現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

2017年10月アーカイブ

Leica M8のライカロゴ


ライカ M8を使い始めて一年が経ちました。このカメラを使ってのレビューを書いてみたいと思います。ライカM型のカメラはフィルムカメラしかもっていなかった私ですが,このカメラを中古カメラ屋で手に取って驚いたのが,M型のフィルムカメラと全く同じコンセプトだったということです。デジタルカメラでかつ距離計でピント合わせるこのスタイルにとても感動しました。


あれからずっとこのカメラを使ってきましたが,カラーの色味がフィルムライクでいいと思いますし,モノクロームは独特の写りの良さを感じます。1000万画素という解像度も十分であり,インクジェットプリント紙に印刷してみると大変美しいことが分かります。特にズマロン28ミリレンズやヘクトール73ミリレンズとの相性が良いです。


Leica M8のバッテリー表示


ライカ M8を使っていて良い点は,二枚目の写真にあるバッテリー残量とSDカードの残り枚数表示が軍艦部にあることです。正直言いますと,バッテリーの残量表示はあまりあてになりません。しかし,あとどれだけ枚数が撮れるかという数字については正確です。M9以降のライカデジタルカメラにはこの表示がついていません。


Leica M8の8000分の1のシャッタースピード


もう一つのアドバンテージは,三枚目の写真のように8000分の1のシャタースピードを持っているところです。ライカ M8.2以降にはこれがありません。このカメラをずっと使っていたいなと思わせる部分はこの辺りに理由があります。特に大口径のレンズを昼間に使うときは,8000分の1は有効です。無理に絞りを絞らなくてもいいからです。


以前,写真家のセイケトミオさんのブログの中でコメントをいただいた内容の中に,CCDセンサーのM9系がセンサーの剥離の問題を抱え,多くのカメラがトラブルに見舞われている中でM8には大きなトラブルが出ていないというお話がありました。これは,M8を使う上での良さであり,中古カメラ屋での価格も20万円台と,M9のだいたい半額,Mモノクロームの約三分の一,M10(新品)の約五分の一の価格です。しかも一年間大きなトラブルもありませんでした。画面が真っ白になって,画像が表示されなくなったことがありましたが,ライカショップでファームウェアを最新のものにしてもらったらその症状は治りました。また時々ファイルが壊れることがあり,ウィルス対策ソフトがこれを検知してスキャンしてしまうとファイルが全て消えてしまいます。一度このミスをしてしまいましたが,むやみにスキャンしなければファイルを消さずに済みます。


また,モノクロームにコンバートしたときのクオリティーがデジタルM型ライカでは初代のライカMモノクロームに次いでM8が良いというのはもはや定評ということでした。画素数が重くなく,モノクロームのクオリティーが高いとなれば,こんなお得なカメラはありません。コダック社のCCDセンサーの持ち味だと思います。発売から10年以上経ったM8ですが,まだまだ使えるカメラですね。以下,私のライカ M8に関するレビューをレーダーチャートにしてみました。メリットデメリットをあげてみましたので参考にしてください。ただし,この評価はあくまで私の個人的な感想なのでその辺りはご理解ください。


ライカ M8の評価とレーダーチャート


京都地蔵院の山門の屋根


Leica M8
Leitz Xenon 50mm f/1.5(Screw Mount)
50mm/f/1.5
1/1000s/ISO 160/Jpeg
Processing with Photoshop CC/ Nik Silver Efex Pro2


写真は,京都地蔵院の屋根を入れつつ,頭上に広がる緑の紅葉を撮りました。奥には竹林も見えています。ライカのクセノン50ミリレンズやヘクトール73ミリレンズは,両者ともモノクローム写真においてその光の捉え方が美しく,太陽光のあたる部分のコントラストが柔らかいです。そのために生まれる臨場感はライカのレンズならではの表現だと感じます。


