現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

2006年1月アーカイブ

toirede11.jpg今日は最高に寒かった一日。雪が降る予報が出ているが、今のところまだ降っていない。しかし空気の冷たい日々が続く。またあかぎれの復活である。

うさぎのトイレのしつけは、そのうさぎの種類によって決まるようだ。長女うさぎと次女うさぎはミニうさぎである。ミニうさぎの場合、トイレのしつけは比較的簡単である。かなり早い時期から、指定のトイレで用を足していた。もちろん臭いを残すようにして、少し時間はいるのだが。

これに対し、三女うさぎのトイレのしつけはかなり時間を要した。いろいろ調べてみると、ロップイヤーは、ミニうさぎよりトイレのしつけに時間がかかるそうだ。理由は分からない。実際に彼女は、今のトイレにするまでかなり困難を極めた。なぜかトイレで寝てしまうし、肝心な時にはケージのコーナーで用を足してしまう。これを拭いては、トイレに臭いをつけたが、また同じ繰り返し・・・。こんな感じで半年以上を費やした。最近では、全く問題なくトイレでしてくれるようになったが、何かと手間のかかるうさぎである。

tingensai1.jpg今日はことのほか寒かった。シベリアでは、-66℃を記録したという。一体ロシアという国は、何という寒い国なんだろう。ウォッカも飲みたくなる気持ちがわかる。何やらサーカス用の象にはウォッカをあげて体を温めるそうだ。

写真は三女うさぎの幼い頃のもの。うちに来て一ヶ月くらいであろうか。この時期は見る見るうちにうさぎは大きくなっていく。とにかく野菜が好きなうさぎ。以前は白菜を食べる記事を載せた。今回はチンゲン菜。このチンゲン菜のほかに、キャベツ、にんじん、白菜、ブロッコリー、果物ではりんご、みかんなどいろいろと食べてくれるのがうれしい。何かが気になったのか、写真では食べることを中断してよそ見している。

itazura22.jpg最近は、換気もマメにしていて、掃除機もちゃんとかけているので、すっかり空気清浄機を使わずに部屋のコーナーに置いたままであった。その存在を忘れかけていたために、三女うさぎにしてやられるなんて・・・。

今日は悔しい。三女うさぎをいつものように放して走らせていたのはよかった。動画も新しく撮れたし、そこまでは良かった。しかし、最後にしてやられた。

彼女が巡回中に、いつのまにか空気清浄機の後ろに回りこんでいた。そこで、ごそごそしていると思って慌てて確認したのだが、すでに遅かった。コードをかじられていたのである。それも銅線まで咬んでいたので、空気清浄機の電源を入れるわけにいかなくなった。漏電したら大変だ。あぁ、修理に出すか、コードをつなぐか、何か策を考えねば。いつも余計なことをしてくれるうさぎである。

monjirou1.jpg愛を求めて彷徨う旅か 孤独を求めてさすらう旅か 縞の合羽に三度笠 口の楊枝がヒュウと鳴る あいつが噂の紋次郎。

こんなナレーションで有名な随分前のドラマがあった。口の楊枝をくわえる姿が、長女うさぎとダブった。

最近は前歯がガタガタなので、草をパクパク食べるというよりは、しゃぶっている感じである。だからいつまでも草が写真のように口元で動いている。草を柔らかくしないと飲み込めないのである。ちょうどさすらっているように見える。

しかし、今回はえらく長い草を口にくわえたもんである。この後、この草は途中で捨て去られていたが。

gouon1.jpgちょっとだけ暖かくなった。しかし、今日は一日雨らしい。夕方には止むのであろうか。

昨日は三女うさぎの話題だったが、今日もまたまた三女うさぎ。少しホコリと毛が床にふわっと乗ってきたので、仕事から帰って早速掃除機をかけた。相変わらず長女うさぎは恐がる様子はないが、三女うさぎはかなり掃除機の轟音にビックリしていた。

