現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

うさぎの日記の最近の記事

_P2M0251.gif


先日,足ダン10連発を放つ激しい怒りを見せた五女うさぎ。私がトイレ掃除を担当していた日でしたが,妻がちょっと五女うさぎの様子を見に来ただけで,いきなり怒ってしまいました。想像するに,五女うさぎが妻にいつものマッサージを担当できるのになぜ今日はしてくれないのかと怒っているような感じでした。妻が顔を出したことで,五女うさぎの怒りがピークに達したようです。私の存在はどうでもいいようです(笑)

DSC_0425.gif


この写真は当時持っていた「ニコン D2Hs」というカメラで撮ったものです。このカメラは約400万画素,センサーも「LBCAST」というものを使っていて,今時の高画素のニコンのカメラやCMOSセンサーと違って深めの色味がとても気に入っていたカメラでした。写真の五女うさぎの茶色の縞模様のトーンがとてもいい色をしていてきれいです。この時は,日光を背中に浴びて元気に走り回っていた時の写真です。五女うさぎの顔が本当に若くて今と違いにこやかですね(笑)

_P2M0238.gif


久しぶりに五女うさぎに野菜をあげてみました。彼女が大好きなブロッコリーの葉です。クレソンの葉も好きですが,ブロッコリーは食いつきがとても良くて相当好きなようです。野菜は水分が多いのであまりあげすぎないようにしていますが,たまには気分も変わっていいようです。


_P2M0190.gif


五女うさぎはよく写真のような恰好で寝そべっています。よく見ると口をもぐもぐさせているので,どうやら寝そべりながらトイレにいつも置いている牧草が目の前にあるので,食べることもできて便利なようです。リラックスしながら寝そべって牧草を食べるという,彼女にとっては言うことのないゆったり過ごせる時間なのかもしれませんね。

_P2M0186.gif


うさぎの記憶力はどうやら持続性に欠けるようです。私がトイレの掃除担当を続けてしても,妻がその後担当すると私に撫でられた記憶は妻のマッサージの記憶に上書きされるようで,全く覚えていないような対応をされます。一体どうなっているのかと聞きたくなるような状況です。前頭葉が全然発達していないのか記憶の保持に難があるようです(泣)


DSC01235.gif


このところ,五女うさぎのトイレ掃除を続けて担当するようになってから,結構撫でられに来るようになった五女うさぎ。そろそろ終わろうかと思っても手を彼女の頭から外すと,それに合わせて私の手に頭を寄せてくる五女うさぎ。ついつい終わるタイミングが難しくなってしまう感じです。うさぎ心は複雑で面白いですね。

DSC_0136_001.gif


色は違いますが,どことなく愛らしいホーランドロップイヤー。性格も温厚なうさぎが多いのでしょうか。三女うさぎも五女うさぎも亡くなった次女うさぎほど攻撃的な感じがありません。垂れ耳がまた小型犬のようなイメージもあって親しみやすいのかもしれません。

IMG_1380.gif


最近は機嫌がとてもいい五女うさぎ。体重も先日計測したら2200gに戻っていてホッとしました。このくらいの重さをキープしてほしいです。写真は若い頃の五女うさぎのものです。

who01.jpg


鏡を前に戸惑い気味の三女うさぎの様子。まだ若い頃に撮った写真です。うさぎが鏡を見て自分だと認識できるのでしょうか?あなたは誰?という感じなのでしょうか。ちょっと面白くて可笑しいワンシーンでした。

DSC_0130.gif


すでに亡くなってしまっていますが,一枚目の写真が三女うさぎ。五女うさぎと同じホーランドロップイヤーという種類のうさぎです。先日の記事でも触れたように,この三女うさぎは心優しい,素直な性格の持ち主でした。五女うさぎもそうですが,幼い頃はどちらもまん丸なかわいい目をしているのですが,段々と年を重ねるごとに,人でいう眉毛や睫毛のあたりの毛が増えて怒っているような感じになってきます。機嫌が悪いのかと思いきや違っていたということが多々あります。


DSC01167.gif


二枚目の五女うさぎ。これは怒っているかもしれません。私が撫でようとするといつもじっとこんな感じで見られます。そしてかなり間をおいてから撫でられに来たりします。三女うさぎほど,五女うさぎが素直とは私には思えないことが多いですね(笑)

