うさぎとライカのオールドレンズが好きです。写真はLeica M8とSony α7で撮っています。現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのオールドレンズやその写り,写真について綴ります。

うさぎの点眼薬の最近の記事

五女うさぎのポートレイト


五女うさぎを再び動物病院へ連れて行きました。この前行ったばかりだったせいか,今回は病院へ行く前にかなり抵抗されました。藁トンネルからなかなか出ようとせずに大変でした。本人なりの必死の抵抗運動だと思います。


前回診てもらった左眼の軽い結膜炎ですが,すっかり良くなっていました。ファルキサシン点眼薬を処方されていましたが,もうしなくていいと言われました。治癒していてホッと安心しました。


今回はお尻周りのことも気になりチェックしてもらいましたが,異常はありませんでした。六歳になってますます健康面が気になる五女うさぎ。時々連れて行って,定期的に診てもらうことも大切だなと感じました。そろそろ老齢うさぎの仲間入りですね。

日光浴をする五女うさぎ


Sony α7
Leica Elmar 65mm f/3.5(Visoflex)
65mm/f/3.5
1/800s/ISO 125
Effect with Photoshop CC


今日は天気がよかったので,日光浴をした五女うさぎ。ところが,何故かサークル内の環境が気に入らないらしく,マットをホリホリしてめくってしまいました。


うさぎ用のファルキサシン点眼薬耳の腫れの経過観察のために先日動物病院へ連れて行った五女うさぎ。また耳の膿が少しだけ溜まっていました。左眼に目ヤニが最近目立ってきたのでついでに診てもらいました。そうしたら眼が少し赤くなっていて炎症を起こしているとのことでした。


今回初めての種類の目薬である「ファルキサシン点眼薬」を処方されました。眼の炎症に効くようです。この点眼薬は「オフロキサシン」のジェネリックです。感染症に用いる点眼薬とのことです。

五女うさぎの右眼の瞼


Sony α7
LeicaM Elmarit 90mm f/2.8(1st)
90mm/f/2.8
1/50s/ISO 800
Effect with Photoshop CC


少し前から気になっていた五女うさぎの右眼の瞼ですが,時々眼をつむったままの時があり,眼が痛いのかあるいは部屋の電灯がまぶしいのかよくわかりませんでした。


炎症が起きているかもしれないと心配になり,先日動物病院で診てもらいました。そうしたら,以前も指摘されていた右目の角膜の傷が癒えておらず,そのために時々眼を閉じている状態のようでした。五女うさぎは,普段顔を擦るというか拭く仕草が多いため,爪で眼を傷つけてしまったようです。


処方された目薬は「ヒアルロン酸Na点眼液0.1%」でした。角膜の修復に効果があります。一日四回の点眼です。目薬のあとはすっきりするのか,パナキュアの時のようには怒りません。しばらく点眼をして様子をみたいと思います。

人工涙液マイティア点眼薬とうさぎ


本日で次女うさぎの自宅皮下輸液が通算51回目になりました。次女うさぎは最近,私たち夫婦がうさぎの部屋に揃うと少し警戒するようになっています。点滴は慣れてきたとはいえ,本人は針を背中の皮に刺されるわけですから,気分がいいものではないことは想像できます。


そのせいか,私たちを見ると最近は目をぎょろっとさせて可愛らしく睨みます。ちょっと心配そうな表情をします。私が次女うさぎを抱っこする係ですが,ここ二三日はなかなか捕まりません。すばしこく逃げ回り,カーペットの上を四周くらいしてようやく捕まるくらいのすばしこさです。12歳でこんなに走らせて大丈夫かなと心配になりますが,本人は抱っこ=点滴,消毒,軟膏塗り,目薬と拘束される時間が長くなるのが嫌みたいです。


ところで写真の目薬の話になりますが,毎日の抱っこの中で,この目薬の時間は大切にしています。次女うさぎは11歳になった頃くらいからよく目がしょぼしょぼしていて,白い涙のような液体が眼の周りによく溜まるようになりました。これは,異物によって鼻涙管が詰まってうまく流れず,その結果眼の周りが濡れてしょぼしょぼしています。


そのため,しばらくは毎日「タリビット点眼薬」をしていたのですが,特に炎症を起こしている訳でなく,眼に時々溜まる白い埃状の異物が原因と分かってきたので,「タリビット点眼薬」を止めました(このことは獣医師に相談しました)。毎日点眼するにはちょっと強すぎると感じたからです。


その代わりにいま毎日朝晩点眼しているのが,「人工涙液マイティア点眼液」です。千寿製薬株式会社のサイトに詳しい情報がありました。

【組成・性状】
成分・含量
(1mL中)
塩化ナトリウム ........................... 5.5㎎
塩化カリウム .............................. 1.6㎎
乾燥炭酸ナトリウム ..................... 0.6㎎
リン酸水素ナトリウム水和物 ......... 1.8㎎
ホウ酸.......................................12㎎
添加物 ヒプロメロース
ベンザルコニウム塩化物
剤 形 水性点眼剤
無色澄明
pH 7.1〜7.7
その他 わずかに粘性がある、無菌製剤
【効能・効果】 下記における涙液の補充 涙液減少症 乾性角結膜炎 コンタクトレンズ装着時

貯  法:室温保存
使用期限:製造後 3 年(使用期限内であっても、開栓後は速やかに使用すること。)