ライカ M8を使い始めて一年が経ちました。まだまだこのカメラは大きなトラブルもなくきちんと動いてくれています。とても発売から10年以上経過したカメラとは思えない頑丈なつくりです。使っていて心地よいのは,モノクローム写真の描写です。ライカMモノクローム(CCDセンサーのもの)もほしいカメラの一つですが,M8で十分表現できるような気がして,何となく購入しようというところまでいきません(もちろん金額的にも高額すぎて大変です...)。また,ライカMモノクロームというカメラは,レンズをうまく選ばないと表現が難しいようです。以前,フォトヨドバシのライカMモノクロームの記事でそれを知り難しいカメラだという感想を持ちました。鋭い描写をするだけにレンズのチョイスが写真の出来を左右するように思います。同じCCDセンサーのモノクロームとして,M8は優れたカメラであるということは間違いありませんので,レンズを色々と試しながら撮影に励もうと思います。

クセノンレンズと地蔵院


Leica M8
Leitz Xenon 50mm f/1.5(Screw Mount)
50mm/f/1.5
1/1000s/ISO 160/RAW
Convert RAW Files to Monochrome image with Photoshop CC


テイラーホブソンのクセノンレンズに付け替えて,京都地蔵院の木々を撮ってみました。このレンズの独特の写りが私は好きです。今どきのレンズのハイコントラストなくっきりとした描写ではなく,低コントラストでかつアウトフォーカスの描写が何ともいえず美しいと感じます。被写体としたこの大きな紅葉の木の木肌の模様が面白く,二股に大きく分かれていて,人が万歳をしているようにも見えます。この写真はRAW現像においてモノクロームへコンバートしています。500pxに投稿しました

Osaka #63 by Hiro _R on 500px.com


Leica M8
Leica Summaron 28mm f/5.6(Screw Mount)
28mm/f/5.6
1/125s/ISO 160/Jpeg
Processing with Photoshop CC/ Nik Silver Efex Pro2


京都の上桂にある地蔵院の由来は八百年前にあります。藤原家良が山荘を営んだところから始まり,その後室町時代になって,管領細川頼之が伽藍を建立したようです。この由緒ある古刹で,ライカ M8とズマロン28ミリレンズを使って小一時間ほどかけて撮影しました。時間とともに太陽光がきれいに射すようになり,この写真は本堂付近を撮ったものです。紅葉の葉に降り注ぐ光と歴史を感じさせる本堂の雰囲気がとても印象的でした。


先日発売になったばかりの『Leica M10 BOOK (玄光社MOOK)』を買いました。今回は,好きな写真家の一人である石井靖久さんの作品が多く特集で組まれていたからです。石井さんのインスタグラムの投稿でこの本を知りました。


石井さんの存在は,ライカ京都ショップでもらった「LEICA STYLE MAGAZINE」というフリーの小冊子中の「情熱写人」という連載記事で初めて知りました。セイケトミオさんとの出会いからモノクロームの作品に傾倒していったそうで,ハービー・山口さんをはじめとするライカ写真家からの評価が高く,ポーランドをはじめとしたヨーロッパを中心に活躍されています。モノクロームに少しアクセントになる単色を入れるなど大変印象的な作品です。石井さんの「脳の個性」による,人それぞれの感性やスタイル,それをライカのレンズを通して表現する写真の在り方の記事は面白かったです。


この本は,その他ライカ M10といくつかのオールドレンズとの相性,現行ライカレンズの特性とMTF曲線を載せてくれているので,レンズの特色がよく分かるようになっています。オールドレンズ紹介では,私の好きなシュタインハイル社のレンズなど,結構マイナーなものまで紹介されてあって楽しく読めました。ライカ M10を持っていなくても,世界的な写真家の作品やその作品づくりにおけるコンセプトなどを知ることができて十分面白い内容となっています。

グランフロント大阪南館の風景


Leica M8
Leitz Xenon 50mm f/1.5(Screw Mount)
50mm/f/1.5
AE(1/500s)/ISO 160/RAW
Processing with Photoshop CC


