現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

2005年12月アーカイブ

tatazumu1.jpg最近よく三女がトイレに手を乗せて、佇んでいる姿を見かける。何を考えているのだろう。この世の中のこととか、こんな狭いケージに入れてちっとも出してくれないとか、いろいろ悩みも多いのかもしれない。

うさぎの歴史に興味をもって、「ザ・ウサギ」という本で調べてみた。早くには、6世紀後半のものとされる、藤ノ木古墳から発掘された馬具に、鳳凰(神聖な想像上の鳥のこと、平等院の上に立っている)や竜といった想像上の動物とともに、日本にはいない動物である「象」と並んで「ウサギ」が彫られているそうだ。

平安時代の「日本霊異記」という書物には、ウサギに対して悪さをした人が罰を受けているさまが書かれている。ウサギは神聖な動物、白色と結びつくのもそこから来ているようだ。平安時代には、もう一つ面白い「鳥獣戯画」という今の漫画のもとになった作品がある。ここではウサギはとても楽しそうに登場している(41匹も登場しているらしい)。この作品では動物が人間社会を皮肉っている。

室町時代には、「かちかち山」という説話の中にウサギが登場。弱いウサギが強いタヌキを倒すお話。直接戦わずタヌキを騙すようにしてやっつけている。ちょっとずるいような賢いような扱いである。

飼いウサギが日本にやってきたのは、16世紀半ば頃といわれている。オランダ人がもたらしたという説もあるらしい。ちょうど織田信長が天下統一を目指しているころであり、当時ポルトガルやスペインとの貿易がさかんになっていた頃である。

江戸時代も真ん中ぐらいになってくると、飼いウサギは一般的になって白ウサギが飼われ、草など食べてよく馴れる動物として家で飼われているものであったことはいくつかの書物に書かれている。

長くなってしまったが、ウサギはかなり早くから人々の生活の中で生きてきたことがわかった。いよいよ今年も終わり、来年にはますますうさぎ三姉妹をよろしくお願いします!

full13.jpg今日も寒かった。遠くへ出かけるのがかなり億劫だ。久しぶりの休みだったので、かなりゆっくりした。三姉妹は今日も元気。

なつかしの画像がいくつか出てきた。中でも写真の次女うさぎは、とてもかわいらしい。ペット屋で、一目見てかわいいうさぎだと思ったのが次女うさぎだった。何度かペット屋に私は足を運び、次女をじっと観察した。しばらくして妻に懇願して何とか飼ってみることになった。そしてようやくうちに来た。嬉しかった。ケージに入れて早速写したのがこの写真。思い出深い。

しかし、こちらの予想に反して彼女は気の荒いうさぎだった。すぐ手に咬みつくし、布は破ってしまうし、なかなか懐かなかった。今でこそ落ち着いたが、それは大人になってきたからであろう。うちに来た当時は、三女うさぎ同様、やたらケージ内を走り回り、牧草が朝見たら床一面に飛び散っていたこともあった。次女うさぎも三女うさぎが来て少しはましになったところもあるのでよしとしよう。

guremurn1.jpg寒波がまた今日からやってくる。寒さがいっそう厳しくなりそうだ。今年は本当によく雪が降る。暖冬が懐かしい。

三姉妹も寒そうな夜である。しかし、あれだけ毛に包まれていたら、毛皮みたいなものであろう。きっと保温効果は抜群に違いない。

今日は三女うさぎと思いっきり遊んでみた。その後フロアリングの床にひっくり返して寝かせてみた。そうしたら写真のようにしばらく寝たまま動かないのであった。お腹とか触ってみたが、そのまま動かずかなり可笑しかった。三女うさぎが小さい頃によく耳を床に広げて遊んだが、この時期になってできるとは思わなかった。何かうさぎではなくグレムリンみたいだ。口元がかなり可愛い。

hokuhoku1.jpgかなり寒い日が続いている。人間も寒いが、うさぎたちもみな寒いはずである。各々のうさぎたちは、みなどうして暖炉をとっているのだろう。そんなことを考えながら三姉妹の世話をした。

次女うさぎは三姉妹の中では、最も寒さに強い。うちに来た頃から、ずっと敷物を入れたり、草を敷き詰めたりしたことがなく、ツルツルのケージのままだった。しかも次女は北向きの部屋の一番窓側に位置している。ただ、このところの寒さは厳しく、さすがに次女うさぎを見ていてかわいそうになった。

そこで、写真のような木屑を買って来た。しっかりと一面に敷いて、保温性を高めるため厚みをつけた。それ以降、結構お気に入りみたいである。最近は機嫌もいい。

senryou1.jpg昨日は、かなりくたびれていたようで、帰って食事をして、寝転がっていたら、そのまま寝込んでしまった。うかつにもブログの更新を怠ってしまった・・・。連日の長女うさぎの記事が途切れた。

