現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

2017年11月アーカイブ

智積院の紅葉


Leica M8
Steinheil Munchen Culminar 135mm f/4.5
135mm/f/4.5
AE(1/180s)/ISO 160/RAW
Convert RAW Files to Color image with Photoshop CC


京都の智積院へ撮影に行ってきました。今回は舞妓さんの撮影ができると知って撮影会に参加しました。普段ポートレイトを撮る機会がない私にとって,とてもいい機会に恵まれました。モデルの舞妓さん(もちろん本物の舞妓さんです)は全部で5名いて,講師の先生にアドバイスをもらいながら,紅葉をバックにしながら,様々なシチュエーションを設定してもらいました。Sony α7とライカ M8を持っていき,中望遠系のレンズも色々と試してみました。写真は,撮影の合間に撮った紅葉のクローズアップです。肖像権の関係で舞妓さんをWEB上にアップしてはいけないようでしたので,こちらにしました。背景の薄っすらとした丸ボケと鐘楼の遠景が写っています。充実した一日を過ごすことができました。フォトコンテストもあるようなので,撮影した写真をチェックして期日に間に合わせたいと思います。この写真は500pxに投稿しました

牧草好きな五女うさぎ


Sony α7
Leica Summicron 35mm f/2(Leica R Bayonet)
35mm/f/2
1/20s/ISO 800/RAW
Processing with Photoshop CC


写真は五女うさぎが牧草を食べ始めたところですが,彼女には私は三種類の牧草をあげています。一番下にチモシー牧草の一番刈り,真ん中にバミューダグラス,一番上にオーツヘイをのせます。五女うさぎはとにかくオーツヘイが好きで,ペレットよりも先に食べ始めます。その後,残りの牧草を食べますが,時間をかけて食べているようです。ほとんど牧草を食べてしまっていることがほとんどです。おやつを途中にあげ過ぎると残してしまうことがありますので,乾燥パパパイヤやパインはほどほどにしておかないといけません。牧草を食べているときはなぜかしかめっ面の五女うさぎです。体重も測りました。2252gありました。2200g代をキープしてくれていて安心しました。


牧草をよく食べるうさぎ


Sony α7
Leica Summicron 35mm f/2(Leica R Bayonet)
35mm/f/2
1/15s/ISO 800/RAW
Processing with Photoshop CC


今日もよく牧草を食べていた五女うさぎ。昨年12歳で亡くなった次女うさぎも大変牧草好きなうさぎでした。牧草をよく食べるうさぎは,胃腸の消化・吸収力もよくあるような気がします。次女うさぎはほとんどお腹をこわさなかったことと,お腹を触ってみたとき,いつもぷにょぷにょしていて柔らかい状態でした。これは,胃腸の調子が良かった証拠だと思います。


五女うさぎも牧草が大好きで,ペレットより牧草を先に食べているシーンをよく見かけます。今日もそうでした。特にオーツヘイが好きで,食べ始めはいつもこの牧草です。甘さもあって美味しいのでしょうか。この調子で鬱滞を起こすことなく,無事に寒い冬を乗り切ってほしいです。我が家では,五女うさぎの部屋はいつも温度管理をきちんとしています,なので常に暖房で温かくホカホカです。

Kyoto #58 by Hiro _R on 500px.com


Leica M8
Xenon 50mm f/1.5
50mm/f/1.5
1/2000s/ISO 160/RAW
Processing with Photoshop CC


京都祇園の花見小路での写真です。少し西へ入った通りで何となく目に入ったシーンでした。ちょこっと植えてある植物の葉に注ぐ太陽光の反射がきれいでした。クセノンレンズの色味は低いトーンで派手さがなく自然な感じです。RAW現像の段階でWBを日陰にして,彩度を微調整しできるだけいじらないようにしました。このレンズの場合はほとんどそのままの方が,柔らかくいい味を出しているような気がします。


さて,使ったレンズですが,中古カメラ屋を周っていて,テーラーホブソンのクセノンレンズを見つけました。このレンズはドイツにある名門光学メーカーのシュナイダーから供給を受けたレンズです。ライカ M8につけて,その場で何枚か試写をさせてもらいました。独特の写りというか,低いコントラストと開放でのソフトな写りが魅力的で,このレンズは欲しいと思い購入しました。ただし,レンズは結構曇っていて,鏡胴も傷が多いです。クセノンレンズは6504本の生産で,酷使されたものも多い気がします。いい状態のものはあまりみかけません。こちらのサイトからの引用で,クセノンレンズのシリアルナンバー(SN)の表を載せておきます。

