現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

2017年1月アーカイブ

日光浴をする五女うさぎ


Sony α7
Leica Elmar 65mm f/3.5(Visoflex)
65mm/f/3.5
1/800s/ISO 125
Effect with Photoshop CC


今日は天気がよかったので,日光浴をした五女うさぎ。ところが,何故かサークル内の環境が気に入らないらしく,マットをホリホリしてめくってしまいました。


うさぎ用のファルキサシン点眼薬耳の腫れの経過観察のために先日動物病院へ連れて行った五女うさぎ。また耳の膿が少しだけ溜まっていました。左眼に目ヤニが最近目立ってきたのでついでに診てもらいました。そうしたら眼が少し赤くなっていて炎症を起こしているとのことでした。


今回初めての種類の目薬である「ファルキサシン点眼薬」を処方されました。眼の炎症に効くようです。この点眼薬は「オフロキサシン」のジェネリックです。感染症に用いる点眼薬とのことです。

ブロッコリーの葉を好きになった五女うさぎ


Sony α7
FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(Kitlens)
28mm/f/3.5
1/15s/ISO 1000/RAW
Effect with Photoshop CC


今までは,ブロッコリーが嫌いだと思ってあげていなかった五女うさぎですが,最近食欲不振になって以後は,急にブロッコリーの葉を食べるようになりました。うさぎの嗜好というのはよくわからないところがあります。今までは全然食べなかった野菜や牧草を急に食べだしたりするからです。


耳の腫れの方は,随分良くなってきた五女うさぎ。投薬が効いているようです。現在処方されている薬は以下のものです。

バイトリル錠・・・動物用抗菌薬です。
プロレン錠・・・プレドニゾロンを主成分とするステロイド薬です。
ペラプリン錠・・・腸蠕動薬のプリンペランのことです。
・ビオフェルミンR錠・・・抗生物質と一緒に摂取しても死滅しない「耐性乳酸菌」です。

薬の投薬に抗議する五女うさぎ


Sony α7
FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(Kitlens)
28mm/f/3.5
1/15s/ISO 1000/RAW
Effect with Photoshop CC


以前五女うさぎの耳が腫れた件で,動物病院へ行ったことを記事にしましたが,その後再び耳が腫れてきて,急遽妻が動物病院へ連れて行ってくれて,診察をしてもらいました。詳細に調べてもらったら,耳の内側にぷっくりとした腫れが二か所ありました。


前回の耳の腫れによって耳の軟骨のところに隙間ができ,そこへ膿液が溜まったようでした。嚢腫というのでしょうか,耳は薄いので嚢腫ができるのはかなり稀な例のようでした。脚などの皮下にできることはあるようですが,耳にはあまりできないようです。何か菌がついたか原因がよくわかりません。結局嚢腫は切開してつぶしてもらいました。本人は痛かったのか,その後はしばらく耳を触らせてくれなかったようです。


ところで,この後家へ帰ってきてから投薬を開始しました。また私が抱っこして,妻が投薬するパターンの生活が始まりました。五女うさぎは三女うさぎと違ってとにかく抱っこが大嫌い,いつも逃げ回って捕まえるのに一苦労です。一枚目の写真は投薬に断固抗議する五女うさぎの姿です。今日は藁ハウスに立てこもってしまいました(笑)


薬の投薬を嫌がる五女うさぎ


初めはすっぽりと自分の体を隠していたつもりでしたが,私が可笑しくなって写真を撮り始めたらすぐに二枚目のように顔を隠してしまいました。頭隠して尻隠さずの状態でした。とても面白い光景でした。五女うさぎとしては必死に抗議していると思われますが,耳の腫れを抑えるためにも薬を飲むことを頑張ってもらわないといけません。

Kyoto #10 by Hiro _R on 500px.com


Casca I
Steinheil Munchen Culminar 50mm f/2.8
50mm/f/2.8
1/50s/ISO 100
Film: Fomapan 100 Classic
Effect with Photoshop CC/ Nik Silver Efex Pro2


やっとネガ現像を取りに行ってきました。Casca Iで以前京都の相国寺を撮った時の写真です。京都御所の北の門,今出川御門の前の通りを北上すると相国寺があります。同志社大学の今出川キャンパスの隣に位置します。


相国寺は室町時代の1392年に完成しています。法堂はこの寺院の中心的な建築物であり,「蟠龍図(ばんりゅうず)」という天井画が有名です。狩野光信の筆とされ彩色も大変綺麗に残っています。特定の場所で手を打つと反響するため「鳴き龍」と呼ばれます。円の縁あたりで叩くと,鳴いているように響き,立つ位置がずれると聞こえません。


