現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

うさぎが突然毛球症になったときの対処法

| コメント(0)

うさぎのお腹をあたためる


三女うさぎが生きていたころのかなり前の話ですが、ある日突然ケージ内に設置していたキューブハウスの上でじっとしていて動かず、ケージの扉を開けても、いつものように走って出てくることもなく、ペレットを入れても食べようとしないことがありました。大好物のパパイヤも口にしない。これはおかしいなと感じて、妻にすぐ動物病院へ連れて行ってもらったことがあります。


診察では、お腹が少し張っていて、毛球症のおそれがあるということでした。その頃の三女うさぎにはところどころに毛の塊りがついていて、頻繁に塊を取ってはいたのですが、それを口の中に入れて飲み込んでいたようでした。皮下点滴や血液検査をしてもらいましたが、動物病院では自分からキャリーを飛び出し、診察が終わってもキャリーへ戻らないという元気さもありあまり重症ではないようでした。


しかし、家に帰ってからもペレットや牧草を食べないので、「旧うさぎと暮らす式マッサージ事典(P.86-87)」か「うさぎと暮らす ホリスティックケア 指圧 マッサージ(P.100-101)」を参考に、写真のように蒸しタオルをビニール袋に入れて、お腹にずっとあててあげ、書かかれてある通りマッサージをしてみました。


最初はタオルが熱かったのか、「熱っ!」とビックリして逃げてしまっていましたが、だんだんと温かさが気持ちいいのかしばらく蒸しタオルの上でくつろいでいたのを覚えています。表情も写真の時よりもだんだんと穏やかになっていきました。この時、動物病院でもらった腸蠕動薬も飲ませたのでうまく腸が動いてくれてその後回復しました。


この蒸しタオルの対策は有用だと思いました。



にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

【広告】

かいご畑 カンファレンスバナー 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

コメントする

この記事について

このページは、うさぎの介護人が2016年5月 1日 01:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「歯形が鼻についてしまったうさぎ」です。

次の記事は「何故か同じ行動をするうさぎたち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

ガチャムク

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
A delicate memoryA delicate memory #2

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。