可笑しかったので、写真に撮った。普段垂れている耳が、音とともにピーンと跳ね上がり、目がビックリしている。何なんだ、この音は!ってな感じだ。いつも掃除機には一目置いているようで、三女うさぎはピクリとも動かず、耳で動きを追っている感じだ。あまりの音にさすがにちょっとびっくりしていたようだ。

peppe1.jpg今日もかなり寒い一日だった。

三姉妹たちは今日も元気。仕事から帰って、三女うさぎは私の姿を見ると、その動きにあわせていつも追ってくる。ケージから出せという表現である。しかし、無視して次女うさぎのえさと長女うさぎのトイレを掃除した。痺れをきらした三女うさぎは、トイレと床をドタドタと飛び回る。それでも無視して、長女うさぎにえさをあげる。

そろそろ疲れてトイレに座り込んだ頃、ようやく三女うさぎの出番が回ってきた。扉を開いた瞬間、もう姿がなかった。猛然と走っていた。

彼女はすぐに出してくれないとケージの棒をガジガジとかじるときがある。先日たまたま口に何かかじった拍子にはさまったらしい。走っているかと思ったら、急に止まって何やら一生懸命口を拭いている。めったに顔など拭かないモサモサうさぎが、きれい好きになったのかと喜んでいたら、舌をペロッペロッと何度も出して、やたら拭いている。よく見えなかったのだが、かじったケージのペンキ部分がはがれたのかもしれない。何度も口を拭いてようやく納得がいったようだ。写真の後、猛然とまた走っていた。パッパカパッパカとフロアリングの床に音が響くので、まるで馬みたいだった。

muriyari111.jpg先日久しぶりにペット屋にいった。次女うさぎを飼うきっかけになったお店だ。何度か見に行ったあの頃が懐かしい。えさも種類がだいぶ増えている。いま次女うさぎと三女うさぎが食べている「ラビットプラス」は2.5倍に増量したものが結構お得である。

その他、いろいろな草があった。オオバコやアルファルファなど覚えきれない種類の草が並んでいた。うさぎもいまブームのようなので、えさも種類が豊富のようだ。その多さに驚いた。そんな中、久しぶりにサトウキビを買った。筒状になっていて、うさぎたちが大変好きなものである。

そのサトウキビを次女うさぎに無理やり上げ。すでにもうかじってあったが、せっかく買ってきたのになぜか放ってあったので、拾い上げて無理やり口元にもっていった。次女うさぎはいつも嫌がりながらも、なぜかパクパク食べてくれる。あまりに私がずっとさとうきびをかざしているので、いいかげんにしろと怒ったのだろう。次女に指を少し咬まれた。私が悪いのであった。

hikaku1.jpg寒い日がまだまだ続く。新潟県や長野県では、かなり大雪のようである。地球温暖化かと思いきや、逆に氷河期が来るのかと思うくらいである。

そんな中、うさぎの毛はほかほかと暖かそうだ。よく考えたら毛皮を羽織っているようなものだからだ。

ところで、うさぎの成長はことの他早いような気がする。写真は三女うさぎが来たころと現在を比較したものである。うちに来た当時も三女うさぎを床に寝かせ、よくおもちゃのようにして遊んでいたのを思い出す。この写真よく見ると、一年ちょっとでかなり体の毛の色が変わり果てている。最初は靴を履いたようにさえ見える足の部分の茶色を除いては、体が白っぽい色の毛で覆われている。しかし、今はどうだろう。何だかきれいでないこげ茶である。

panch1.jpg長女うさぎの目が最近ショボショボになってきた。原因はわかっている。三女うさぎが換毛期にも関わらず、部屋中を走り回るので、毛が舞う。それが、目の大きい長女うさぎの中に入り、痒くてこする。それで、目の周りが濡れるし、まぶたの裏側が真っ赤になるという具合である。

そこで、最近は掃除機をかけている。掃除機がうなり始めると、長女うさぎがケージから出てくる。そして、なぜか近くを通るとパンチを食らわしてくるのである。彼女のためにやっていることなのに逆切れだ。その後もしつこくパンチをされた。何だか滑稽な風景ではあるのだが、長女うさぎは真剣に掃除機に怒っているようだ。音に怒っているのか、テリトリーをじゃまされてると思ったのか、本人に聞いてみないとこればかりは分からない。

hakusai1.jpg夜になってかなり寒くなってきた。明日はかなり冷え込むのだろうか。うさぎたちも寒さは大変だが、暖房を常に入れているので大丈夫そうだ。電気代のかかる三姉妹たちである。