この法堂は足利義満の命により建立されましたが,その後火災や応仁の乱などの戦火により,何度となく焼失しています。江戸時代初期の1605年,豊臣秀頼の寄進により,5回目の再建となり日本で最古の法堂建築となっています。


カルミナー50mmf/2.8レンズ


二枚目の写真にあるようにCasca Iに付いているカルミナー50mm f/2.8のレンズは交換レンズはありませんが,外すことができます。同じカメラどうしならレンズが傷んだ場合に交換可能です。撮影フィルムは,「Fomapan 100 Classic」を使いました。幅広いグレーの階調を表現できる特色のあるフィルムです。写真の法堂前の松林の木々のディテールがきれいに出ています。Photoshop CCでトーン補正のみ行い, Nik Silver Efex Pro2でソフトセピアを適用しました。中央には参拝後の着物姿の女性が写っています。法堂との対比のため被写体に入れました。

飛鳥寺の入口


甘樫丘の後は,明日香村の田園風景を撮りました。近くには飛鳥寺があり,止利仏師(鞍作鳥または鞍作止利)作の日本最古の仏像である飛鳥大仏とも呼ばれる釈迦如来像があります。ここでは,畳敷きの部屋に座り,目の前で釈迦如来像を拝むことができます。こんな間近で仏像を拝見できる寺院も珍しいと思います。


この飛鳥寺の釈迦如来像は破損により修理を繰り返してきたため,お顔がつぎはぎだらけで歴史を感じます。石舞台古墳からはバスですぐの場所にあり,広めの駐車場もあります。飛鳥寺を抜けると奥に蘇我入鹿の首塚があります。ここはまさに飛鳥の宮都だったことが伺えます。飛鳥寺は法興寺とも呼ばれ,蘇我馬子が建立しました。当時はかなりの大きさだったようですが,鎌倉時代(1196年)に消失してしまいました。奈良市にある元興寺は平城京への遷都と共にこの寺院が移されたもので,今は当時のものとしては飛鳥大仏のみが残っているという感じです。


明日香村の田園風景はここだけでなく,バスで巡っていると多く見られます。のどかな雰囲気とかつての歴史を感じさせる寺社仏閣のコントラストが見事な場所です。甘樫丘からの眺望と合わせ,飛鳥時代の雰囲気が色濃く残された歴史ある原風景ではないかと思います。

食欲が回復した五女うさぎ


Sony α7
LeicaR Summicron 50mm f/2(Type2)
50mm/f/2
1/125s/ISO 800
Effect with Photoshop CC


このところずっと食欲が落ち込んでいた五女うさぎ。ようやく回復してきました。およそ一週間かかりましたが,この間色々と五女うさぎに異変がありました。


まず,急に五女うさぎの左耳が大きく腫れました。耳もすごく熱くなっていました。全くの突然です。当初は動物病院では耳血腫かもしれないと言われましたが,はっきりと断定できるものでもなく様子を見ようということで,腫れが引くのを待ちました。その結果,三日くらいしたら急速に腫れは引いてきましたが,腫れと同時に起こっていた食欲減退が続きました。好物の野菜もペレットも全く食べない状態がしばらく続き,うんちもほとんど出ませんでした。私たち夫婦もかなり心配して何とかおやつなど食べてくれそうなものをあげたりしていましたがダメでした。


その後,何度か動物病院へ通い,皮下点滴やお腹の痛み止めをしてもらいました。そうしたら少しずつ食欲が回復しました。うんちも細々と出てくるようになったので,以前三女うさぎや五女うさぎが鬱滞を起こしたときに実行した温タオルをお腹にあてることを何度も実施してみました。我が家では60度のお湯で温めた温タオルを用意して,ビニール袋に入れ,五女うさぎのお腹にあてています。最初は少し熱く感じますが,季節的なこともありすぐに冷めてきます。五女うさぎは気持ちがいいのかタオルの上でじっとしてくれました。繰り返すうちに徐々に食欲が回復し,ペレットや野菜も食べてくれました。


今朝もペレットをがつがつ食べ,ニンジンとチンゲン菜,牧草をよく食べています。眼もまん丸になり,しかめっ面がなくなりました。本当に回復して嬉しいです。うさぎの鬱滞は突然やってきます。今回はお腹の張りがあまりなかったことから,細菌などによる耳の感染と腫れ,それによる痛みと食欲の落ち込みなのではと考えています。病名を診断されたわけではないので,あくまで推測です。耳の腫れも病院での診断と他のサイトを検索して調べた症状などとも違う感じがしますので,耳血腫ではないようです。犬や猫には耳血腫の症例があるようですが,うさぎでは稀です。

食欲減退の五女うさぎ


Sony α7
LeicaR Summicron 50mm f/2(Type2)
50mm/f/2
1/50s/ISO 400
Effect with Photoshop CC


