うさぎとライカの写真Blog

現在同居中のホーランドロップとの生活やお気に入りのライカのカメラやオールドレンズやその写り,写真についてのブログです。

DSC01180.gif


二年前の夏,四女うさぎが亡くなり,その一週間後に後を追うように次女うさぎまで亡くなってしまい,我が家は深い悲しみに包まれました。正直次女うさぎに関してはもっと長生きするだろうと我々夫婦は思っていました。ところが四女うさぎが亡くなってから間もなく床に伏せている姿を見かけるようになり,息が荒い日が何度かありました。心臓がしんどいのかなという感じでした。当時のかかりつけの動物病院が長いお盆休みに入ってしまっていたため,すぐには連れて行けず,他の動物病院を二三候補を探して連れて行きました。しかし,すでに体調の悪化が相当進行していたようで,最期には朝方に心不全で私の手の中で息を引き取りました。初めて次女うさぎとペットショップで出会って連れて帰ってきたのは私でした。そして最期の瞬間も次女うさぎは私の手のひらで永遠の眠りにつきました。次女うさぎとはとても運命的なものを感じました。二羽へのお墓参りも済ませ,少し今はホッとしています。残された五女うさぎがいつまでも健康で過ごせるようにお願いもしてきました。

_P2M0345.gif


五女うさぎを動物病院へ連れて行ってから,獣医師さんからも時々耳を冷やすと効果的だとお話があったこともあり,毎日二三時間に一回のペースで五女うさぎの耳を保冷剤で冷やしています。保冷剤二つをタオルにくるんで左耳を一枚目の写真のように挟みます。一回に20秒くらいずつ,場所を変えて冷やしています。


_P2M0341.gif


気持ちがいいようで,妻が冷やしているときは,じっとしています。まだ左耳の大きさが,右耳より少し大きく腫れているのが分かり,熱も持っているので,腫れが治まるのにはもう少し時間がかかりそうです。

_P2M0333.gif


五女うさぎの左耳がまた腫れていました。一年半前の昨年の一月にも同じような症状で耳血種のような症状になりました。食欲はあり,牧草もペレットもきちんと食べているのですが,昨年も動物病院へ連れて行き炎症を抑える飲み薬の抗生剤をもらったので,今回も昨日動物病院へ連れて行きました。耳の腫れは昨年と同じ症状で,一週間投薬して様子を見ながらまた再診することになりました。家に戻ってきてからも元気ではあるのですが,まだ耳の腫れが治まっていません。以前は餃子くらいにパンパンに腫れたこともあるので,この先が心配です。昨年は耳の腫れが治まった後に,食欲減退が起こり,便の出が悪くなりました。今回もそうならなければいいのですが...。

参考記事:五女うさぎの耳の腫れと食欲減退そして回復へ

_P2M0251.gif


先日,足ダン10連発を放つ激しい怒りを見せた五女うさぎ。私がトイレ掃除を担当していた日でしたが,妻がちょっと五女うさぎの様子を見に来ただけで,いきなり怒ってしまいました。想像するに,五女うさぎが妻にいつものマッサージを担当できるのになぜ今日はしてくれないのかと怒っているような感じでした。妻が顔を出したことで,五女うさぎの怒りがピークに達したようです。私の存在はどうでもいいようです(笑)

DSC04136.gif


今日は四女うさぎが亡くなって三回忌を迎えました。あれから二年も経つのかと思うと時間の流れは早いなと思います。最後の一年は,四肢の麻痺で辛い介護生活を余儀なくされた四女うさぎでしたが,持ち前の不屈の精神でがんばってくれたと思います。亡くなる直前にも北摂の救急動物病院へ連れていき,何とか命をつないだかに見えた四女うさぎ。最期はおそらく不要な点滴を当時のかかりつけの動物病院の指示で自宅で続けたことが原因で,肺水腫のような症状で苦しみながら亡くなりました。妻が看取ってくれましたが,今まで亡くなってしまった四羽の中では,一番つらい最期を迎えさせてしまったと今でも悲しみが甦ってきます。高齢のうさぎに点滴は必要なのか,あるいは点滴以外の選択肢はなかったのか,今でも当時のかかりつけの動物病院への不信感は消えません。動物病院は絶対ではないし,うさぎをきちんと診れる動物病院も少ないという現実を目の当たりにして,今ではより信頼できる動物病院へ変えました。四女うさぎが残してくれた教訓をいま元気に過ごしてくれている五女うさぎへつないでいきたいと思った今日の命日でした。

