うさぎとライカのオールドレンズが好きです。写真はLeica M8とSony α7で撮っています。現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのオールドレンズやその写り,写真について綴ります。

カメラ関連の最近の記事

sonya7とスーパーアングロン


少し前に記事にした,私がうさぎの写真と動画撮影に使っているLeicaRレンズを紹介しました。カメラはSony α7を使っていて,もともとズームレンズキット(「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」というレンズ付き)として購入したのですが,その後明るいレンズを探して「Leica Summicron-R f2/50mm(Rカム)」を中古カメラ屋で見つけ購入しずっと使ってきました。


このところ寄れるマクロレンズがないか中古カメラ屋を回り探していましたが,良い状態の「Leica Macro Elmarit-R f2.8/60mm 」というライカRレンズはありませんでした。そこで,今の0.5mよりも寄れるレンズに切り替えて探し始めました。そうしたら,最短距離が0.2mまで被写体に寄れる広角レンズの「Super-Angulon-R f4/21mm(3カム)」を見つけることができてすぐに購入を決めました。


スーパーアングロン21mmrレンズ


早速次女うさぎの写真で試してみたのが,昨日の記事のポートレイトです。「Summicron-R f2/50mm」レンズの半分以下の距離まで寄れるというのは効果的で,ぐっとうさぎたちに接近することができます。かなりアップの写真を撮ることも可能です。マクロレンズは確かに接写が可能ですが,Sonyの90mmマクロのGレンズは高価ですし,「60mm F2.8 Macro Elmarit-R」も安くはありません。今回導入を決めた「Super-Angulon-R f4/21mm」は広角なので風景写真でも使えると思い購入を決めました。なかなか手に入れることができないフード付きでした。そのことも購入を決めた理由です。


スーパーアングロンレンズと3カム


今回の「Super-Angulon-R f4/21mm(3カム)」ですが,この"3カム"について紹介します。三枚目の写真の楕円と矢印で示した部分がカムという部分です。1カムと2カムは銀色の部分でよく分かるのですが,3カムが分かりにくく,ちょっとだけ突出した部分になります。


前回の記事同様,再びライカRカメラとそれに合うレンズの一覧表を載せておきます。

【レンズの種類】 【適合するライカRのフィルムカメラ】
1カム ライカフレックス(マークI/マークII)用
2カム ライカフレックス(マークI/マークII),ライカフレックスSL1,ライカフレックスSL2のボディに対応
3カム すべてのライカRボディで使用可能
Rカム ライカR3からR9までのボディに対応
ROM ライカR3からR9までのボディに対応。ライカR8/R9で専用フラッシュ使用時に、フラッシュ側のオートズームが可能になる

ライカRのフィルムカメラを使わなければ,上の表に意味はありません。マウントアダプターさえあれば,Sony α7で使うことが可能だからです。ライカRカメラをいずれ使ってみたいという方は,3カムのレンズを買うことを推奨します。どのカメラにも接合できるからです。


ライカRのレンズは一眼レフカメラ用に開発されたレンズです。Sony α7シリーズとの相性もよく,写りがどの長さのレンズでも秀逸です。ハズすレンズはほとんどないと言えます。難点はレンズに曇りがあったり,カビが残っていたりといい状態のレンズがあまり市場に出回っていないということでしょうか。

参考記事:「ライカRレンズのカム

※マウントアダプターはAmazonで扱っています。


You Tubeで「Sony A7II with Leica R Lenses」という動画があります。ちょうどこの動画のおじさんは私と同じライカRのズミクロン50mmf2を使って解説しています。ここでは細かいピント合わせに「C1」ボタンを押し,その後ピーキング機能も使いながらピントをきちんと合わせる方法がよく分かります。私にとってはとても参考になりました(Sony a7の場合も「C1」ボタンはシャッターボタン近くにあります)。ただ動画は少し長めで,後半は画像ソフトの話になっています。


