現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

『ジャック=アンリ・ラルティーグ展』を見に行ってきました

細見美術館でのラルティーグ展のポスター


M8 / Cron 35mm(2nd)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


「アンリ・カルティエ・ブレッソン」といえば有名なフランスの写真家ですが,同じフランスの写真家に「ジャック=アンリ・ラルティーグ」という偉大な写真家がいます。この連休を使って,京都細見美術館で現在開催されている『永遠の少年、ラルティーグ ―写真は魔法だ!―』展を妻と見に行ってきました。この美術館は,平安神宮の近くにあり,ユニークな構造の建物の中にあります。中にはレストランもあり,食事も楽しめます。


ラルティーグは自らをアマチュア写真家と称し,60年以上にわたり自分の楽しみのために写真を撮り続けました。幼い頃から写真に興味を抱き,当時の最新の技術も駆使しながら多くの写真を残してきました。私が興味を持ったのは,「オートクローム」というカラー写真です。コダクロームやアグファ・カラー以前のカラー写真で,ガラス乾版を使うなど露出に時間がかかり,なおかつ現像まで相当手間のかかる方法でプリントします。このカラー写真の低コントラストな色味が大変気に入ってしまい,しばしじっと作品に見入ってしまいました。今のデジタルカメラでは到底表現できないような,興味深い写真作品でした。その他,モノクローム写真も陰影の美しいものが多く,妻のフロレットをモデルとしたポートレイトは光の表現が美しく勉強になりました。この展覧会のポスターを飾っているのもフロレットのカラー写真です。少し前に見たソール・ライター展もよかったですが,このラルティーグ展も大変見応えがありました。


大江能楽堂の舞台


M8 / Cron 35mm(2nd)
AE/ISO 160/RAW
Taken at Kyoto


二枚目の写真は,大江能楽堂の写真です。ラルティーグの展覧会を見た後,京都市役所付近にある大江能楽堂へ行きました。今回は『新作 CLASSICS 狂言』を見ました。狂言を現代風のテーマにアレンジした面白い内容でした。三番あって終始笑いに包まれた楽しい企画でした。昔も今も男女の関係は複雑で興味深いもの。そんな題材をもとに表現されていました。能楽は形式があり,優美でやや難しいものがありますが,一方で,喜劇である狂言は親しみやすく,二時間半があっという間に過ぎてしまいました。ただ,以前訪れた大槻能楽堂と違って大江能楽堂は昔ながらの座敷のスタイルなので,正座がとてもきつかったです...。



にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

【広告】

かいご畑 カンファレンスバナー 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

この記事について

このページは、うさぎの介護人が2018年4月28日 22:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「不退寺の美しい山吹と多宝塔」です。

次の記事は「Leica M8で京都御池通の眼鏡屋を撮る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

ガチャムク

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
エキサイトブログを始めました

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。