現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真について綴ります。

うさぎのリハビリの最近の記事

立ち姿勢を保つうさぎ


このところ急速に足腰の状態が良くなっている四女うさぎ。レーザー治療の効果かは分かりませんが,普通のうさぎのように立ち姿でいる時間が長くなってきました。


腰の傾き具合はあまり変わっていないようですが,自分なりの立ちポジションを見つけようと努力している感じがします。この背景には,四女うさぎのキック力の回復にあります。最近はやたらに蹴る力がついてきているようで,寝たきりのまま急に自分で立ち上がろうとしたりします。


写真は盲腸糞が出てくるのを待っている時のものです。この時もお座りの状態でじっとしていて,急に画面左方向へ飛び出してカーペットの上を走り出しました。後脚の力が入るようになってきたようで瞬発力が格段に以前とは違っています。自分の昔のイメージを取り戻そうとしている感じがします。

リハビリをしているうさぎ


毎日少しの時間ではありますが、四女うさぎをリハビリのために歩かせています。昨日の動画のように一日の大半は寝たきり生活ですが、この歩く練習の時はとても本人は嬉しそうに見えます。


写真は、うまく立てた時のものです。リハビリの時はうさぎとしての自信を取り戻しているというのか、初めは軽やかに歩いていきます。最近はコーナーも少しずつ曲がれるようになっています。ただ、長続きはしません。見ていると身体の重心が腰の位置にかけてやや右に落ちています。そのために前脚に相当負荷がかかり、時に右前脚が踏ん張り切れないのと、腰が沈んでいくのとが同時に起こってきて、体が寝たきりの時と同じ状態にぺたんとなってしまいます。


本人はもっと歩きたいという気持ちがあるらしく、必死で立ち上がろうとしますが、私が補助しないと自力では立ち上がれません。四女うさぎのレントゲンの診断では、脊柱管狭窄症と言われていますので、これは矯正が難しいです。ずっと立っている普通のうさぎの姿勢はやはり途中でしんどくなるらしく、ケージに戻した後は、いつもの半身を起こした状態もしくは寝たきりの姿勢にまた戻ります。

kaigo002.jpg


このところ介護に関する痛ましい事件が起きていますが、介護の現場は想像を絶する大変さがあるように感じます。うさぎでも大変なのに人間の介護は体重が重く、言葉を発する分、介護を担当する方たちのストレスも相当なものではと感じます。私たち夫婦も将来の親の介護など考えると、四女うさぎよりさらに大変だろうなと思います。


その四女うさぎですが、最近はさらに力強くなっています。歩くことに関してはあまり進展がありませんが、ケージの寝たきりは嫌なようで、さかんに写真のように上半身を起こしては、動こうとします。


牧草や野菜も上半身を起き上がらせたまま食べたり、強制給餌でも以前の動画の時と違ってきていて、体を起こしてしまうためやりにくくなり厄介なことになっています。前脚が踏ん張れるようになっているようで、ビタミンB1のおかげかもしれません。ビタミンB1は神経を修復する作用があるようです。それがじわじわと効いてきている気がします。


おかげさまで寝たきりで床面の方になっていた右目がパッチリとし始めていて、目薬の効果も手伝って良好です。あとは、自分で起き上がり、ペレットを食べてくれれば、こちらの日課となっている強制給餌がなくなるわけですが、状況を見ているとそれは考えが甘いようです。介護生活はある日突然やってきて、そして私たちをじわじわ疲弊させています。


今日は動画をアップしました。このところ四女うさぎは転びながらも、根気よく少しでも長く歩こうとしています。強制給餌の後や本人が出たそうな雰囲気を醸し出しているときに歩かせます。やはりいい状態の時の自分に戻りたいという気持ちが強いのだと感じます。


転んだときは一瞬悔しそうにも見えます。こんなはずではないという気持ちも伝わってきます。おかげさまでここ二三日ではさらに進歩して、スタスタスターっとコーナーも曲がって勢いよく小走りをしてしまうこともあります。最終的には脚に力が入らなくなるのか、座り込んでしまいます。うさぎの秘めたパワーには驚かされます。と同時に元気になってきた分ある問題が発生しています・・・。動画はAdobe Premiere ProCCで編集しています。

rabbityonjyo013.jpg


この黄色の薬はビタミンB1です。四女うさぎの神経の修復用です。やっと駆虫薬や抗生剤を脱して、ビタミンB1のみでいけるようになりました。シリンジは1mlのものを処方されていて,一日一回0.3mlずつあげています。

前脚の調子が最近は良くて、踏ん張って顔を上げられるようになっています。やはり寝たきりがとても嫌なのでしょうね。

立ち上がる四女うさぎ


明けましておめでとうございます。


新年早々いいことがありました。介護状態だった四女うさぎが今日は立ち上がることができていました。ほんの数分間でしたが、毎日少しずつ立ち上がる練習をしているところです。すぐにこけてしまいますが、いい時の自分を思い出してもらえるようにしたいです。また本年もうさぎたちをよろしくお願いします!

斜頸にためにリハビリするうさぎ
長女うさぎのリハビリをいま実行している。今日は牧草をあげてみたら、早速むしゃむしゃと以前のようにしゃぶっていた。過去を思い出すかもしれないと急に思いついた策であった。妻が牧草をさらに細かく切ってくれたので食べやすそうだった。歩く方であるが、首が傾いているため、歩き出すと円を描いて進んでしまう。本人は、それが真っ直ぐのつもりだが、実際は円を描いているのである。そこで、妻がサポートして、足を真っ直ぐの方向に向けさせて歩く練習を今日は何回かした。真っ直ぐに進む感覚を覚えてほしいものである。

四女うさぎは牧草を最近はよく食べ、ペレットを食べる量がぐっと減ってしまった。嗜好が変わったのであろうか。今朝は引き出しの掃除中に下に引いてある毛布におしっこをされてしまった。厄介なうさぎである。

一方、次女うさぎはさかんにケージから飛び出してくる。一度飛び出すとなかなか今度は戻ってくれないのが最近の悩みといえば悩みである。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちうさぎのリハビリカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはうさぎの強制給餌です。

次のカテゴリはうさぎの耳掃除です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。40代の男性です。ホーランドロップ(6歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真作品
うさぎのポートレイトシリーズ

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

かわいいラビットプレートオススメ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VIRGINIA社(ヴィルジニア)陶器ラビットプレート
価格:3024円(税込、送料別) (2016/12/25時点)


朝食用に使っています。思ったより小ぶりのお皿です。

詳しくは「ユニークなうさぎの形をしたプレート」の記事へ

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。