L1097356.gif


『世界報道写真展2018』を見に行ってきました。この写真展は今回で3年連続見に行っています。この展示会のいいところは,世界の時事ニュースがよくわかることと,「世界報道写真コンテスト2018」で選ばれた世界的な報道写真家の素晴らしい写真をじっくり見ることができる点です。このコンテストには,日本人の応募が約50件あり,残念ながら入賞作品には選ばれませんでしたが、新聞社・通信社・雑誌社などに属するカメラマンやプロのフォトグラファーが精力的に応募しているようです。今までこの写真展を見てきて,今回私が強く感じたことがあります。それは選ばれた写真家たちの視点の素晴らしさでした。過去二回は自分は何となく見ていたところがありましたが,今年は描写されている(記録されているといった方がいいのかもしれまませんが)写真のそれぞれの意味やテーマ性をグッと感じることのできる作品が多くあったように思います。現在は移民の問題がヨーロッパでは大きく渦巻いています。個人的な感想ではありますが,最近では西洋的な哲学思想,ものの見方に限界がきている感じます。様々な価値観や宗教があるにも関わらず,西洋的価値観で対応しようとしているその術がもう手に負えていない感じがします。展示を見ていてそんなことを感じました。

DSC_0425.gif


この写真は当時持っていた「ニコン D2Hs」というカメラで撮ったものです。このカメラは約400万画素,センサーも「LBCAST」というものを使っていて,今時の高画素のニコンのカメラやCMOSセンサーと違って深めの色味がとても気に入っていたカメラでした。写真の五女うさぎの茶色の縞模様のトーンがとてもいい色をしていてきれいです。この時は,日光を背中に浴びて元気に走り回っていた時の写真です。五女うさぎの顔が本当に若くて今と違いにこやかですね(笑)

_P2M0238.gif


久しぶりに五女うさぎに野菜をあげてみました。彼女が大好きなブロッコリーの葉です。クレソンの葉も好きですが,ブロッコリーは食いつきがとても良くて相当好きなようです。野菜は水分が多いのであまりあげすぎないようにしていますが,たまには気分も変わっていいようです。


_P2M0190.gif


五女うさぎはよく写真のような恰好で寝そべっています。よく見ると口をもぐもぐさせているので,どうやら寝そべりながらトイレにいつも置いている牧草が目の前にあるので,食べることもできて便利なようです。リラックスしながら寝そべって牧草を食べるという,彼女にとっては言うことのないゆったり過ごせる時間なのかもしれませんね。

_P2M0186.gif


うさぎの記憶力はどうやら持続性に欠けるようです。私がトイレの掃除担当を続けてしても,妻がその後担当すると私に撫でられた記憶は妻のマッサージの記憶に上書きされるようで,全く覚えていないような対応をされます。一体どうなっているのかと聞きたくなるような状況です。前頭葉が全然発達していないのか記憶の保持に難があるようです(泣)


DSC01235.gif


このところ,五女うさぎのトイレ掃除を続けて担当するようになってから,結構撫でられに来るようになった五女うさぎ。そろそろ終わろうかと思っても手を彼女の頭から外すと,それに合わせて私の手に頭を寄せてくる五女うさぎ。ついつい終わるタイミングが難しくなってしまう感じです。うさぎ心は複雑で面白いですね。

DSC_0136_001.gif


色は違いますが,どことなく愛らしいホーランドロップイヤー。性格も温厚なうさぎが多いのでしょうか。三女うさぎも五女うさぎも亡くなった次女うさぎほど攻撃的な感じがありません。垂れ耳がまた小型犬のようなイメージもあって親しみやすいのかもしれません。