うさぎは野菜が好きである。三女うさぎは長女うさぎと違って、大方何でも与えたものは食べてくれる。今日は夕食で使った白菜をあげた。あげるとすぐにもうかじっていた。かなり好きらしい。いつも瞬く間になくなっていく。水分も多く白菜やキャベツは食べ過ぎなければ体によさそうだ。彼女はかなりこちらを気にしながら食べていた。

fuukei.jpg日頃よく質問されるのが、多頭飼いか、一匹ずつかというところである。うちでは、写真のように一羽ずつ別のケージに入れていて、それぞれにトイレがある。一番左が三女うさぎ、真ん中が長女うさぎ、右が次女うさぎである。三女うさぎと次女うさぎは犬猿の仲なので、隣同士にできない。長女うさぎが三姉妹の緩衝役である。その前に伸びるマットが、問題のマットである。写真に入りきれなかったが、手前に第二トイレがあり、ケージから行ったりきたりしている。

この写真では長女うさぎはケージで大人しくしている。その代わり三女うさぎが巡回中。同時には出せない。特に三女うさぎと次女うさぎは喧嘩しそうだからだ。というか以前ガチンコ対決になった。入れるつもりがなかったのに、モサモサな三女うさぎがちゃっかり端で切れて写っている。カメラを向けた瞬間に入ってきてしまった。

box1.jpg昨年の暮れに、次女うさぎと三女うさぎにえさ箱を新しく買った。ケージの床にえさ箱を置くより、ケージの横につけたほうがいいと思い、ねじ式のえさ箱を導入した。

そうしたら、思ったより結構高い位置にえさ箱が来てしまい、次女うさぎは写真のように手をかけて食べている。

食べられないことはないが、ちょっと食べにくいかなと。本人に聞いてみないと分からないが、写真では、困惑しているようだ。でも、何だか表情がとっても可笑しい。

うさぎ三姉妹日記も、新年を向かえブログの引越しを終えた。念願の「Movable Type(ムーバブル・タイプ)」にブログを変えた。以前のBiglobeのブログに比べ、こちらの「Movable Type」のブログは、拡張性が高くいろいろなことができる。

Flashのファイルはもちろん、XMLファイルも扱える。昨年の終わりから引越しをはじめ、とりあえず完了。まだ一部整っていないが、随時直していきたい。何しろ画像が一緒についてきてくれないので、入れ替えが大変だ。コメントもこちらに移動させていただいた。

新年の元旦は家でのんびり。実家にも帰らず、お雑煮を食べた。

三姉妹も元気であるが、長女うさぎが朝いきなりわけの分からない行動に出た。いつもならマットの範囲しか動けないはずなのに、ケージの下に敷いているタオルを伝って三女うさぎと長女うさぎのケージの間に忍び込み、悪さをしていたのである。

朝、妻が壁に対して変なカリカリと変な音がするから、無理して様子を見てくれていた。実は私は熟睡していたのだが・・・。そうしたら壁に向かって長女うさぎが手を置いてカリカリしていたらしい。妻は慌てて彼女をバックさせ、ケージに戻したという。

何ともはや。元旦から世話のやける長女うさぎである。

このアーカイブについて

このページには、2006年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年12月です。

次のアーカイブは2006年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

サーチプラスforペット

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
A delicate memoryA delicate memory #2

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

AHYP Cream アイプクリーム19.5g
価格:1882円(税込、送料別)

次女うさぎに毎日尿かぶれした患部に塗っていたAHYP(アイプ)クリームです。この軟膏を扱っている「ベッツジャパン」からの説明を引用します。「アセチルヒドロキシプロリンは、コラーゲンの主要成分であるヒドロキシプロリン(コラーゲンの成分のうち約10%以上を占めます。)を、アセチル化したもので、良好な溶解性、浸透性、および高い保湿性を有しています。『アイプクリーム』は、このアセチルヒドロキシプロリンを2.5%含有するクリームです。本品のアセチルヒドロキシプロリンは、動物原料を使用せず、発酵法により製造したヒドロキシプロリンからつくられています。」と解説にありました。

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。