このところ食欲が減退している五女うさぎ。ちょっと心配しています。温タオルをお腹にあてたり,動物病院から処方されたプリンペランを二日ほど投薬しましたが,ペレットにあまり手をつけず,かといって元気がないわけではない感じです。


ただ写真のようにじっとしかめっ面をしている場面もあり,お腹が痛いのか,あるいは歯が痛いのか色々と原因が考えられます。また近いうちに動物病院へ連れて行って歯のチェックもしっかりしてもらおうと思っています。昨日は食べていたニンジンなどの野菜も今日はあまり食べていなかったので,少しだけ流動食をあげました。強制給餌はとても嫌がり,かなり抵抗されました。四女うさぎのようにじっと寝ている時と違い,激しく動いてしまう五女うさぎへの強制給餌は難しいなと感じました。

お腹の調子が悪くなった五女うさぎ


Sony α7
LeicaR Summicron 50mm f/2(Type2)
50mm/f/2
1/100s/ISO 1000
Effect with Photoshop CC


昨日まで藁ハウスで戯れて,私のお腹マッサージを受けていたはずの五女うさぎ。今朝は急にお腹の調子を崩しました。トイレを見るとうんちが全然出ていません。ちょっと表情も冴えませんでした。


藁ハウスと五女うさぎ


妻がその後は面倒を見てくれて,何度か温タオルをお腹にあてたり,マッサージを長い時間続けたりして,ようやく夕方にはうんちが少しずつ出てきました。うさぎの鬱滞は突然やってきます。昨日の夜までとても元気だったはずが,朝に急にお腹の調子が悪くなるという事態はよく起こり,予想ができません。ラビットメディスンという本などを見ていると,うさぎの腸は相当細長い構造なので,いつ詰まってもおかしくないなと感じます。草食動物なりの構造なのかなと思います。


藁ハウスで遊ぶ五女うさぎ


夜には,写真のように藁ハウスをくぐったりして,いつものように遊んでいました。夫婦でホッとした次第です。ただまだ本調子ではなく,ペレットを完食するのに時間がかかっています。もう少し様子を見ないといけません。

うさぎにも使えるバリカン


今回は我が家で最近使っている,五女うさぎの汚れたお尻周りをきれいにする静音のバリカンを紹介します。最初の写真はバリカンのパッケージです。もともとは犬用のバリカンですが,最近通い始めた動物病院でも使われていたことから,とてもいいと思いAmazonで購入しました。


バリカンのパッケージ裏


Amazonのバリカンのカテゴリーでも人気ナンバーワンだったこのバリカン,身だしなみ用と部分用と使い分けもできます。パッケージ裏にもその説明が書いてあります。うさぎのお尻周りには身だしなみ用の説明にあるようにアタッチメントをつけて使うのがいいと思います。


うさぎに使える静音のバリカン


パッケージから取り出したバリカン本体の写真です。アタッチメントは小さめのものをバリカンに付けます。バッテリーで充電します。充電は8時間以上かけておこないます。


うさぎに使える静音バリカンの裏側


こちらはバリカンの裏側の写真です。持ち手は使い勝手のよい大きさでしかも軽いので手が疲れません。アタッチメントは付けなくても使用できますが,刃がむき出しでうさぎが暴れた場合には危ないので,アタッチメントを付ける方が安全だと思います。


お尻周りの汚れたうさぎ


この写真は,最近バリカンを使用した時の五女うさぎのお尻周りです。初めの写真はお尻周りを汚してしまった時のものです(きれいな写真ではありませんがご了承ください)。なぜか自分ではきれいにできないようで,うんちがこびり付いて固まってしまっています。


バリカン終了後の五女うさぎ


洗面所でお尻周りのこびり付いたうんちを洗い流します。その後バリカンでお尻周りをきれいに刈り込んでいきます。最後の写真は刈り込みが終わった後の写真です。とてもすっきりしました。この犬用の静音のバリカンを使っている最中も五女うさぎは落ち着いてバリカンされていました。音が本当に静かなので,気が散りやすく怖がりのうさぎにはちょうどいいと使ってみて感じました。良かったら,他のうさぎさんたちにも試してみてください。最近このブログのお尻周りのカテゴリーへの検索が多いことが分かり,このレビューを載せてみました。


最後にこの商品のおススメ度をレーダーチャートにしてみました。ご参考にしてください。パッケージの評価は犬しか載っていないこと,中の入れ物が少ししまいにくいことで評価「3」としました。コスパについては,少し高く感じるかもしれないので評価「4」としました。我が家ではいい買い物をしたと感じています。


うさぎに使えるバリカンのレーダーチャート



このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

ガチャムク

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
エキサイトブログを始めました

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。