現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

四女うさぎから学んだこと

| コメント(0)

退院してすぐの四女うさぎ


Sony α7
LeicaR Super-Angulon 21mm f/4
21mm/f/4
1/25s/ISO 1250
Effect with Photoshop CC


以前の記事で四女うさぎの最期の話に少し触れましたが,その続きのような内容になります。初七日も終えて,まもなく亡くなって二週間になろうとしています。まだ四女うさぎへの悲しい気持ちは残ったままです。


ただ,いつまでも悲しんでばかりもいられません。日々の仕事をしながら時々ふとよぎる自分の考えを少しまとめてみました。7月末からの四女うさぎの酷い下痢は,ラビットメディスンなどの本を読んでいると,腸閉塞だったのではと考えます(そういった診断はなされませんでしたが)。毎日順調に食べることができていた流動食ですが,少しずつ消化力が落ちていて,胃に内容物が溜まる事態に陥ったと思われます。


腸の中のものは全て下痢によって外へ出てしまいましたが,入院時のレントゲンでは胃に内容物がたっぷりと溜まっていたので,腸の機能が落ちていたと考えられます。その後ペレットを食べ,水をよく飲んでいたので回復したように見えましたが,それは一時的なことであり,8月初めの退院時には元気がなく家に帰っても覇気がありませんでした。キャリーで連れて帰る時の,しんどそうな表情が今でも忘れられません。


かかりつけの動物病院での入院時の対応ですが,普段から前脚と後脚の痺れにより,四女うさぎはうまく立つことができませんでした。このところずっとしてなかったレーザー治療を病院側が積極的にしていました。ところがいま振り返ってみると,毎日のように実施されたレーザー治療は,四女うさぎの組織を明らかに傷めつけていたような気がしています。レーザー治療は諸刃の剣でして,治療後は確かに前脚や後脚の動きが良くなったように感じますが,効果の持続力が弱く長続きしません。しかもレーザー治療は炎症を起こして治療するというものなので,必ずしもうさぎにとって有用かどうかよくわかりません。


動物病院側は何とか四女うさぎを立ち上がらせようとしていた節があります。しかし,土台それは無理な話。なぜあそこまで毎日のようにレーザー治療をしていたのか私は疑問に思います。あるいは途中で中止するようになぜ求めなかったのかと今は後悔しています。これは推察でしかありませんが,北摂の救急動物病院での血液検査の結果では,細胞が壊れているとされるCRP(C-リアクティブ・プロテイン)の数値がものすごく高く,その点を指摘されました。振り返ってみると,このレーザー治療による炎症が四女うさぎの中でかなり大きくなっていた気がします。その他WBCという炎症を表す数値も血液検査で同時に基準値を超えて高かったです。謎が深まるばかりです。


その他,自宅皮下輸液についても,四女うさぎの体にとっては明らかに負担になってしまったという点です。なぜ,最期の三日間連続でしなくてはいけなかったのか,亡くなった後に悔やんでも仕方のないことですが,不満と疑問が残ります。高齢うさぎにとって,乳酸リンゲル液はある程度は有用でしょうが,瀕死の状態を脱したばかりの四女うさぎには致命的になってしまいました。このような症例は他にはないのかと思い検索してみたら,猫の例ではありますが,最期は肺水腫で亡くなったとされる同じような事例がありました。これだけを原因とするには材料不足ではありますが,疑いは消えません。以下に今回の四女うさぎの様子と似ていた事例をあげてみます。


皮下点滴で急死することはありますか?
皮下点滴で急変、亡くなることはありますか?


四女うさぎや次女うさぎについて言えることですが,調子の悪くなっている老体のうさぎに皮下輸液は危険であるということです。ただし,次女うさぎの場合は自宅で皮下輸液を始めてかなり経ちますので,それだけを原因とするのは無理があると思いますが,こちらも点滴を中止することはできたと思います(水分の吸収力が弱まっていて,心臓に負担がかかっていたと考えられます)。四女うさぎの場合は,当日の朝は流動食を食べていました。ところが点滴後,じっとして長い間食べ物や水を口にしませんでした。そして,夕方になって急に苦しみ出しました。表情がもがくような感じで苦しそうでした。可哀想でした。長く身体が不自由でありながらここまで頑張ってきたことや,救急動物病院で少しですが回復の兆しを見せてくれたこと,そのことには本当に感動させられました。それだけに残念でした。なぜ動物病院側は皮下輸液をすすめたのか...。


話は変わりますが,欧米では,こういった状態の悪いうさぎやペットに対して,安楽死を選ぶ方法が結構とられるようです。ラビットメディスンにも書かれていました。ペットを長く苦しませないという考えからです。日本ではあまり見られないような気がしますが,選択肢の一つでもあります。この判断の良し悪しは分かりませんが,四女うさぎについては,私たち夫婦では最後まで我が家で看取れて良かったと思っています。救急動物病院へも連れていけて本当に良かったです。彼女には苦しみを長く与えてしまった面がありますが,一度は回復傾向を見せたので希望がありました。しかし,今となってはもうその本人がいません。ポカンと心に穴が開いた状態です。


長々と書いてしまいました。今の複雑な心境をそのまま書きました。まだ夫婦の中でも混沌とした思いが消えずに残っています。かかりつけの動物病院の対応に対する不信感も消えません。時間が解決してくれることもあると思いますが,色々と調べていく中でさらに分かってくることもあると思います。今は四女うさぎと次女うさぎの冥福を祈るばかりです。



にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

【広告】

かいご畑 カンファレンスバナー 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

コメントする

この記事について

このページは、うさぎの介護人が2016年8月22日 22:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「次女うさぎが残してくれたもの」です。

次の記事は「興味深いプラチナパラジウムプリント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

サーチプラスforペット

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
A delicate memoryA delicate memory #2

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

AHYP Cream アイプクリーム19.5g
価格:1882円(税込、送料別)

次女うさぎに毎日尿かぶれした患部に塗っていたAHYP(アイプ)クリームです。この軟膏を扱っている「ベッツジャパン」からの説明を引用します。「アセチルヒドロキシプロリンは、コラーゲンの主要成分であるヒドロキシプロリン(コラーゲンの成分のうち約10%以上を占めます。)を、アセチル化したもので、良好な溶解性、浸透性、および高い保湿性を有しています。『アイプクリーム』は、このアセチルヒドロキシプロリンを2.5%含有するクリームです。本品のアセチルヒドロキシプロリンは、動物原料を使用せず、発酵法により製造したヒドロキシプロリンからつくられています。」と解説にありました。

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。