IMG_1380.gif


最近は機嫌がとてもいい五女うさぎ。体重も先日計測したら2200gに戻っていてホッとしました。このくらいの重さをキープしてほしいです。写真は若い頃の五女うさぎのものです。

who01.jpg


鏡を前に戸惑い気味の三女うさぎの様子。まだ若い頃に撮った写真です。うさぎが鏡を見て自分だと認識できるのでしょうか?あなたは誰?という感じなのでしょうか。ちょっと面白くて可笑しいワンシーンでした。

DSC_0130.gif


すでに亡くなってしまっていますが,一枚目の写真が三女うさぎ。五女うさぎと同じホーランドロップイヤーという種類のうさぎです。先日の記事でも触れたように,この三女うさぎは心優しい,素直な性格の持ち主でした。五女うさぎもそうですが,幼い頃はどちらもまん丸なかわいい目をしているのですが,段々と年を重ねるごとに,人でいう眉毛や睫毛のあたりの毛が増えて怒っているような感じになってきます。機嫌が悪いのかと思いきや違っていたということが多々あります。


DSC01167.gif


二枚目の五女うさぎ。これは怒っているかもしれません。私が撫でようとするといつもじっとこんな感じで見られます。そしてかなり間をおいてから撫でられに来たりします。三女うさぎほど,五女うさぎが素直とは私には思えないことが多いですね(笑)

DSC_0472.gif


顔つきが若い五女うさぎ。何だか体にも張りがあります。最近の五女うさぎは全体的に体に締まりがなくなってきていて,年を取ったなぁと感じます。

DSC_0478.gif


うさぎは不思議な動物だと思います。結構こちらの気持ちが分かっているような素振りをしたりするからです。また,人間同様うさぎの個体それぞれに個性があり,性格が全然違います。今まで五羽のうさぎを飼ってきていますが,それぞれの性格を見てみると,


長女うさぎ・・・甘えん坊な性格,怖がりなところがありましたが,それでいて頑固な性格でした。
次女うさぎ・・・ツンデレうさぎ。常に攻撃的な性格でしたが,案外甘えん坊で天邪鬼的なところがありました。
三女うさぎ・・・最も素直な性格の持ち主。心優しく長女うさぎが亡くなったときは私たち夫婦のそばに寄り添ってくれた思い出があります。
四女うさぎ・・・超マイペースな性格で不思議ちゃんでした。晩年は四肢の麻痺により介護生活を余儀なくされましたが,不屈の精神で頑張り屋のところがありました。
五女うさぎ・・・自己主張が最も激しく,五羽の中では一番スキンシップが好きなうさぎです。ころころ機嫌が変わるので気難しいところもあります。


ざっとこんな感じですが,どのうさぎも性格がそっくりということは一度もありませんでした。うさぎ飼いの皆さんもきっと同じことを感じているだろうと思います。

DSC05577.gif


珍しく妻に対して怒った五女うさぎ。朝の掃除の時に,ある程度時間がかかるのは仕方のないことです。しかしなかなか撫でてくれないと勝手に感じた五女うさぎはいきなり怒ったようです。「まだ?」と催促されているような感覚になってしまう五女うさぎの撫でろ攻撃に対応するのは妻でも大変なようです(笑)

L1074836.gif


このところ猛暑の続く毎日。外に出る気も失せるくらいの気温で何をするにもダルい感じがあります。そんな中,五女うさぎの部屋はしっかりと空調で管理しているので健康面は大丈夫のようです。うさぎは暑さに弱い動物です。温度調節が自分でなかなかできない分,人間より熱中症になる可能性が高いと思われます。ですから部屋の温度も21度~22度くらいと少し寒いくらいで彼女は調子がいいです。高齢になってくると少しの変化も気になります。まずはこの暑さ対策からですね。

DSC01234.gif


うさぎは忘れっぽいのか,先日から不機嫌だった五女うさぎは昨日は一転して,トイレ掃除中もほとんど邪魔されることなく,掃除後にはよく撫でられにきていました。ケージから出たり入ったりさかんに繰り返していた五女うさぎ。今度はなかなかケージへ戻ってくれなくて大変でした(笑)