【Xenon f= 5 cm 1:1.5 Serial Numbers】

【SN Start - End】 【Product】 【Year】 【Total】
270001 - 270004 Xenon f= 5 cm 1:1.5 1935 4
288001 - 290000 Xenon f= 5 cm 1:1.5 (3-ring)
(Taylor-Hobson)
1936 2000
375501 - 377000 Xenon f= 5 cm 1:1.5 (3-ring,4-ring)
(Taylor-Hobson)
1937 1500
426001 - 427000 Xenon f= 5 cm 1:1.5 (3-ring,4-ring) 1938 1000
490001 - 492000 Xenon f= 5 cm 1:1.5 (3-ring,4-ring) 1939 2000

割り当てられたシリアルナンバーの合計は,1935年~1939年で「6,504」です。私の持っているクセノンレンズは4-ring,37万番台なので1937年製です。

ドタ寝の五女うさぎ


今日のお昼頃,五女うさぎの様子を見に行ったら,写真のように彼女は倒れ込んで寝ていました。具合が悪くなったのかと心配してしばらくお腹の辺りを見ていたら呼吸はちゃんとしていて,よく見ると熟睡していました。お騒がせなうさぎです。


私が側に近寄っても気付く様子がなく,かなり眠りこけていました。野生のうさぎなら考えにくいことですが,ペットうさぎは,本当に熟睡しているようです。このようなドタ寝をしている五女うさぎを見たのは初めてですが,先代ロップの三女うさぎもよくこの格好で寝ていたので,ロップ特有のリラックスした寝方のようですね。ちょっと可笑しくて写真をこっそり撮ってみました。

庭園の紅葉


京都を越えて,滋賀県八日市市に行ってきました。ローカルな近江鉄道に揺られ,東近江の風景を楽しんできました。昼には庭の紅葉を眺めながら懐石料理をいただきました。SDカードを忘れてしまい,今回はライカ M8ではなく,スマホで御簾越しの前庭の紅葉を撮影しました。痛恨のミスです...。


懐石料理と紅葉の葉


料理を彩る紅葉も大変きれいでした。料理人さんが裏山で自ら取って来られたそうです。ゆったりとした一時を過ごした休日でした。ごちそうさまでした。

いくらと蛤の和え物
カラスミ大根、海老芋、栗の天ぷら
雲丹となめ茸 わさびのせ

近鉄高の原駅


Leica M8
Leica Summar 50mm f/2(Nickel,Screw Mount)
50mm/f/2.2
AE(1/3000s)/ISO 320/RAW
Convert RAW Files to Monochrome image with Photoshop CC


夕刻の近鉄高の原駅を撮りました。この駅は奈良県と京都府の県境にあります。駅近くには,巨大なショッピンモールがあり,最近はマンションの建設も急速に進んでいるところです。近鉄の特急が停まる駅なので,通勤など利便性がいいところです。写真はズマール50ミリで撮った,低コントラストな駅からの遠景です。遠目に近鉄車両が写っています。この写真は500pxに投稿しました

ライカM8とノクティルックス50ミリf/1.1レンズの写り

Leica M8
Noctilux 50mm f/1.0(Leica M Bayonet)
50mm f/1.0
AE(1/8000s)/ISO 320/RAW
Convert RAW Files to Monochrome image with Photoshop CC


先日,行きつけの中古カメラ屋さんを伺ったところ,最近いいレンズが入ったから試してみますかと言ってくれたので,「Noctilux 50mm f/1.0」レンズをライカ M8につけて試写してみました(多分3rdタイプだった気がします)。今回は遠景と観葉植物に焦点をあてて撮影してみました。ピントが合っている部分はシャープでなくとても柔らかな写りで,ピント面から奥へ広がる写りは,何とも言えない美しい描写でした。これがノクティルックスの写りなのかと感動したとともに,写真家の方がこのレンズを使いたくなる理由がよく分かりました。ライカのレンズは少しずつ購入してきましたが,あまり高額なレンズは自分のキャパからして買えません。高額なレンズほどいい写真が撮れるとも思っていませんでしたが,この描写を体験してしまうと,このレンズの高性能さと柔らかい描写に言葉が出ない感じでした。


ノクティルックス50mmf/1.0とライカM8


Leica M8
Noctilux 50mm f/1.0(Leica M Bayonet)
50mm f/1.0
AE(1/3000s)/ISO 320/RAW
Convert RAW Files to Monochrome image with Photoshop CC


二枚目の写真は,さらに像の流れが美しいと思ったものです。二枚ともRAW現像していますが,あえてモノクロームにしています。このレンズいいですね。もう少し夕刻から夜にかけて撮ってみたいレンズでした。白昼のため,シャッタースピードが速くなっていますが,開放の写りを試したためこのようになっています。ノクティルックスはいいレンズだと思います。ただ,ライカのレンズに関しては,個人的には"安かろう悪かろう"ではないと思っています。安くてもいい写りのレンズはたくさんあります。この辺りの感覚は麻痺してはいけないなと思いました。何を撮るか,どのカメラを選ぶかもモノクローム写真の要素では大切だと感じます。

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

ガチャムク

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
A delicate memoryA delicate memory #2

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。