現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真について綴ります。

Leica R4s-2を使う

| コメント(0)

2005年8月から「うさぎ三姉妹日記」でスタートしたこのブログですが,2017年に入り12年目になろうとしています。途中で中断した時期もありましたが,ここまで続けられたのもご訪問してくださる方々のおかげです。「うさぎの介護日記」とブログ名を変えてからは,ほとんどがうさぎの介護関連のキーワードから検索されてブログの訪問につながっていました。しかし,昨年「うさぎとライカの写真日記」にブログ名を変更してからは,ライカ関連のキーワードでも検索エンジン経由で来ていただいています。ありがとうございます。


Leica R4sとSony a7との比較


もともと「Leica M1+Summaron 35mm f/3.5」から私のライカとの付き合いが始まりましたが,今ではライカR型にも興味を持ち,少しずつレンズの種類も増えてきました。日々フィルムカメラも含めて撮影に出かけています。今回紹介するカメラは,昨年末に中古カメラ屋を周っていて見つけた「Leica R4s-2(Mod.2)」です。この「Leica R4s」は使ってみて小さくて手に収まりのいい優れたカメラです。ファインダーもコントラストがあり明るくクリアで見やすいです。


「Leica R4」はミノルタのXDをベースにしていると言われますが,この「Leica R4s」はさらに使い易く作られていて,「Leica R4」の普及版カメラです。「Leica R4」に5つある露出モードが3つに省かれていますが,その他の機能は「Leica R4」と全く同じです。二枚目の写真のようにこのカメラはかなり小型です。Sony α7と比較してもあまり大きさは変わりません。「Leica Summicron 50mmf/2」を付けて早速撮ってみましたが,シャッターボタンが最初は少し重く感じたものの慣れてくると心地よい押し具合です。スコンという感じの少ししっかりしたシャッターボタンの感触です。それだけにしっかり写真が撮れている気分になります。巻き上げレバーも「Leica R4」と違い,全面ポリカーボネット樹脂で覆われてデザインが変更されています。


Leica R4s(Mod.2)のボタン


二枚目の写真のように私の購入した「Leica R4s-2(Mod.2)」は「Leica R4s(Mod.P)〔アメリカ国内で販売されたもの〕」という機種とともに1985年末から1988年にかけて約7000台弱が生産されたR4sの後継機モデルです。R4sと共にブラッククローム仕上げしかありません。露出モードは,全面測光は「絞り優先自動露出」,スポット測光は「絞り優先自動露出」と「マニュアル露出」の三種類です。R4はこれに全面測光の「プログラム自動露出」,「シャッター優先自動露出」が付いてきます。私はいつも露出計を使って写真を撮っているので,「マニュアル露出」を好んで使っています。絞りを先に決めてシャッターボタンを半押しすると,適当なシャッタースピードをファインダー画面右側にLED表示で点灯してくれます。このとき二個のLEDが点灯しているときは,絞りを半絞り絞り調整します。この辺りは大変良くできたカメラだと感じます。露出補正セットもR4の押しボタンからスライドスイッチに変更されていて使い勝手がいいです。ただ,電気系統は一度故障すると,修理が困難です。場合によっては使い捨てに成りかねないことを覚悟しています。


最近のライカR型一眼レフカメラは,中古価格が軒並み暴落しているように思います。このモデルも生産台数が少ないにも関わらず,状態も良いのに二万円しませんでした。中古カメラ屋でもライカR型カメラを昨年後半から多く見かけるようになりました。手元に持っているとどんどん価値が下がるので,早く売りに出そうという動きかもしれません。ライカR型カメラはもともと人気があまりないので仕方ないですね。私などからすると大変手が届きやすくなり逆にありがたいのですが。


まだフィルムを全部取り終えていないので現像はできていませんが,またネガ現像ができればアップしてみたいと思っています。以上「Leica R4s-2(Mod.2)」の使用レビューでした。


※追記です。Leica R4s(Mod.2)の評価もレーダーチャートにしてみました。私なりの評価なのでご了承ください。耐久性は電気系統のトラブルのリスクがあるので評価は「2」,フィルム装填は,Casca Iよりは入れやすいですが,スプロールへの引っ掛け方がやや分かりにくいので「4」としました。その他,軽さはつくりが良く小ぶりな割には重たいので「3」,コスパと操作性(使い勝手)は抜群ですので「5」としました。


ライカR4sの評価チャート



【広告】

アイリスプラザ 定期 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

コメントする

この記事について

このページは、うさぎの介護人が2017年1月 1日 22:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「みなさん良いお年を!」です。

次の記事は「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。40代の男性です。ホーランドロップ(6歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真作品
うさぎのポートレイトシリーズ

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

かわいいラビットプレートオススメ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VIRGINIA社(ヴィルジニア)陶器ラビットプレート
価格:3024円(税込、送料別) (2016/12/25時点)


朝食用に使っています。思ったより小ぶりのお皿です。

詳しくは「ユニークなうさぎの形をしたプレート」の記事へ

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。