現在私がうさぎの撮影に使っている上の写真の「ライカR Summicron 50mm f2(Rカム)」というレンズは素晴らしいレンズだと思っています。ピントがやや合わせにくいという部分が気になりますが,ボケや写りのきめ細やかさには大変満足しています。また動画撮影においても秀逸なレンズです。ただ,最短撮影距離は0.5mとなっていて,もう少しうさぎに寄れるといいなと感じています。マクロレンズの購入も将来的には考えています。


ライカRズミクロン50mmf2レンズ


ところで,ライカRレンズには、5種類のタイプがあります。1カム、2カム、3カム、Rカム、Rカム(ROM内蔵)の五つです。以下表にしてみました。

【レンズの種類】
1カム ライカフレックス(マークI/マークII)用
2カム ライカフレックス(マークI/マークII),ライカフレックスSL1,ライカフレックスSL2のボディに対応
3カム すべてのライカRボディで使用可能
Rカム ライカR3からR9までのボディに対応
ROM ライカR3からR9までのボディに対応。ライカR8/R9で専用フラッシュ使用時に、フラッシュ側のオートズームが可能になる


他のレンズの話になりますが,少し前に発売された「Carl Zeiss Loxia 35mm F2 Lens」というレンズがあります。このレンズはピントの細かい部分まで合わせることができて,かつフルサイズに対応,マニュアルレンズにも関わらずExifデータもきちんと出ます。いま使ってみたいと思うレンズの一つですが,いい値段します。


その他の参考記事はこちらにあります。
・「ソニーα7R/7はオールドレンズのベストボディか?(機能解説編)
・「純正のライカRアダプターを使いこなす

うさぎの撮影に使っているカメラ


私がいつもうさぎたちの撮影に使っているカメラとレンズを今日は紹介します。カメラは写真の「Sony a7」です。ソニーの初代コンパクトフルサイズ機です。現在もまだ現役で発売されている優れたカメラです。購入時はキットレンズ付きのものを買いましたが,今では,写真のLeica Rのレンズを使用しています。

【主な仕様】
撮像素子 35mmフルサイズ(35.8×23.9mm)、"Exmor"CMOSセンサー
カメラ有効画素数 約2430万画素
総画素数 約2470万画素
アスペクト比 3:2
カラーフィルター RGB原色フィルター
画像ファイル形式 JPEG (DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.3、 MPF Baseline)準拠、RAW(ソニーARW 2.3フォーマット)
ピクチャー
エフェクト
13種類: ポスタリゼーション(カラー、白黒)、ポップカラー、レトロフォト、パートカラー (R/G/B/Y)、ハイコントラストモノクロ、トイカメラ(ノーマル、クール、ウォーム、グリーン、マゼンタ)、ソフトハイキー、ソフトフォーカス(弱、中、強)、絵画調HDR(弱、中、強)、リッチトーンモノクロ、ミニチュア(オート、上、中(横)、下、右、中(縦)、左)、水彩画調、イラスト調(低、中、強)
ファイル記録方式 AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4
圧縮形式 AVCHD: MPEG-4 AVC/H.264
MP4: MPEG-4 AVC/H.264
ISO感度
(推奨露光指数)
静止画撮影時:ISO100-25600(拡張ISO50)、AUTO (ISO100-6400)
動画撮影時:ISO200-25600相当、AUTO(ISO200-6400相当)
AFモード シングル(AF-S)/コンティニュアス (AF-C)/ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)/マニュアルフォーカス(MF)
質量(g)(本体のみ) 約416g
キットレンズ ズームレンズキット ILCE-7K:FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS

表は「Sony a7」の主な仕様ですが,特に私が気に入っているのが動画撮影時の映像の美しさです。ソニーは昔から動画の分野が得意ですが,AVCHD規格で撮影した動画はとても綺麗だと感じます。


Vimeoに今までの我が家のうさぎたちの動画を載せていますが,どれも鮮明です。またこのカメラ大変軽いのが特徴です。大きさも手にちょうど良いサイズでコンパクトです。本体だけで約400gというのが魅力です。


