現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真について綴ります。

うさぎの耳の腫れの最近の記事

ご機嫌な五女うさぎ


最近の五女うさぎですが,耳の腫れもほとんどなくなりました。ただ,免疫力が落ちていると動物病院で言われ,眼が赤かったり,お尻が汚れていることが多くなったので,エンセファリトゾーン症の予防のため,念のためパナキュアを飲み続けています。その効果もあってか,心配された首の傾きも今は見られなくなっています。本当に良かったです。お尻の汚れも太りすぎが原因のようで,なかなか自分できれいにできていないようです(笑)。


バレンタインチョコ1


ところで,今日はバレンタインデーでした。妻から写真のチョコレートをもらいました。今年は「ルデルフ」というチョコをもらいました。大変おいしかったです。2007年にショコラティエ部門でフランス最高職人賞(MOF)を受賞されたというブルーノ・ル・デルフ氏のチョコレートで,まろやかで口の中でとろける様な美味しさでした。


バレンタインチョコ2


チョコを貰えたことと,日頃,五女うさぎを動物病院へ連れて行ってくれたりして,大変な思いをしている妻に感謝です。

薬の投薬に抗議する五女うさぎ


Sony α7
FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(Kitlens)
28mm/f/3.5
1/15s/ISO 1000/RAW
Effect with Photoshop CC


以前五女うさぎの耳が腫れた件で,動物病院へ行ったことを記事にしましたが,その後再び耳が腫れてきて,急遽妻が動物病院へ連れて行ってくれて,診察をしてもらいました。詳細に調べてもらったら,耳の内側にぷっくりとした腫れが二か所ありました。


前回の耳の腫れによって耳の軟骨のところに隙間ができ,そこへ膿液が溜まったようでした。嚢腫というのでしょうか,耳は薄いので嚢腫ができるのはかなり稀な例のようでした。脚などの皮下にできることはあるようですが,耳にはあまりできないようです。何か菌がついたか原因がよくわかりません。結局嚢腫は切開してつぶしてもらいました。本人は痛かったのか,その後はしばらく耳を触らせてくれなかったようです。


ところで,この後家へ帰ってきてから投薬を開始しました。また私が抱っこして,妻が投薬するパターンの生活が始まりました。五女うさぎは三女うさぎと違ってとにかく抱っこが大嫌い,いつも逃げ回って捕まえるのに一苦労です。一枚目の写真は投薬に断固抗議する五女うさぎの姿です。今日は藁ハウスに立てこもってしまいました(笑)


薬の投薬を嫌がる五女うさぎ


初めはすっぽりと自分の体を隠していたつもりでしたが,私が可笑しくなって写真を撮り始めたらすぐに二枚目のように顔を隠してしまいました。頭隠して尻隠さずの状態でした。とても面白い光景でした。五女うさぎとしては必死に抗議していると思われますが,耳の腫れを抑えるためにも薬を飲むことを頑張ってもらわないといけません。

食欲が回復した五女うさぎ


Sony α7
LeicaR Summicron 50mm f/2(Type2)
50mm/f/2
1/125s/ISO 800
Effect with Photoshop CC


このところずっと食欲が落ち込んでいた五女うさぎ。ようやく回復してきました。およそ一週間かかりましたが,この間色々と五女うさぎに異変がありました。


まず,急に五女うさぎの左耳が大きく腫れました。耳もすごく熱くなっていました。全くの突然です。当初は動物病院では耳血腫かもしれないと言われましたが,はっきりと断定できるものでもなく様子を見ようということで,腫れが引くのを待ちました。その結果,三日くらいしたら急速に腫れは引いてきましたが,腫れと同時に起こっていた食欲減退が続きました。好物の野菜もペレットも全く食べない状態がしばらく続き,うんちもほとんど出ませんでした。私たち夫婦もかなり心配して何とかおやつなど食べてくれそうなものをあげたりしていましたがダメでした。


その後,何度か動物病院へ通い,皮下点滴やお腹の痛み止めをしてもらいました。そうしたら少しずつ食欲が回復しました。うんちも細々と出てくるようになったので,以前三女うさぎや五女うさぎが鬱滞を起こしたときに実行した温タオルをお腹にあてることを何度も実施してみました。我が家では60度のお湯で温めた温タオルを用意して,ビニール袋に入れ,五女うさぎのお腹にあてています。最初は少し熱く感じますが,季節的なこともありすぐに冷めてきます。五女うさぎは気持ちがいいのかタオルの上でじっとしてくれました。繰り返すうちに徐々に食欲が回復し,ペレットや野菜も食べてくれました。


今朝もペレットをがつがつ食べ,ニンジンとチンゲン菜,牧草をよく食べています。眼もまん丸になり,しかめっ面がなくなりました。本当に回復して嬉しいです。うさぎの鬱滞は突然やってきます。今回はお腹の張りがあまりなかったことから,細菌などによる耳の感染と腫れ,それによる痛みと食欲の落ち込みなのではと考えています。病名を診断されたわけではないので,あくまで推測です。耳の腫れも病院での診断と他のサイトを検索して調べた症状などとも違う感じがしますので,耳血腫ではないようです。犬や猫には耳血腫の症例があるようですが,うさぎでは稀です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちうさぎの耳の腫れカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはうさぎの鬱滞です。

次のカテゴリはうさぎのお尻周りの毛です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。40代の男性です。ホーランドロップ(6歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真作品
うさぎのポートレイトシリーズ

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

かわいいラビットプレートオススメ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VIRGINIA社(ヴィルジニア)陶器ラビットプレート
価格:3024円(税込、送料別) (2016/12/25時点)


朝食用に使っています。思ったより小ぶりのお皿です。

詳しくは「ユニークなうさぎの形をしたプレート」の記事へ

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。