DSC_0437.gif


先日のこと。トイレ掃除を担当したとき,五女うさぎが掃除の邪魔をするので,ちょっとあっちに行ってといわんばかりに五女うさぎをどかせてケージの扉を閉めたら怒ってしまった。私から離れて遠くへ行ってじっとこちらの様子を伺っていました。そばへ行ってみるとギロッと不機嫌そうにこちらを睨んでいました。ぞんざいに扱われたと思って怒っているようでした。しかし,トイレのシーツを代えるだけなのに,何度もトイレをチェックしにケージ内に戻られるとどうにも邪魔でなりません。しばらくご機嫌斜めな五女うさぎでした。

DSC09109.gif


最近は,空調をちょうどいい温度に調節しているせいか,よくリラックスした姿勢を見せる五女うさぎ。時間帯によって,寝そべっている位置が変わっていて面白いです。

DSC07569.gif


ケージの外で遊ぶのが大好きな五女うさぎ。特に藁ハウスが好きで何度もくぐっては出たり入ったりしています。うさぎは本能的に穴倉が好きなようです。

DSC_0417.gif


五女うさぎがケージから出て遊んでいるところです。陽射しがきれいに差し込んで明るい雰囲気になっているシーンです。

DSC_0416.gif


時々ケージにある小窓から外へ出ようとする五女うさぎ。うさぎは狭いところが大好き。でも小窓のワイヤー部分で背中を傷つける可能性があるため,写真のように出ようとしたらできるだけ阻止しています。

IMG_1441.gif


この写真は五女うさぎが一歳の頃の写真です。毛並みや顔つきが若いです。ケージ内でまったりとしてくつろいでいたところを撮りました。

_P2M0156.gif


毎日朝晩妻が五女うさぎのマッサージをしています。内容はリンパとお腹のマッサージです。とても気持ちがいいらしく五女うさぎは妻を見るといつも催促しています。毎日の日課となっています。写真は頬っぺたをマッサージしているところです。その他,蚤とりコームによるグルーミングも欠かせません。


_P2M0169.gif


次の写真は,「もう止めるの?」といわんばかりにちょっと不機嫌な五女うさぎの様子です。妻がマッサージを止めると固まってしまいます。私より妻のことが大好きな五女うさぎ。私がトイレ掃除の担当のときは,トイレの上でじっとしているだけで全然撫でられに来ない五女うさぎ。毎日のマッサージの効果で差が出ているようです。

L1076862_01.gif


五女うさぎのケージの様子。いつもトイレでじっとしている時間が多い五女うさぎ。撫でられに来る日とそうでない日があります。その理由は私にはよく分からないです。

_P2M0093.gif


いつでもおやつを欲しがる五女うさぎ。乾燥パパイヤが大好きで,決まった時間にはあげているのですが,その他の場面でも写真のようにおやつをくれるのではないかと待っています。

DSC05578.gif


月が替わってから久々に五女うさぎの体重を量りました。抱っこが大嫌いな五女うさぎ。いつも体重計に乗せるのに一苦労です。今回は2210gありました。最近は牧草を残すことなく完食しているので体重も安定しているようです。ホッとしました。下の表は2018年の五女うさぎの体重の変化です。今のところ安定していますが,油断は禁物かなと思っています。

◆体重(2018年7月7日までの体重計測)◆
1月20日 2264g 2月23日 2226g 3月30日 2222g 5月14日 2208g 6月2日  2194g 7月7日  2210g

DSC05545.gif


最近の五女うさぎはとても元気ですが,私がトイレ掃除をするときはあまり撫でられにきません。もともと妻の方が大好きな五女うさぎ。時々トイレ掃除を担当する私は回数が少ないためか,あるいは好かれていないのか写真のようにじっとこちらを凝視するだけで,ケージに戻ってトイレの上でじっとして動きません。こちらは事務的にケージ内を掃除するだけになっています。うさぎは頑固な動物です。自分の好みでないことにほとんど関心を示さないことが多く,態度がはっきりしていますね(笑)