撮影に使っているレンズの「Leica Summicron-R 50 f/2(R-cam)」は中古カメラ屋で購入しました。このレンズはもともと「ライカR」というフィルムカメラ用のレンズですが,ズミクロン50mmF2の写りは秀逸です。特に動画における写りの良さは抜群です。またF値が「2」で十分に明るく暗い室内でも撮影できることも良い点です。欠点をあげるとすればあまり被写体に寄れない点です。


このレンズはマニュアルのレンズですが,「Sony a7」のピーキング機能を使っているので,ピントの狂いが殆どありません。ライカRのレンズについては,「ライカRレンズの攻略方法」というサイトに詳しく載っています。ライカRのレンズはフィルムカメラで使うとなるとややこしいのですが,「Sony a7」にオールドレンズをつけて使う分には大変楽です。「Rayqual 国産レンズマウントアダプタ leica R マウントレンズ-SONY αEマウントボディー LR-SaE」を使えば簡単に接続できます。

※マウントアダプターはAmazonで扱っています。


Sonyから三つの「G-Master」レンズの発表がありました。詳しくはこちらの記事にあります。


タイトルが"Sony announces the G Master lens line! Announces the 24-70mm 70-200mm f/2.8 GM and the 85mm f/1.4 GM"とあります。動画もこの記事からのものです。今話題のSony A7rIIに付けています。解像度も素晴らしく、Sonynの新レンズに対する意気込みを感じます。動画もかなりきれいに撮れるのでしょうね。


発表されたレンズは
1.FE24-70mm F2.8GM
2.FE70-200mm F2.8GM
3.FE85mm F1.4GM


の三つです。詳しくは「デジカメinfo」にも情報があります。またこちらの記事では、実際にSony A7rIIに装着したイメージを見ることができます。

ilford.jpg

I like firm camera and taking picture with film. My favorite films is the ILFORD. The site of ILFORD is so excellent.

コダックフィルムの終了記事
When I read this article, I was very sorry. Because I like film camera very well and often used to Kodak camera film.

"The firm has already stopped making digital cameras as part of efforts to reduce its losses after filing for bankruptcy protection in January..."

今回紹介する「Camera+」は、「Mostly Lisaというフォトグラファーのブログの中でiPhone用アプリを見つけた。iPhoneにもともとついているカメラではなかなか調節できないコントラストや明るさなどが,このアプリを使うとできてしまう。写真もきれいに撮れることから重宝している。最近購入したiPhone4は,今まで使っていたデジカメよりも画像が綺麗で,それだけで驚いていたのが,このアプリを購入したことで微調整ができるのでさらにスマホでの撮影が面白くなってきました。

こちらにアプリ購入用のリンクがあります。画面一番下のiPhone用か、iPad用をクリックするとiTuneを開くように案内が出てきます。115円→360円で購入できます。この価格でそこそこ綺麗な撮影ができるなら申し分ない気がします。詳しい説明はいくつかありますが,以下の動画が分かりやすいかと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちカメラ関連カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新鋭の写真家です。

次のカテゴリはうさぎの日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス)

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。40代の男性です。ホーランドロップ(5歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
日本の風景写真とストリートスナップ
うさぎのポートレイト作品

このブログのオススメ記事

このブログで使用しているライカのレンズ

ブログのランキング

アーカイブ

GPV気象予報

このブログの紹介記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

かわいいラビットプレートオススメ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VIRGINIA社(ヴィルジニア)陶器ラビットプレート
価格:3024円(税込、送料別) (2016/12/25時点)


朝食用に使っています。思ったより小ぶりのお皿です。

詳しくは「ユニークなうさぎの形をしたプレート」の記事へ

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

おススメのカメラ関連グッズ

ライカレンズの作例が参考になります

ライカレンズについて詳しく載っています

カメラ関連の広告バナー

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。