とあります。次女うさぎの眼の白い塊となった異物は時々見られ、このマイティア点眼薬で洗い流している感じです。この点眼薬は眼をきれいするための点眼薬であって,炎症に効くものとは違います。人間の場合は乾き目(ドライアイ)にともなう不快な症状を和らげるために使われているようです。ソフトコンタクトレンズ装着時には使用しないことという注意書きもあります。


この点眼薬のおかげで,眼の炎症も起きていませんし,異物もきれいに取れているので,最近は次女うさぎの眼の周りはきれいです。うさぎの点眼薬は,飼い主の日々の観察によっていろいろと変えていくべき部分もあるのかなと感じています。「タリビット点眼薬」から「人工涙液マイティア点眼薬」に変えてみて,今のところはよかったと感じています。


※この記事のうさぎの点眼薬の「タリビット点眼薬」と「人工涙液マイティア点眼薬」の使用については,獣医師の指導,処方のもとで行っています。使用される場合は,獣医師の診断に基づいて行ってください。

イチゴが好きなうさぎ


最近の四女うさぎは、時々抵抗しながらも何とか強制給餌により体重を維持しています。昼間には、体を起こしたまま普通の固形のペレットも少し食べていました。これはありがたいことです。


右眼の状態が、体を起こせるようになってからかなりパッチリしてきて以前のような腫れぼったい感じがなくなってきました。嬉しい限りです。もちろん毎日二回点眼しているヒアロンサン点眼薬とタリビット点眼薬のおかげもあると思います。ちなみに「ヒアロンサン点眼液0.1%の効用」には「角膜上皮細胞の接着、伸展を促進し、角膜上皮の創傷の治癒を促進します。また、涙を保持し安定させて目の乾燥を防ぎます。」とあります。


写真は先日イチゴをあげてみたところ、以前あまり果物を食べなかった四女うさぎですが、イチゴをものすごい勢いで食べてしまいました。顔が笑っています。強制給餌の合間にあげたりして気を紛らわせています。甘いものが大好きなうさぎ。イチゴは匂いといい味といい言うことなしなんでしょうね。

うさぎの目薬のページを更新しました。今回は「ティアローズ点眼薬、ヒアロンサン点眼液0.1%、人工涙液マイティア点眼薬」を新たに付け加えました。

最近、四女うさぎが寝たきり状態のため、どうしても右目がマットやペットシーツに擦れてしまい、眼が赤くなっていることがありました。

そんな時動物病院で処方された点眼薬が効果的だったことから、斜頸後の長女うさぎに続き、今度は四女うさぎや高齢の次女うさぎが使用した目薬を付け加えました。また他のうさぎさんたちの参考になればと思います(※点眼薬を使用の場合は、必ず動物病院の指導を受けてください)。

タチオン点眼薬


今日は長女うさぎの左目のことで病院へ連れて行った。どうも寝ているときや時々転んでいるせいなのか、左の眼球に白いモヤのようなものを見つけたので、急遽獣医さんに診てもらうことにした。


早速FOテスト(眼球染色検査)で目の傷を確認。やはりモヤの部分の色が染まっていたので角膜に傷があることがわかった。この症状は以前斜頚になった直後と同様で、傾いた側の眼はちょっとしたことで傷がつきやすくなるので要注意だ。写真一枚目のタチオン点眼薬(チオグルタン点眼薬ともいう)を処方してもらった。この目薬は角膜に傷があるときに使うもので、一日四回点眼する。


その他、血液検査もしてもらい、腎臓をはじめ、フル項目行う。血中尿素窒素は29.3(正常値:10.9-28)、クレアチニンは2.2(正常値:0.6-1.4)であった。血中尿素窒素はさほど問題ではなかったが、クレアチニンが少々高い値であった。なので、いつもの点滴セットを処方してもらう。


前歯もまた長くなっていたので切除してもらい、爪も切ってもらった。後ろ足のソアホック(飛節びらん)によりちょっと血が出ていたので、イサロパン粉とピンクの包帯(3Mも)をもらった。


◆本日の診療明細です。
◇再診料・・・800円
◇CBC血液検査・・・4000円
◇生化学血液検査(5項目)・・・2500円
◇前歯切り+爪切り・・・1000円
◇FOテスト(眼球染色検査)・・・1000円
◇イサロパン粉・・・1500円
◇チオグルタン点眼薬(タチオン点眼薬)・・・800円
◇バンテージ1本・・・500円
◇点滴セット(1セット)・・・1500円
◇ラビットフードコンフィデンス(3kg×4)・・・10000円
◇送料(コンフィデンスの分)・・・740円
◆合計・・・25520円

今回の血液検査の結果です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちうさぎの点眼薬カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはうさぎのグルーミングです。

次のカテゴリはうさぎの野菜です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス)

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。40代の男性です。ホーランドロップ(5歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
日本の風景写真とストリートスナップ
うさぎのポートレイト作品

このブログのオススメ記事

このブログで使用しているライカのレンズ

ブログのランキング

アーカイブ

GPV気象予報

このブログの紹介記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

かわいいラビットプレートオススメ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VIRGINIA社(ヴィルジニア)陶器ラビットプレート
価格:3024円(税込、送料別) (2016/12/25時点)


朝食用に使っています。思ったより小ぶりのお皿です。

詳しくは「ユニークなうさぎの形をしたプレート」の記事へ

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

おススメのカメラ関連グッズ

ライカレンズの作例が参考になります

ライカレンズについて詳しく載っています

カメラ関連の広告バナー

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。