現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

2006年5月アーカイブ

斜頸にためにリハビリするうさぎ
長女うさぎのリハビリをいま実行している。今日は牧草をあげてみたら、早速むしゃむしゃと以前のようにしゃぶっていた。過去を思い出すかもしれないと急に思いついた策であった。妻が牧草をさらに細かく切ってくれたので食べやすそうだった。歩く方であるが、首が傾いているため、歩き出すと円を描いて進んでしまう。本人は、それが真っ直ぐのつもりだが、実際は円を描いているのである。そこで、妻がサポートして、足を真っ直ぐの方向に向けさせて歩く練習を今日は何回かした。真っ直ぐに進む感覚を覚えてほしいものである。

四女うさぎは牧草を最近はよく食べ、ペレットを食べる量がぐっと減ってしまった。嗜好が変わったのであろうか。今朝は引き出しの掃除中に下に引いてある毛布におしっこをされてしまった。厄介なうさぎである。

一方、次女うさぎはさかんにケージから飛び出してくる。一度飛び出すとなかなか今度は戻ってくれないのが最近の悩みといえば悩みである。

四女うさぎの新居が一昨日に届き、組み立てたり、掃除したりで大変であった。写真のようなニューケージ。四女うさぎの学習能力の足らなさがこういうケージ選びにつながったことはいうまでもない。

このケージは金網式になっていて、でこぼこプラスチックマットを手前に敷いている。床下が引き出しになっていて、うんちやおしっこをどこでしてもOKなつくりである。とにかく朝の四女うさぎの床拭き掃除が楽になった。これはもう革命といっていいくらいの出来事である。捨てて、トイレ砂の入れ替えをさっと行えばよい。朝の五分は貴重と言うが、四女うさぎのおかげで、毎日の朝が憂鬱でならなかったことを思うと、ここニ三日は天国のようだ。

かなり四女うさぎもお気に入りと見える。足もおしっこで汚れないし、うんちも床に落ちていない。私達に頻繁に足をお湯で洗われることもなくなり本人も気楽であろう。このケージには扉が二つついていて、四女うさぎを抱っこしやすい。付属で仕切り用の金網がついていたので、繁殖を考えた時にうさぎ夫婦を離すためのものと思われる。面白い構造である。

最近の四姉妹であるが、牧草入れを買って設置した。それぞれ種類や色が違うが、これも実験である。どの程度利用するかと思いきや、結構それぞれ気に入って牧草を引き出している。こうして入れておくと床に散らからないのでいいということがわかった。長女うさぎは今日もがんばって立ち上がっている。右足が少し動かしにくいのか、バランスがいまいち取れない。なので、マッサージを少しした。足を伸ばしたり縮めたりした。

ところで、先日、次女うさぎの血液検査の結果が出た。今回の結果は次のようであった。

・EC(エンセファリトゾーン症)・・・Nagative(-、つまり陰性) OD=0.343
・PM(パスツレラ症)・・・Positive(+、つまり陽性) OD=0.748
・TC(ウサギトレポネーマ)・・・Equivocal(ボーダーライン、疑わしい) OD=0.399

この結果からわかるように、次女うさぎはまだ症状は出ていないが、パスツレラ症を潜在的に抱えているのであった。パスツレラ症になると、斜頚や顎の腫れや膿がたまったりするようである。またまた心配事が増えてしまった。しかもウサギトレポネーマも疑わしいという結果だ。三女うさぎと同じである。とりあえず、パスツレラ対策としての飲み薬をいただいたが、特効薬ではないので、症状が出始めたらすぐ病院へ行く用意はしておかないといけない。

今朝、「BlogPeopleでは毎日BlogPeopleを利用されているサイトの中から1サイトを抽選で選んで、BlogPeopleのトップページでご紹介するサービスを提供していますが、本日は貴サイトが選ばれました。」という内容のメールが来た。何のことかと思って、普段はリンクリストを作るのに使っているこのサイトをのぞいてみた。「BlogPeople」のトップページに、ラッキーサイトとして私の「うさぎ四姉妹日記」が載っているではないか。ひどく驚いて、自分でも何度か思わず押してしまった。掲載期間は明日の12時までだそうだ。

たまにはいいこともあるものだと、喜んで今度は自分のサイトのコメント欄をのぞいてみると、トラックバックが初めてこのブログに来ているではないか。よく見ると、このブログが紹介されているのであった。「Modern Syntax(モダン・シンタックス)」というブログで、「5月21日のラッキーさん」というタイトルで私のブログが紹介されていた。これまた大変驚きであった。かなりお褒めいただき恐縮ではあったが、うさぎの様子や病気の複雑さ、動物病院のことが、うさぎを知らない方に認識してもらえたのが嬉しかった。あと、ブログの右サイドに使っているパーツなどにも触れていただき、大変嬉しかったし、客観的なご意見をいただき参考になった。これからもこのブログを訪れてくださるユーザーの方のために、ユーザビリティの高いサイト運営をしていきたいと思う。

うさぎのソアホック昨日、次女うさぎの異変に気付いた。久しぶりにケージの外に出し、ふとお尻を覗いたらかなり汚れているのである。三女うさぎと同じ尻かぶれかと思い、慌てて抱っこして、ひっくり返してみたらお尻の周りがかなり黄色くなっていた。

今朝、再び気になってまたお尻をチェックしてみると、何とお尻とかかとに血がついていた。ケージの中にもいくつかの血痕が残っていた。これは一大事ということで、早速今日は妻に病院へ連れて行ってもらった。

子宮の病気かもしれないと思って、診察してもらったら、お尻の汚れは尿やけであった。特にかぶれているわけではなく、子宮の病気ではないようだった。では、血痕は何であろうかと思ったら、何とかかとの毛を分けてみたら、傷が出てきた。診断は「ソアホック」であった。写真の矢印の部分である。巣作りのことや自分の毛をむしっていることも伝えたら、それはストレスによるものだろうということだった。理想的な環境はもう少し広いケージにするか、床に座布団を敷いて、その上にペットシーツを敷き、さらに牧草を敷いた状態だという。しかし、彼女の気性からすると、座布団には穴を開ける、ペットシーツはかわいそうなくらいにボロボロになる、牧草は撒き散らすという結果になるだろう。なので到底不可能である。ソアホックについては、塗り薬ではきっと舐めてしまうだろうということで、飲み薬をいただいて治すことになった。

血液検査をついでにしてもらった。結果は特にどこも異常なし。例のエンセファリトゾーン症などの血液検査は一ヵ月後に結果が出てくる。最近は大人しくいい感じだと思っていたら、実は私の勘違い。ストレスを溜めていたとはつゆ知らず、申し訳ない気持ちだ。

このアーカイブについて

このページには、2006年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年4月です。

次のアーカイブは2006年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

ガチャムク

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
エキサイトブログを始めました

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。