DSC_0472.gif


顔つきが若い五女うさぎ。何だか体にも張りがあります。最近の五女うさぎは全体的に体に締まりがなくなってきていて,年を取ったなぁと感じます。

DSC_0478.gif


うさぎは不思議な動物だと思います。結構こちらの気持ちが分かっているような素振りをしたりするからです。また,人間同様うさぎの個体それぞれに個性があり,性格が全然違います。今まで五羽のうさぎを飼ってきていますが,それぞれの性格を見てみると,


長女うさぎ・・・甘えん坊な性格,怖がりなところがありましたが,それでいて頑固な性格でした。
次女うさぎ・・・ツンデレうさぎ。常に攻撃的な性格でしたが,案外甘えん坊で天邪鬼的なところがありました。
三女うさぎ・・・最も素直な性格の持ち主。心優しく長女うさぎが亡くなったときは私たち夫婦のそばに寄り添ってくれた思い出があります。
四女うさぎ・・・超マイペースな性格で不思議ちゃんでした。晩年は四肢の麻痺により介護生活を余儀なくされましたが,不屈の精神で頑張り屋のところがありました。
五女うさぎ・・・自己主張が最も激しく,五羽の中では一番スキンシップが好きなうさぎです。ころころ機嫌が変わるので気難しいところもあります。


ざっとこんな感じですが,どのうさぎも性格がそっくりということは一度もありませんでした。うさぎ飼いの皆さんもきっと同じことを感じているだろうと思います。

DSC05577.gif


珍しく妻に対して怒った五女うさぎ。朝の掃除の時に,ある程度時間がかかるのは仕方のないことです。しかしなかなか撫でてくれないと勝手に感じた五女うさぎはいきなり怒ったようです。「まだ?」と催促されているような感覚になってしまう五女うさぎの撫でろ攻撃に対応するのは妻でも大変なようです(笑)

DSC01234.gif


うさぎは忘れっぽいのか,先日から不機嫌だった五女うさぎは昨日は一転して,トイレ掃除中もほとんど邪魔されることなく,掃除後にはよく撫でられにきていました。ケージから出たり入ったりさかんに繰り返していた五女うさぎ。今度はなかなかケージへ戻ってくれなくて大変でした(笑)

DSC_0437.gif


先日のこと。トイレ掃除を担当したとき,五女うさぎが掃除の邪魔をするので,ちょっとあっちに行ってといわんばかりに五女うさぎをどかせてケージの扉を閉めたら怒ってしまった。私から離れて遠くへ行ってじっとこちらの様子を伺っていました。そばへ行ってみるとギロッと不機嫌そうにこちらを睨んでいました。ぞんざいに扱われたと思って怒っているようでした。しかし,トイレのシーツを代えるだけなのに,何度もトイレをチェックしにケージ内に戻られるとどうにも邪魔でなりません。しばらくご機嫌斜めな五女うさぎでした。

DSC09109.gif


最近は,空調をちょうどいい温度に調節しているせいか,よくリラックスした姿勢を見せる五女うさぎ。時間帯によって,寝そべっている位置が変わっていて面白いです。

DSC07569.gif


ケージの外で遊ぶのが大好きな五女うさぎ。特に藁ハウスが好きで何度もくぐっては出たり入ったりしています。うさぎは本能的に穴倉が好きなようです。

DSC_0417.gif


五女うさぎがケージから出て遊んでいるところです。陽射しがきれいに差し込んで明るい雰囲気になっているシーンです。

DSC_0416.gif


時々ケージにある小窓から外へ出ようとする五女うさぎ。うさぎは狭いところが大好き。でも小窓のワイヤー部分で背中を傷つける可能性があるため,写真のように出ようとしたらできるだけ阻止しています。

IMG_1441.gif


この写真は五女うさぎが一歳の頃の写真です。毛並みや顔つきが若いです。ケージ内でまったりとしてくつろいでいたところを撮りました。

L1076862_01.gif


五女うさぎのケージの様子。いつもトイレでじっとしている時間が多い五女うさぎ。撫でられに来る日とそうでない日があります。その理由は私にはよく分からないです。

_P2M0093.gif


いつでもおやつを欲しがる五女うさぎ。乾燥パパイヤが大好きで,決まった時間にはあげているのですが,その他の場面でも写真のようにおやつをくれるのではないかと待っています。