DSC_0288.gif


若い時の五女うさぎのリラックスした姿です。まだ一歳になっていない頃のあどけない顔が今では懐かしいです。

DSC09127.gif


藁ハウスをくぐるのが好きな五女うさぎですが,写真の奥に写っている藁ボールも気になるようです。いつも齧ったり押しのけたりして遊んでいます。

DSC09189.gif


藁ハウスから出てきた五女うさぎ。毎日くぐったり齧ったりしています。

五女うさぎの横顔


以前よりパッチリと開くようになった五女うさぎの右眼です。よく目をつむっているシーンが多かったのですが,その時は眼が濡れています。しっかりと拭きとってあげればいい感じに眼をまん丸と開いています。

犬のようなうさぎ


こうして見ていると,五女うさぎが子犬のように見えてきます。ロップイヤーは耳が垂れているためそう見えますね。

ケージから出てきた五女うさぎ


ケージから出てきた五女うさぎ。さぁ,遊ぶぞ!という感じでしょうか。ただ,常にケージ内のトイレが気になるらしく,遊んでいたかと思うと,時々チェックをしにケージへ戻ってきます。

溌溂とする五女うさぎ


朝と晩のトイレ掃除のときは,五女うさぎはケージの外で走り回っています。とても溌溂としていて楽しそうです。でもいつもケージの中を気にして戻ってきます。帰巣本能も強いうさぎです。

顔を拭くうさぎ


いつも一生懸命顔をトイレの上で拭いている五女うさぎ。まだまだ余震が気になりますね~。

防災用のライトキャリー


大阪北部で先週地震があってから6日が経ちましたが,昨日も晩に震度3の地震があり,奈良県も揺れました。まだ予断を許さない状況のような気がします。我が家でも五女うさぎのことが気になり,いざという時のための防災用のキャリーを買いました。一枚目の写真が前面・上部が開閉できる軽量メッシュタイプキャリーで,軽量で運ぶのにはよさげでした。


防災用ケージとナスカン


しかし前面の扉がぐらぐらするため,ナスカンで止めないといけない感じでした。このキャリーのいいところは,動物病院に行くときに使っているキャリーとは違い,底に普段のケージと同じようなメッシュタイプの網がついていて,底面にトイレシーツを敷くことができ,おしっこやうんちが落ちてくれるところです。足を汚さずに済みます。水ボトルや食器などを取り付けられる点もとても良いと思います。


防災用ケージとうさぎ


ただし,三枚目の写真のように実際に五女うさぎを入れてみると結構狭そうでした。2200gのうさぎでは,この防災用キャリーはやや小さいような気がします。ドワーフ系の小柄なうさぎや小動物にはいいと思いますが,五女うさぎには小さいですね。少し慣れてもらうために今日もこのキャリーに五女うさぎを入れてみましたが,ギリギリという感じです。なので,あまり大きめのうさぎにはおススメしませんが,一応リンクを貼っておきます。


二足歩行のうさぎ


五女うさぎが立ち上がったところです。四女うさぎの姿も見えています。顔が皆若いです(笑)

若き日の五女うさぎ


まだ若い時の五女うさぎの写真です。カメラはNikon D80でシグマの魚眼レンズを使って撮影しています。四女うさぎも写っています。

五女うさぎの日常


毎日撫でられるのが大好きな五女うさぎ。特に私より妻に撫でられるのが好きなようです。いつもケージ外で撫でてあげるとご機嫌がいいようです。

じっとトイレで動かないうさぎ


うさぎというのは大変気まぐれな動物だと感じます。日によってはいつまでも撫でられ続けているかと思えば,別の日には写真のようにじっと目をしかめて動かず,撫でられる素振りもありません。一体何があったのかと思うくらい日によって態度が違うのがうちの五女うさぎです。理由をその都度聞いてみたいくらいです(笑)

五女うさぎの体重計測


昨日も五女うさぎのトイレ掃除をするついでに,体重計測をしてみました。できるだけ定期的にしているつもりですが,抱っこが大嫌いな五女うさぎをかつかまえて体重計に乗せるのが一苦労ななたついつい先延ばしにしてしまっています。今回の体重は2200gありちょっと安心しました。順調に牧草をよく食べ,朝晩のペレットも完食してくれているのでいい感じです。この調子でいてほしいですね。


ところで,今朝大阪北部で大きな地震がありました。奈良も激しい横揺れを感じました。大阪が震度6弱,奈良や京都は震度4でした。阪神淡路大震災以来の大きな揺れでした。高槻市では大きな被害が出たようです。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