そこで、今日は三女うさぎについて、しばらくおとなしくしていたわけではなく、いつも通り、こちらを怒らせることばかりだ。長女うさぎがざくざくみかんを食べている間、それをいいことに写真のように彼女のトイレを占領。匂いをかいでは、おしっこをピッピッとしていく。せっかく掃除して取り替えたばかりのシーツを汚したからだ。全く自分のトイレのような顔をしている。困ったものである。

tabekobo11.jpg今日は休日にもかかわらず、ちょっとした仕事があった。午後はほとんどそれでつぶれた。12月も半ばを迎えようとしてる。みかんの季節真っ只中だ。

長女うさぎがみかんが好きなのは、昨日紹介した。みかんをあげた瞬間からざくざく音がした。すでに食べ始めていて、かぶりついている。今日も同じ光景だった。彼女は本当にみかんに目がないようだ。ところが、食べ終わった頃に長女の口元を見ると、写真のようにやたら汚い。ものすごい勢いで食べてくれるのはとても嬉しいのだが、食べこぼしがひどい。下唇はみかんの汁でじゅくじゅくで、口の横にはみかんの残骸がへばりついていた。

orange11.jpg今日も三姉妹は元気一杯だった。

写真はいつもみかんをよく食べている長女の写真。むしゃむしゃ食べて口からこぼれそうになっている。ほとんど落ちてもおかしくないくらいだ。

ところで、うさぎの腸は長いと言われる。そこで本で調べてみた。そうすると体の中はほとんど腸であった。口から入ったものは、短い食道から胃にすぐ入る。胃は酸性がかなり強いらしい。次に続く十二指腸がものすごい角度で胃から折れ曲がっているので、圧迫されやすい。ちょっとのことで詰まってしまいそうな感じだ。長い十二指腸のあと、さらに長い空腸、そして回腸、大きな盲腸、とどめに大腸と、一体いくつ腸があるのだろうか。腸のオンパレードである。

yokokara1.jpgますます寒くなってきた。今日も10度もなかったに違いない。体が堅くなっている感じがして嫌である。三姉妹は今日も元気。今日は三女うさぎのケージを横からのぞいて見た。

ちょうどみかんをあげた直後で、一つ目を食べ終わったところ。何やら外が気になる様子。外を伺っている。横から見ると、三女うさぎの頭の後ろは、起きたばかりの人みたいにぼさぼさである。毛が後頭部だけ柔らかいため、よけいにぼさぼさに見える。ブラッシングするのだが、すぐ元に戻る。何だか横から見てもモサ具合が変わらない。今のところ、床にはタオルも何も入れていない。

toire11.jpg今日はとても寒い一日だった。手がかじかんだ。もう手袋もコートもいる。重装備の季節だ。

昨日のトイレの結果は◎だった。もうばっちりとしかいいようがない。すがすがしい朝を迎えることができた。

長女うさぎがきちんと写真のトイレ内にきれいに、さりげなく用を足していたのだ。うんちもその範囲内だった。思惑通りで嬉しかった。あとは、これが習慣づけばいい。長女うさぎは寒さなどどこ吹く風のようで、元気一杯である。トイレがきちんとできていたので今日はとても安心した。

bijingao1.jpg12月に入り、かなり忙しい季節になってきた。年末に向けていろいろしないといけない。課題の制作もそろそろ締め切りが近づいてきた。とても焦っている。

次女うさぎは今日も元気である。白うさぎの血を受け継いでいるのか、目は透けていて赤く見える。血管の色がそのまま見えているようだ。次女は他の姉妹に比べ、大変寒さに強い。一番窓側にいるのだが、あまり風邪などひいたりしない。常にヒーターの上にいるというわけでもなく、よく動いている。謎の巣作り行動も気になる。

写真は少し低い位置から撮った次女うさぎの正面顔。かなりかわいい。だれかのモサ具合とは大違いである。このかわいさで気が短くなければ最高なのだが。

このアーカイブについて

このページには、2005年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年11月です。

次のアーカイブは2006年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

サーチプラスforペット

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
A delicate memoryA delicate memory #2

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

AHYP Cream アイプクリーム19.5g
価格:1882円(税込、送料別)

次女うさぎに毎日尿かぶれした患部に塗っていたAHYP(アイプ)クリームです。この軟膏を扱っている「ベッツジャパン」からの説明を引用します。「アセチルヒドロキシプロリンは、コラーゲンの主要成分であるヒドロキシプロリン(コラーゲンの成分のうち約10%以上を占めます。)を、アセチル化したもので、良好な溶解性、浸透性、および高い保湿性を有しています。『アイプクリーム』は、このアセチルヒドロキシプロリンを2.5%含有するクリームです。本品のアセチルヒドロキシプロリンは、動物原料を使用せず、発酵法により製造したヒドロキシプロリンからつくられています。」と解説にありました。

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。