DSC05545.gif


最近の五女うさぎはとても元気ですが,私がトイレ掃除をするときはあまり撫でられにきません。もともと妻の方が大好きな五女うさぎ。時々トイレ掃除を担当する私は回数が少ないためか,あるいは好かれていないのか写真のようにじっとこちらを凝視するだけで,ケージに戻ってトイレの上でじっとして動きません。こちらは事務的にケージ内を掃除するだけになっています。うさぎは頑固な動物です。自分の好みでないことにほとんど関心を示さないことが多く,態度がはっきりしていますね(笑)

DSC_0288.gif


若い時の五女うさぎのリラックスした姿です。まだ一歳になっていない頃のあどけない顔が今では懐かしいです。

DSC09127.gif


藁ハウスをくぐるのが好きな五女うさぎですが,写真の奥に写っている藁ボールも気になるようです。いつも齧ったり押しのけたりして遊んでいます。

DSC09189.gif


藁ハウスから出てきた五女うさぎ。毎日くぐったり齧ったりしています。

五女うさぎの横顔


以前よりパッチリと開くようになった五女うさぎの右眼です。よく目をつむっているシーンが多かったのですが,その時は眼が濡れています。しっかりと拭きとってあげればいい感じに眼をまん丸と開いています。

犬のようなうさぎ


こうして見ていると,五女うさぎが子犬のように見えてきます。ロップイヤーは耳が垂れているためそう見えますね。

ケージから出てきた五女うさぎ


ケージから出てきた五女うさぎ。さぁ,遊ぶぞ!という感じでしょうか。ただ,常にケージ内のトイレが気になるらしく,遊んでいたかと思うと,時々チェックをしにケージへ戻ってきます。

溌溂とする五女うさぎ


朝と晩のトイレ掃除のときは,五女うさぎはケージの外で走り回っています。とても溌溂としていて楽しそうです。でもいつもケージの中を気にして戻ってきます。帰巣本能も強いうさぎです。

顔を拭くうさぎ


いつも一生懸命顔をトイレの上で拭いている五女うさぎ。まだまだ余震が気になりますね~。

二足歩行のうさぎ


五女うさぎが立ち上がったところです。四女うさぎの姿も見えています。顔が皆若いです(笑)

若き日の五女うさぎ


まだ若い時の五女うさぎの写真です。カメラはNikon D80でシグマの魚眼レンズを使って撮影しています。四女うさぎも写っています。

五女うさぎの日常


毎日撫でられるのが大好きな五女うさぎ。特に私より妻に撫でられるのが好きなようです。いつもケージ外で撫でてあげるとご機嫌がいいようです。

じっとトイレで動かないうさぎ


うさぎというのは大変気まぐれな動物だと感じます。日によってはいつまでも撫でられ続けているかと思えば,別の日には写真のようにじっと目をしかめて動かず,撫でられる素振りもありません。一体何があったのかと思うくらい日によって態度が違うのがうちの五女うさぎです。理由をその都度聞いてみたいくらいです(笑)

若き日の次女うさぎの写真


久々のブログの更新です。結構前の次女うさぎの写真です。晩年に比べ,とてもふっくらとしている若々しい顔が懐かしいです。2011年に撮った写真なので,次女うさぎが7歳のころです。この頃の次女うさぎの体重は2000g以上ありました。牧草が大好きで12歳になるまでほとんど病気をしなかった次女うさぎですが,うさぎは体重が減ってくると急激に体調がおかしくなってきます。今まで我が家で飼ってきた4羽のうさぎとも同じ傾向を見せています。体重は緩やかにですが,どんどん減っていき,人間と同じように体が一まわりり小さくなります。次女うさぎが亡くなる少し前の体重は約1400g。ピーク時から600gも落ちてしまいました。あれから2年近くになろうとしています。今では懐かしい思い出となってしまいました。因みに五女うさぎの方は牧草を毎日よく食べていて,大変元気にしています。