久々にカラーの写真を500pxに投稿しました500pxをはじめてから今年でほぼ5年になります。当初は我が家のうさぎの写真を中心に写真をアップし続けていたのですが,そのうち風景写真や神社仏閣の写真も加わるようになり,見ていてただの自己満足なごっちゃな写真群になっていきました。


そんな折,アメリカの女性フォトグラファーのフォロワーさんからメッセージをいただき,アカウントをもう一つ作って風景などの写真をうさぎと別にするといいとアドバイスをいただき早速実践しました。それから写真をアップし続けて現在に至っています。途中で500pxの仕組みがしんどくなった時期もあり,一度止めようかと考えた時期もありました。しかし,現在では気持ちを新たにして,自分なりのテーマを持って写真を投稿するようにしています。そうすることで写真が随分以前より楽しくなりました。単に日本の風景を撮っていても変化がないですし,同じ奈良や京都,大阪をテーマに撮るにしても何か自分なりの視点を持ちたいと模索中です。


本題のこの写真ですが,ライカ M8の美しい色味とクセノンレンズの美しいフォーカスアウトがお気に入りです。グランフロント大阪南館内の看板の先にピントを合わせました。オールドレンズならではの光の表現だと感じます。ホワイトバランスはカメラ側で設定している「昼光」のままRAW現像しています。

グランフロント北館内のカフェ


Leica M8
Leitz Xenon 50mm f/1.5(Screw Mount)
50mm/f/1.5
AE(1/180s)/ISO 160/Jpeg
Processing with Photoshop CC/ Nik Silver Efex Pro2


グランフロント北館内のカフェを上から見下ろす感じで撮りました。丸い照明がおしゃれな雰囲気を出していました。Jpegのモノクロームファイルに「Nik Silver Efex Pro2」でダークセピア調のフィルタ効果を適用しました。昼間ですが,夜のような雰囲気が出ています。一連の撮影では「UV/IRカットフィルター」を私は持っていないので使っていません。テーラーホブソンのこのクセノンレンズにはフードもフィルターもなしで撮影しています。

グランフロント北館の階段より


Leica M8
Leitz Xenon 50mm f/1.5(Screw Mount)
50mm/f/1.5
AE(1/1000s)/ISO 160/Jpeg
Processing with Photoshop CC/ Nik Silver Efex Pro2


いつもはグランフロント南館で撮影することが多いのですが,今回は北館で撮りました。北館と南館の間の通路付近で,ビルに反射して写っている木々がきれいだと思いました。ライカ M8で切り取る50ミリは約65ミリとなります。ちょうどいい構図になりました。画面右側の木々と太陽光のめぐりがクセノンレンズならではの味だと思っています。

梅田の路上における路面反射


Leica M8
Leitz Xenon 50mm f/1.5(Screw Mount)
50mm/f/1.5
AE(1/90s)/ISO 160/Jpeg
Processing with Photoshop CC/ Nik Silver Efex Pro2


雨の日の大阪駅へ向かう途中の道路での美しい路面反射。思わず傘をさしながらライカ M8で撮りました。クセノンレンズの淡いトーンの描写に魅せられて,この写真を500pxに投稿しました。背景の木々のボケ味や手前の路面との対比が面白く,フォーカスアウトの部分が光が巡るような写りになっていると思います。

梅田第二ビル付近


Leica M8
Leitz Xenon 50mm f/1.5(Screw Mount)
50mm/f/1.5
AE(1/250s)/ISO 160/Jpeg
Processing with Photoshop CC/ Nik Silver Efex Pro2


クセノンレンズをライカ M8に付けて雨の梅田を撮影しました。写真は第二ビル付近にある広場に咲く木々を撮りました。雨の雫の滴る葉のイメージをクセノンレンズの低コントラストと背景のきれいなボケで表現してみました。バックにはハービスプラザなどのビルがうっすら見えています。セピア調のモノトーンの写真にしています。この写真は500pxに投稿しました

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

ガチャムク

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
A delicate memoryA delicate memory #2

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。