記事:ものもらいになって目薬を貰ったら(この目薬は人にも処方されます)
EZ症診断結果
◆ロメワン点眼薬

製造販売元:
千寿製薬
ロメワン点眼薬 塩酸ロメフロキサシン点眼液とも書かれている。クラビットほど効力は強くない。冷暗所に保管する必要がある。こちらも一定期間使って効果があれば使用を止める。クラビット、タリビッドと同じく抗生剤が使用されている。以前はよくこの目薬を処方されていたが、最近は使っていない。この目薬も白い涙が出るようになったときに使っていた。
◆タリビッド点眼薬

製造販売元:
参天製薬
タリビッド点眼薬 一番よく処方されている目薬。ちょっとした目の充血や瞼の充血に使用。これも決められた期間、一日2回を守りながら点眼すると効果的。こちらの目薬はクラビットよりは効力が弱いものである。長女うさぎの斜頸発症直後の時期、タチオン点眼薬とこのタリビッド点眼薬を交互に点眼していた。抗生剤が使われている目薬の一つ。現在は次女うさぎと四女うさぎが毎日使用。遮光保存が必要。

参考記事:うさぎの介護の辛さ(強制給餌編)
タリビット点眼薬を点眼されるうさぎ
◆タチオン点眼薬

製造販売元:
アステラス製薬
タチオン点眼薬
錠剤を溶かしてつくる目薬。別名「チオグルタン点眼薬」。錠剤の溶解後は1℃~15℃の状態で保管し、4週間以内に使用とのこと。うちでは冷蔵庫に保管している。長女うさぎの場合、斜頸直後とこの度左目の角膜を傷つけてしまったため使用。斜頸直後はタリビッド点眼薬と併用。タリビッド一日2回に対し、タチオンは一日4回の点眼。点眼時はそれぞれ5分以上間隔をあける。

参考記事:タチオン点眼薬とうさぎのFOテスト(眼球染色検査)
タチオン点眼薬
◆ハオプラ点眼薬

製造販売元:
日本点眼薬研究所
ハオプラ点眼薬 炎症を抑える目薬で、非ステロイド性抗炎症点眼剤。結膜炎、眼の充血、瞼の腫れなどに使用。長女うさぎが斜頸時に左目の瞼をパンパンにに腫らしていたときに処方された。こうなったのは、最初の動物病院でダンボール箱にトイレシーツを敷いただけの硬い箱の底に置かれていたため、左目がダンボールの底で擦れ、目の角膜に傷がつき、瞼の腫れがひどくなったためである。
ハオプラ点眼薬を点眼されるうさぎ
◆ティアローズ点眼薬

製造販売元:
千寿製薬株式会社
非ステロイド性抗炎症点眼剤。四女うさぎが寝たきり状態で右半身が下になり、右目がマットに時々付くため少し炎症を起こしていた。その治癒のために動物病院で処方された。この目薬を毎日点眼しているため、今は右目の状態が大変良好である。千寿製薬株式会社のサイトでは、「外眼部および前眼部の各組織に良好な移行性が認められている(ウサギ)」とある。

こちらで購入できます。

ティアローズ 非ステロイド性抗炎症点眼剤 5ml 【動物用医薬品】

◆ヒアロンサン点眼液0.1%

製造販売元:
東亜薬品株式会社
四女うさぎに現在使用している。眼の組織の再生に役立つということである。両目に毎日点眼していて、効果が出ている気がする。右目がどうしても寝たきり状態の下側になるため眼が時々擦れて赤くなってしまう。したがってこの点眼薬は眼の修復用に欠かせないものである。ネットで効用を調べていると副作用もあるようなので、動物病院できちんと効用を確認したいところである。

参考記事:イチゴが大好きなうさぎ
◆人工涙液
マイティア点眼薬

製造販売元:
千寿製薬株式会社
次女うさぎの目のゴミを除去するために処方された点眼薬。汚れを点眼液で洗い落とし、眼をきれいするための点眼薬である。ネットには「涙に近い性質を持った人工涙液です。涙液を補うだけですので、特段の薬理作用はありません。配合成分は、塩化カリウムや塩化ナトリウムなどの塩類です。 」とあった。人間にも乾き目(ドライアイ)にともなう不快な症状を和らげるために使われているようである。

参考記事:マイティア点眼薬でうさぎの眼の異物を除去
マイティア点眼薬を点眼されるうさぎ
※それぞれのうさぎの状態により使用方法も異なってくるので、必ず獣医さんの処方にしたがってください。

【次女うさぎと四女うさぎの投薬スケジュール備忘録】
投薬内容など 次女うさぎ(12歳) 四女うさぎ(10歳)
1.目薬
(炎症を抑えるため)
人工涙液マイティア点眼薬
(炎症を抑えるためでなく洗浄用)
朝晩一回ずつ(両眼とも)
タリビット点眼薬
朝晩一回ずつ(寝ている時に下側になる右眼のみ)
2.目薬
(角膜修復のため)
なし ヒアロンサン点眼薬
朝晩一回ずつ(両眼とも)
3.強制給餌
(本人が十分な量を食べられないため)
なし 朝晩40miずつをシリンジにて流動食を与える
(ペレットは本人が好きなラビットプラスをミルサーで粉々にしている)
4.皮下点滴 自宅にて二日に一回行う(ソルラクト輸液を一回60mlずつ) なし
5.ステロイド
(腰の椎間板の炎症を抑えるため)
一日一回0.2mlずつ なし
6.ビタミンB1,E
(神経修復のため)
一日一回0.2mlずつ 一日一回0.3mlずつ
7.AHYPクリーム
(炎症を抑えるクリーム)
尿による尻尾とお尻のかぶれに塗っている たまに右手の擦れに塗っている
8.かぶれ防止のためお尻を洗う頻度 両脚とお尻、尻尾を毎日一回洗う 右脚につく盲腸糞とお尻を二、三日に一回洗う

▲このページの先頭ヘ

【斜頸後に長女うさぎが使用した薬など】
★強制給餌用の粉末「ライフケア」、食べられない時に使用 ★止血剤(爪が折れたとき)と腸蠕動薬(腸の動きをよくする)
ライフケア 止血剤
★点滴セット(1)(家でできる点滴道具一式をもらい実施したところ) ★点滴セット(1)(点滴用液ソルラクト、シリンジ、翼状針、消毒液)
長女うさぎの点滴 長女うさぎの点滴セット
★点滴セット(2)(家でできる点滴道具一式をもらい実施したところ) ★点滴セット(2)(点滴用液ソルラクト、シリンジ、翼状針)
次女うさぎの点滴 次女うさぎの点滴セット
ビクタスクリーム(長女うさぎの首の後ろの皮膚のハゲに塗ったり、三女うさぎのお尻のかぶれに塗ったことがある外用薬) ★ソアホック(飛節びらん)用の外用薬イサロパン、かなり効果的な白い粉状のパサパサの薬、患部にしっかり塗リ込む
ビクタスクリーム イサロパン粉
★薬用シャンプー(オーツシャンプー)、次女うさぎのお尻周りと四女うさぎの後脚洗いに欠かせないシャンプーです。原液が濃いのでうちでは水で薄めて使用しています。また綺麗な泡が作れる詰め替え用の小さなボトルを購入して使っています。

AHYP Cream アイプクリーム19.5g
価格:1882円(税込、送料別)

次女うさぎに毎日尿かぶれした患部に塗っているAHYPクリーム

サーチプラスforペット

▲このページの先頭ヘ