現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真について綴ります。

うさぎの老齢化の最近の記事

貫禄あるうさぎ


先日動物病院へ妻に連れられていった我が家の両おばあちゃんうさぎたち。通院回数が多過ぎてすっかり病院慣れしてしまっています。四女うさぎは,着いてすぐに緊張することもなくキャリーに入れていたブロッコリーを食べ始めていたそうです。他のうさぎちゃんたちは,結構動物病院では緊張した面持ちですが,全然そんな様子はありません。


次女うさぎも慣れたもので,血液検査を受け診察もしてもらいましたが,臆することなく動き回っていたとのことです。白血球の数値についてですが,WBC(白血球の数):9900→ WBC:5800→ WBC:6700(3300~8000)となっていました。抗生剤のおかげもあって,懸案のソアホックも少しマシになってきました。患部が熱を持っていたのですが,それが無くなってきました。


両おばあちゃんうさぎともレーザー治療を受けました。このところ四女うさぎの腰の弯曲が気になっています。ただ脚力がかなり戻ってきたのか跳躍力があります。油断すると立ち上がり,勝手に転んでいるという事態が起きています。うさぎの介護生活は不測の事態がつきもの。その対応にも追われ苦しい生活が続きます。

回復したうさぎ


昨日から回復傾向にあった次女うさぎ。今日は妻に連れられてもう一度動物病院へ行き、健康チェックをしてもらいました。その結果、食欲も回復していますし、お尻周りも診てもらい、このところ連続で行っていた皮下点滴は毎日しなくていいということになりました。


次女うさぎとともに、動物病院へ行ったうさぎがいます。同じくお尻周りをよく洗っている四女うさぎです。昨日も盲腸糞がべったりと脚についていたので晩に洗いました。世話の焼ける両おばあちゃんうさぎですが、人間に例えると80歳近くの老人二人の面倒を見ていることと同じです。改めて大変だなと実感します。とりあえず先週からの体調不良は良くなっていて一安心しました。


ベランダ菜園(8日目)
ベランダ菜園(8日目)

次女うさぎの若い頃


次女うさぎはいま12歳ですが,我が家で一番貫禄のあるうさぎです。


もともと我が家では、うさぎは妻の連れ子だった長女うさぎだけだったところに、私が一目惚れしてペット屋さんから次女うさぎを購入して連れて帰った(妻に半ば強引に承諾させて)ために、ここからうちのうさぎ多頭飼いが始まりました。当時長女うさぎにとっては、見知らぬ輩、かなりストレスを感じたかもしれません。


次女うさぎは初日からその気の強さを見せ付けてくれました。抱っこしようとしてもうまくいかない、ちょっとでも気に入らない触られ方をすると咬み付く、フロアリングはスイスイと上手に渡り、隙があれば壁を齧ろうとする。目の離せないうさぎでした。


彼女を飼い始めた頃、私は次女うさぎに何度も足や手を咬まれ、傷が絶えず、うさぎが嫌いになりそうでした。それでも粘っこく付き合ってここまで生活してきたこともあり、最近では歳のせいか滅多に咬まなくなりました(ただし今でも咬む力は強く油断はできません)。


最近は,日光浴や皮下点滴のおかげもあり体調も良いようで毎日よく動き牧草や野菜をしっかり食べています。これからもまだまだ長生きしてほしいものです。

状態の良くなったうさぎ


今日はうちのベテラン、両高齢うさぎが妻に連れられ、動物病院へ行ってきました。一羽は腎結石のための点滴を受けに、もう一羽はレーザー治療と経過チェックも兼ねてでした。どちらもすっかり動物病院慣れしていて、落ち着いてしっかりと獣医さんの診察を受けることができたようでした。頼もしい限りです。


彼女には、レーザー治療が少し効いているようで、いつも動物病院へ行ってきた直後は、脚の動きがスムーズになります。ビタミンB1の神経回復作用と相乗効果で良くなっている気がします。前脚はだいぶ踏ん張れるのですが、毎日のリハビリ歩行では、私は後ろ脚の重さが気になっていました。ところが今日は、床の上を歩かせた時もスタスタ歩いて行ってしまいましたし、後ろ脚が軽いというのか、ちゃんと地面を蹴っているなと感じることができました。これからはもう少し、頻度を上げてレーザー治療をする方がいいのかもしれませんね。


現在、彼女の肩甲骨の位置がずれていて、骨盤もおそらくずれています。腰の部分は脊椎管狭窄と診断されました。脚の痺れにより転んでしまうようになった初期の頃、倒れてしまう体を支えるために不自然な姿勢を続けていたためだと思われます。その部分もうまくいけば少しずつ改善されてくるかもしれません。そんな夢のようなシーンを思い浮かべながら、今夜は四女うさぎの動きを見守っていました。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちうさぎの老齢化カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはうさぎの日記です。

次のカテゴリはうさぎの介護です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。40代の男性です。ホーランドロップ(6歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真作品
うさぎのポートレイトシリーズ

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

かわいいラビットプレートオススメ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VIRGINIA社(ヴィルジニア)陶器ラビットプレート
価格:3024円(税込、送料別) (2016/12/25時点)


朝食用に使っています。思ったより小ぶりのお皿です。

詳しくは「ユニークなうさぎの形をしたプレート」の記事へ

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。