牧草好きな五女うさぎ


Sony α7
Leica Summicron 35mm f/2(Leica R Bayonet)
35mm/f/2
1/20s/ISO 800/RAW
Processing with Photoshop CC


写真は五女うさぎが牧草を食べ始めたところですが,彼女には私は三種類の牧草をあげています。一番下にチモシー牧草の一番刈り,真ん中にバミューダグラス,一番上にオーツヘイをのせます。五女うさぎはとにかくオーツヘイが好きで,ペレットよりも先に食べ始めます。その後,残りの牧草を食べますが,時間をかけて食べているようです。ほとんど牧草を食べてしまっていることがほとんどです。おやつを途中にあげ過ぎると残してしまうことがありますので,乾燥パパパイヤやパインはほどほどにしておかないといけません。牧草を食べているときはなぜかしかめっ面の五女うさぎです。体重も測りました。2252gありました。2200g代をキープしてくれていて安心しました。


牧草をよく食べるうさぎ


Sony α7
Leica Summicron 35mm f/2(Leica R Bayonet)
35mm/f/2
1/15s/ISO 800/RAW
Processing with Photoshop CC


今日もよく牧草を食べていた五女うさぎ。昨年12歳で亡くなった次女うさぎも大変牧草好きなうさぎでした。牧草をよく食べるうさぎは,胃腸の消化・吸収力もよくあるような気がします。次女うさぎはほとんどお腹をこわさなかったことと,お腹を触ってみたとき,いつもぷにょぷにょしていて柔らかい状態でした。これは,胃腸の調子が良かった証拠だと思います。


五女うさぎも牧草が大好きで,ペレットより牧草を先に食べているシーンをよく見かけます。今日もそうでした。特にオーツヘイが好きで,食べ始めはいつもこの牧草です。甘さもあって美味しいのでしょうか。この調子で鬱滞を起こすことなく,無事に寒い冬を乗り切ってほしいです。我が家では,五女うさぎの部屋はいつも温度管理をきちんとしています,なので常に暖房で温かくホカホカです。

ドタ寝の五女うさぎ


今日のお昼頃,五女うさぎの様子を見に行ったら,写真のように彼女は倒れ込んで寝ていました。具合が悪くなったのかと心配してしばらくお腹の辺りを見ていたら呼吸はちゃんとしていて,よく見ると熟睡していました。お騒がせなうさぎです。


私が側に近寄っても気付く様子がなく,かなり眠りこけていました。野生のうさぎなら考えにくいことですが,ペットうさぎは,本当に熟睡しているようです。このようなドタ寝をしている五女うさぎを見たのは初めてですが,先代ロップの三女うさぎもよくこの格好で寝ていたので,ロップ特有のリラックスした寝方のようですね。ちょっと可笑しくて写真をこっそり撮ってみました。

五女うさぎと遊ぶ


Sony α7
Leica Hektor 125mm f/2.5 Visoflex
125mm/f/2.5
1/60s/ISO 800/RAW
Processing with Photoshop CC


久々にうさぎのブログの更新をします。次女うさぎ四女うさぎが亡くなって一年過ぎました。一周忌には妻とお参りに行きました。あれから一年経ったかと思うと時の流れは早いなと感じます。今では五女うさぎが私たちを独占して,マッサージを毎日してもらい,大変ご機嫌な日々を送っています。


五女うさぎと藁ハウス


写真のように藁ハウスで戯れるのが大好きな五女うさぎ。写真を撮っている間に何度もハウス内をくぐったり,あるいは齧ったりして遊んでいました。部屋のカーペットにコロコロをかけると時も,私についてきます。ついでに五女うさぎの背中にもコロコロをして毛を少しずつ取ってあげたりしています。うさぎはかまってちゃんな動物です。遊んであげるととても嬉しそうに見えます。遊びが終わると,下のリンクに載せた「のみとりコーム」で,じっくりとグルーミングをします。ゆっくりと撫でるように,のみとりコームで毛並みを整えていくと,五女うさぎもじっとしてうっとりしています。気持ちいいのだと思います。


ご機嫌な五女うさぎ


SIGMA sd Quattro
SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art
30mm/f/1.4
1/125s/ISO 100/X3F
Processing with SIGMA Photo Pro 6.5.3


