【うさぎたちの血液検査一覧表】

◇長女うさぎの第九回目の血液検査の結果(2007年9月8日)

◇長女うさぎの第十回目の血液検査の結果(2008年2月17日)

◇次女うさぎの第一回目の血液検査の結果(2006年5月10日)

◆長女うさぎの血液検査の結果(一回目:2006年4月8日)

項目 単位 正常値 検査結果 考えられる状況
増加しているとき 減少しているとき
赤血球
100万/mm
4-8
5.09
脱水、興奮、ショック心、肺疾患など 貧血
赤血球容積
30-50
32.7
ヘモグロビン
g/dl
8.0-17.5
10.7
血漿の色調
 
無色透明
無色
黄そ、溶血、脂肪血症など
血漿総蛋白量
g/dl
5.4-7.5
6.1
脱水、感染、ショックなど 肝、腎疾患、栄養不良など
白血球
/mm
5000-12000
19500
細菌感染、炎症、興奮 ウィルス感染など
平均赤血球容積
fl
58.0-66.5
64.2
大型赤血球 小型赤血球、鉄欠乏
平均赤血球血色素量
pg
17.5-23.5
21.0
  酸素運搬能低下、鉄欠乏
平均赤血球血色素濃度
g/dl
29-37
32.7
  酸素運搬能低下
血小板
万/mm
29-65
55.6
急性出血後、ストレス 骨髄障害、紫斑病
血中尿素窒素
mg/dl
10.9-28
152.7
腎、心疾患、脱水など 肝疾患、栄養不良
クレアチニン
mg/dl
0.6-1.4
3.4
腎疾患 臨床的意義なし
血糖値
mg/dl
115-214
149
糖尿病、慢性膵炎など 飢餓、ホルモン分泌失調
GPT/ALT
IU/L
12-72
70
肝疾患  
GOT/AST
IU/L
9-36
94
肝、骨、筋疾患  
ALP
IU/L
72-230
104
胆道閉塞、肝鬱血など  
アルブミン
mg/dl
4.6-6.3
3.5
脱水 肝疾患、尿便への消失
カルシウム
mg/dl
12.5-14.5
9.0
上皮小体機能亢進など 産褥テタニー、膵炎など
リン
mg/dl
1.6-4.1
6.8
副甲状腺機能低下、腎不全 栄養不良など
コレステロール
mg/dl
11-74
 
食餌性、ホルモン失調 低脂肪食など
中性脂肪
mg/dl
48-205
 
腎障害、肝障害、糖尿病 肝硬変、栄養不良

◆第一回目の長女うさぎの血液検査の結果です。「血中尿素窒素」と「クレアチニン」の値が高いことから、腎疾患の可能性が指摘され、急遽入院することになり、点滴でこの値を落とす薬をうってもらうことになりました。また、「GOT/AST」の値も高かったので心配です。毎朝肝臓の薬も飲ませています。「GOT/AST」についての説明はこちらを参考に。

※白血球の値も高いですが、これは体調が悪くなり、体内で炎症を起こしている時には高くなりがちということです。

▲このページの先頭ヘ