現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

2017年8月アーカイブ

L1079482_1.jpg


Leica M8
Leica Summar 50mm f/2(Nickel,Screw Mount)
50mm/f/2.2
1/500s/ISO 160/RAW
Processing with Photoshop CC


法隆寺の撮影の続きです。寺院全体を囲うように建てられた廻廊の柱の美しさには目を奪われます。法隆寺では廻廊も国宝となっています。ライカ M8に付けるレンズをズマール50ミリに替えてこの写真を撮りました。いくつもある柱の中でも木目の美しいものを対象にして,その奥行きと陰影を捉えるようにしました。ズマールレンズのフォーカスアウトの描写が何ともいえず柔らかく,開放から少しだけ絞った描写にオールドレンズの味わいを感じます。この写真は500pxに投稿しました

法隆寺の大木


Leica M8
Leica Summaron 28mm f/5.6(Screw Mount)
28mm/f/5.6
1/250s/ISO 160/RAW
Processing with Photoshop CC


大和郡山を散策したあと,法隆寺へ撮影に行ってきました。法隆寺へはJRで行くのが便利です。ただ,駅からのバスは一時間に三本しかありません。タクシーで行くなら950円ほどで行くことができます。法隆寺は世界遺産に登録されていますが,薬師寺のように駅近(近鉄西ノ京駅から歩いて一分)ではありません。


多少交通の便が悪いくらいの方が,観光客が少なくて個人的にはいいと思っています。奈良の神社仏閣は,京都のようにある一定の区域に集中しているわけではないので,一日に行ける寺院や遺跡はどうしても限られてきます。観光客も近鉄奈良付近の興福寺や東大寺付近は大変多いですが,この法隆寺のように地方へ散らばってしまうと観光客も分散されます。


かつての飛鳥の宮都の中心の一つであった法隆寺。私はこの寺院の伽藍配置や五重塔のフォルムがとても好きです。大阪の四天王寺のように,塔や金堂などが一列に並ぶのではなく,塔と金堂が横に並列されていて,そのバランスが心地よく思えます。法隆寺はもともとはこの場所に建てられたわけではなく,一度焼失した後に再建されたというのが今では定説です。若草伽藍跡が発掘されたことで,この再建説が定着しました。


今回は,法隆寺の境内にある大きな木に注目しました。陽射しが柔らかく木に降り注ぎ,その質感と背景の回廊がいい感じでした。この法隆寺とともに歴史を歩んできた感じのするこの大木。背は高くないですが,風格がありました。レンズはズマロン28ミリを使っています。モノクロームの木の幹のごつごつした質感の描写はこのレンズならではの柔らかさだと思います。この写真は500pxに投稿しました

難波パークスの木々


Leica M8
Leica Summitar 50mm f/2
50mm/f/2
1/2000s/ISO 160/DNG


難波パークスからエスカレーターを降りて,難波駅へ帰ろうかという時に見つけた大きな木。今年は梅雨っぽくなかったですが,7月と8月にはよく大雨が降っている気がします。そのせいか,木々の緑がより美しく感じます。この写真でも夏っぽい感じが出ていてズミタール開放による木の葉のボケが少し涼しさも感じさせます。よく見たら,木に何かの虫も止まっていて休憩していました。

先日,「世界報道写真展 2017」を見に行くために梅田へ出ました。展示会場はハービスOSAKAの地下二階のホールでした。昨年の展示も見応えがありましたが,今年の内容もさらに良かったと思います。世界の時事ニュースを知ることができると同時に,報道写真の大変さというか難しさを感じました。写真は,私たちが見たくないものも写し出すことがあります。現実に目を背けることもできますが,写真家たちの真実を伝えたいという強いメッセージが,時には私たちの心を動かします。


ニュース部門の受賞作品は,見ていて辛いものも多かったです。個人的に動物が好きな私は,クロサイが密猟で角をもぎ取られてしまったシーンがショッキングでした。サイは既に亡くなっている状態とはいえ,心が痛かったです。一方でサイを手術して助けようとしているシーンもあり,少しホッとしましたが,動物保護区の中にいるにも関わらず,お金のために密猟で象牙やサイの角を乱獲し,そのためにたくさんの罪のない動物たちが殺されるのは本当に悲しいことだと思いました。


その他,スポーツ部門や長期取材部門など多彩な写真家たちの作品には圧倒されました。特に長期取材というのは命懸けであり,写真家の中でも過酷な分野だと感じます。また死を覚悟した強い精神力と心の軸みたいなものを持っていないと,このような取材はできないと感じました。

このアーカイブについて

このページには、2017年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年7月です。

次のアーカイブは2017年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

サーチプラスforペット

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
A delicate memoryA delicate memory #2

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

AHYP Cream アイプクリーム19.5g
価格:1882円(税込、送料別)

次女うさぎに毎日尿かぶれした患部に塗っていたAHYP(アイプ)クリームです。この軟膏を扱っている「ベッツジャパン」からの説明を引用します。「アセチルヒドロキシプロリンは、コラーゲンの主要成分であるヒドロキシプロリン(コラーゲンの成分のうち約10%以上を占めます。)を、アセチル化したもので、良好な溶解性、浸透性、および高い保湿性を有しています。『アイプクリーム』は、このアセチルヒドロキシプロリンを2.5%含有するクリームです。本品のアセチルヒドロキシプロリンは、動物原料を使用せず、発酵法により製造したヒドロキシプロリンからつくられています。」と解説にありました。

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。