このところ食欲旺盛な五女うさぎ。今日は妻に代わり私がトイレ掃除をしました。五女うさぎは次女うさぎと似ていて,まず牧草からいつも食べ始めます。一番刈りのチモシー牧草とオーツヘイを少しあげています。最近は牧草を本当によく食べていて,胃腸の調子もいいようです。ペレットもしっかり完食していていい感じです。夜中には,時々お腹をすかせている時があり,急に足ダンが聞こえてきます。その時は様子見がてらドライフルーツのパパイヤなどをあげています。六歳になって,高齢化による食欲減退が心配ですが,いまのところ大丈夫のようです。

日光浴をするうさぎ


Sony α7
Steinheil Munchen Culminar 135mm f/4.5
135mm/f/4.5
1/80s/ISO 400/RAW
Effect with Photoshop CC


今日もいい天気だったので,五女うさぎをリビングへ連れてきて日光浴をさせました。ところが,今日はなかなか落ち着かずに写真のようにタオルをガジガジと噛んでめくってしまう場面がありました。なかなか日光浴に慣れてくれない五女うさぎでした。


撮影にはシュタインハイル社のカルミナー135mm f/4.5のレンズをSony α7にマウントアダプターをつけて使用しました。このレンズはノンコーティングのため,予想通り逆光にはとても弱いレンズでした。F値4.5も暗いので,ISO感度を上げましたが,ハレーションにより白く靄がかかったような写りになってしまいました。ただ,これもこのレンズの味であり,好きなレンズの一つです。

五女うさぎのポートレイト


五女うさぎを再び動物病院へ連れて行きました。この前行ったばかりだったせいか,今回は病院へ行く前にかなり抵抗されました。藁トンネルからなかなか出ようとせずに大変でした。本人なりの必死の抵抗運動だと思います。


前回診てもらった左眼の軽い結膜炎ですが,すっかり良くなっていました。ファルキサシン点眼薬を処方されていましたが,もうしなくていいと言われました。治癒していてホッと安心しました。


今回はお尻周りのことも気になりチェックしてもらいましたが,異常はありませんでした。六歳になってますます健康面が気になる五女うさぎ。時々連れて行って,定期的に診てもらうことも大切だなと感じました。そろそろ老齢うさぎの仲間入りですね。

六歳になった五女うさぎ


Leica M8
Leica Elmar 50mm f/2.8(Screw Mount)
50mm/f/4
1/125s/ISO 320/DNG
Effect with Photoshop CC


先日,五女うさぎが六歳になりました。我が家の五羽目のうさぎも無事に六歳を迎えほっとしています。ただ,以前うちで飼っていた三女うさぎは六歳で亡くなっていますので,要注意の一年だと,改めて気を引き締めていこうと思っています。ずっと健康だった三女うさぎと違い,五女うさぎは眼の開き具合や耳の腫れのこともあり,よく動物病院へ行っています。健康チェックも兼ねているので,何かと助かっています。


話は変わりますが,「うさぎとライカの写真日記」とブログのタイトルを変えて,約八か月ほど経ちました。日々「ロップイヤー」と「ライカ」のブログ村のランキングに参加していますが,このブログの検索キーワードなどをGoogle アナリティクスを使って分析してみると,やはりうさぎ関連が多いことに気付きました。Google アナリティクスの「集客」→「Search Console」→「ランディングページ」でここ三ヶ月のこのブログのどの記事やカテゴリーに訪問してもらっているかが分かります。以下,最も多い訪問記事やページなどのトップ10を並べてみました。


1. うさぎの目薬のページ 4,978(約16%)
2. うさぎのエンセファリトゾーン症のカテゴリー 2,442(約8%)
3. うさぎの流動食の作り方(強制給餌用)1,824(約6%)
4. うさぎの自宅皮下輸液のカテゴリー 1,363(約4%)
5. レンタルサーバー移転記(Movable Typeのサーバー移転) 1,107(約3.5%)
6. うさぎの寝たきり生活にオススメの老犬用介護マット 845
7. うさぎのダニのカテゴリー 696
8. うさぎのソアホックのカテゴリー 693
9. うさぎのお尻洗いのカテゴリー 626
10. Leica M8のカテゴリー 467


という感じです。パーセンテージは全体に対する割合で,5位まで出しました。これを見ていると,うさぎの記事からライカのレンズやカメラの記事に変えてみても依然として,このブログの訪問者は圧倒的にうさぎ関連のキーワードが多いということに改めて気付かされました。このことを踏まえ,ブログ村のランキングを「ロップイヤー」のみに絞ってみることにしました。「ライカ」でご訪問してくださっていた方がいらっしゃいましたら突然ランキングから消えてしまい,申し訳ありません。以上のような理由です。


もちろん,最近すっかり気に入っているデジタルライカのLeica M8で撮った写真は,500pxへの投稿とも関連して随時アップします。またそちらの方もよろしければ見に来てください。因みに,現在「Leica M8 ブログ」「Leica カメラ ブログ」で検索エンジンで検索すると,


Yahoo:「Leica M8 ブログ」→1位,「Leica カメラ ブログ」→40位
Google:「Leica M8 ブログ」→1位,「Leica カメラ ブログ」→41位


となっています。もちろんSEOのアルゴリズムが変われば順位は下がると思いますが,このブログの約半年のSEO対策が功を奏して,上位に上がってきました。写真の撮影技術はまだまだですが,さらに記事を読んでもらえたらと思っています。

病院が苦手な五女うさぎ


先日健康チェックに五女うさぎを動物病院へ連れて行きました。最近また右眼の瞼が朝方に開きにくいこともあって,眼球のチェックもしてもらいました。そうしたら,左眼が軽い結膜炎を起こしていました。これは五女うさぎの体質かもしれないと言われましたが,心配だった右眼は大丈夫でした。

人間は蛍光灯の光に慣れていますが,うさぎの眼はおそらく人間の眼よりかなりつくりが違うように思います。気になってうさぎの眼について,検索していたら,マイナビニュースに興味深い記事がありました。


ウサギの視野は360度。ほぼすべてを見渡すことができます。いろいろな動物から狙われるウサギは、長い耳で自分を狙っている動物の音をキャッチし、さらに広い視野で危険がないかどうかをすぐチェックできなくてはなりません。ただし視野は広いけれども視力はあまり良くなく、視力0.05~0.1くらいと、ウサギはかなり近視です。

うさぎは夜行性で,暗いところはよく見えているようですが,視野は広いが視力はないということが分かりました。五女うさぎの右眼の瞼が開きにくいのは,きっと蛍光灯がうさぎにとって明るすぎるからではないかと思います。今では,蛍光灯の明るさをかなり暗くして,五女うさぎの眼の負担にならないように気を付けています。

相変わらずご機嫌斜めの五女うさぎ


Leica M8
Leica Elmar 50mm f/2.8(Screw Mount)
50mm/f/4
1/60s/ISO 320/DNG
Effect with Photoshop CC


今日もまた日光浴のためにリビングに連れてこられた五女うさぎ。私に対してまだ怒っているらしく最初は表情が冴えませんでした。写真の顔は先週のしかめっ面と同じです。


動き出した五女うさぎ


ところが今週は前回と違って,途中からよく動くようになりました。一度はフロアリングを歩こうとしたので止めたくらいでした。うさぎはコード類をよく齧るので,気を付けていないと電化製品がやられてしまいます。


機嫌が直った五女うさぎ


最後はこちらを向いてくれました。少しにんまりしている感じがしました。30分ほど日光浴をさせて,ケージに戻ってもらいましたが,戻ってからはしばらくペレットを食べてくれず,やはり怒っていたのかもと気になる私でした。

不機嫌な五女うさぎ


Leica M8
Leica Summarit 50mm f/1.5(Screw Mount)
50mm/f/2.8
1/125s/ISO 160/DNG
Effect with Photoshop CC


今日も日光浴をした五女うさぎ。免疫力の向上をと思って時々していますが,最近はリビングへ連れてくると不機嫌になります。写真のように明らかに顔が怒っています。しかめっ面というのでしょうか,目を細めてこちらをじっと伺っている感じです。しかもなかなか動きません。フロアリングをすいすいと歩けない五女うさぎですので,タオルの部分しか動けません。それも不満なのかもしれません。今日は早めに切り上げて自分のケージへ戻ってもらいました。

日光浴をする五女うさぎ


Sony α7
LeicaR Super-Angulon 21mm f/4
21mm/f/5.6
1/60s/ISO 800
Effect with Photoshop CC


久しぶりにゆっくりと五女うさぎに日光浴をさせました。このところ週末になかなかスカッと晴れる日が少なく,日光浴ができませんでした。五女うさぎの免疫力を少しでも高めるのに役立つといいのですが。


うさぎは環境が変わるとすぐに馴染めません。基本的に毎日同じ行動パターンをすることを好むうさぎにとっては,予定外の環境やルールが苦手です。今日もずっと顔が不機嫌で,この写真ではふくれっ面に見えます。顔がドラえもんに見えて可笑しかったです。

年越しそば


大晦日ということで,今日は妻に年越しそばを作ってもらいました。大きな海老をたっぷりと入れてもらい満足でした。今年は色々なことがあり,大変精神的にきつい一年でした。特に四女うさぎと次女うさぎが立て続けに亡くなるという,我が家にとっては大変ショッキングな出来事が続きました。本当に悲しい年でした。


五女うさぎの立ち姿


Sony α7
LeicaR Summicron 50mm f/2(Type2)
50mm/f/2
1/100s/ISO 1600
Effect with Photoshop CC


一方で,写真の五女うさぎは大変元気にしてくれています。「うさぎ四姉妹日記」と題して続けていたこの日記も,主役の四羽がいなくなり,ブログを一新しました。今は五女うさぎの近況を記しながら,私の好きなライカのレンズとカメラ,写真の日記となっています。今年このブログに訪問してくださった皆さんには大変感謝しています。来年も良い年でありますように。それでは,皆さん良いお年をお迎えください!

三女うさぎのポートレイト


このブログを始めた時,我が家には三羽うさぎがいました。長女うさぎ,次女うさぎ,三女うさぎです。その三羽の様子をブログに記録しようと「うさぎ三姉妹日記」をスタートしました。


当初は漠然と三羽の様子を綴っていましたが,長女うさぎがエンセファリトゾーン症による斜頸を患ってからはうさぎの介護日記となっていきました。長女うさぎは8歳でなくなりましたが,しばらくして三女うさぎが6歳で亡くなりました。原因は腸重積と腸腫瘍でした。腫瘍は夜間救急動物病院でエコー検査をしてもらって複数あることが分かりました。また,腸重積のためにお腹に溜まった消化物が排出されなくなってしまい,最期はお腹が痛そうな表情をずっとしていました。本当に気の毒でした。


その三女うさぎは写真のように愛らしいロップイヤーでした。五女うさぎもそうですが,ロップイヤーは性格が良く,こちらの気持ちをよく分かってくれるところがあります。忘れられない思い出があるのですが,長女うさぎが亡くなって落ち込んでいた私たち夫婦を慰めてくれるかのように寄り添ってくれたのが三女うさぎでした。これは我が家の他のうさぎには見られないことだったので,三女うさぎの性格だったのかもしれません。こちらの気持を察する力があるのだと感心した記憶があります。


あれから6年経ちました。とても懐かしく思います。先日妻が三女うさぎの7回忌を迎えたことからお参りに行ってくれました。本当にいいうさぎでした。6歳で亡くなってしまったのは本当に予想外でした。その後同じ歳だった次女うさぎがほぼ倍の12歳まで生きたことを考えると,早すぎる死だと感じました。


抱っこが大好きな三女うさぎ


三女うさぎは二枚目の写真のように我が家で唯一抱っこして仰向けにできるうさぎでした。ペットショップで出会った時から,店員さんに仰向けにされていて,超可愛いと夫婦で気に入ってしまい,我が家に連れて帰りました。いきなりお腹を下して慌てた経験もありましたが,その後順調に成長してくれました。ロップイヤーの五女うさぎを後から迎えたのも,実は三女うさぎの生まれ変わりのような気がしたからでした。三女うさぎがとても懐かしい今日この頃です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちうさぎの日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはフォトグラフィーです。

次のカテゴリはうさぎの老齢化です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

ガチャムク

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
A delicate memoryA delicate memory #2

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。