DSC09238_1.jpg


最近七歳になった五女うさぎ。ずっと元気にしておりました。あまり最近こちらのブログを更新していなくて訪問していただいている方々には申し訳ありません。肝心の五女うさぎですが,一時体重が2200gを下回り,少し心配しましたが,部屋の空調の温度を変えることで何とか体重を戻すことに成功しました。私たち夫婦が感じている以上に,うさぎは毛並みがふさふさしている分,人で例えるならコートを着ているような感じで暑いらしく,22度くらいの温度設定で食欲も増進となりちょうどいいことが分かりました。体重管理とともに室内の空調の温度調節も気を付けないといけませんね。


不退寺の黄菖蒲の美しさ


M9 / Cron 90mm LTM
AE/ISO 640/RAW
Taken at Nara


不退寺の黄菖蒲はその色味もきれいですが,花の形がどことなく蝶に似ています。縦構図で撮ってみると蝶が舞っているような幻想的な描写になります。この写真では初めカラーにしようと思ったのですが,モノクロームにコンバートしてそのシルエットと背景のボケ味の柔らかさを活かしてみました。蕾の黄菖蒲が直線的な美しさを持ち絵になっていました。ライカM9とズミクロン90ミリレンズの組み合わせで撮りました。

雨の不退寺と多宝塔の階段


M9 / Cron 90mm LTM
AE/ISO 640/RAW
Taken at Nara


不退寺の境内にある多宝塔は,本堂内に展示されている資料では二階建てでしたが,いつの時代か二階部分が失われ現在は一階建てになっています。その多宝塔へ登る際の階段を撮りました。雨に濡れた石の階段と反射光,古刹と雨のイメージは古都奈良の雰囲気を感じる瞬間です。この写真は500pxに投稿しました

不退寺の黄菖蒲


M9 / Cron 90mm LTM
AE/ISO 640/RAW
Taken at Nara


雨の佐保路を先日撮りました。場所は不退寺です。今年は例年より早く黄菖蒲が見頃でした。いつもなら5月中旬から下旬にかけて見頃ですが,連翹が早かったこともあり予想して早めに不退寺を訪れました。雨のシーンは初めてで,珍しい黄色の色味と深めの緑のマッチングが素晴らしかったです。このシーンでは雨の滴と池の反射光を入れました。ライカM9とズミクロン90ミリレンズで撮りました。

白毫寺本堂の風景


M8 / Thambar 90mm LTM
AE/ISO 160/RAW
Taken at Nara


白毫寺本堂に降り注ぐ陽射しを撮りました。同じくタンバール90ミリレンズを使っていますが,このレンズの写りはヘクトール73ミリレンズとよく似ているような気がします。ただ,ヘクトール73ミリの方がその写りは比較的安定していてよく調整されている感じがします。このシーンでは屋根の近くに設置されている懸魚が印象的でした。私はこの魚の形をしたユニークな木彫りの建築装飾が好きです。懸魚の役割は棟木や桁の先を隠すための飾り板だそうですが,古代の人々もよく考えたもので,あまり見えてほしくない木の出っ張りなどを装飾で目を惹くようにしたその工夫が面白いと思います。この写真は500pxに投稿しました

広告

ガチャムク

プロフィール

うさぎの介護人プロフィール画像

このブログは「うさぎの介護人」が運営しています。ホーランドロップ(7歳)と同居中。今まで暮らしてきた高齢うさぎたちの介護に関する情報を多く載せていますのでご参考にしてください。また,好きなライカのオールドレンズやLeica M8やM9についての情報も載せています。ウェブページやブログはMovable Type Pro 6.2.6を使って構築しています。

写真の作品は500pxに投稿しています
奈良を中心に京都や大阪の写真
うさぎのポートレイトシリーズ
A delicate memoryA delicate memory #2

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

このブログのオススメ記事

うさぎ関連のオススメグッズ

うさぎのお尻周りに使える静音のバリカンオススメ!

詳しくは「うさぎのお尻回りの毛を手入れする静音のバリカン」の記事へ

SUSU バスマット 速乾 抗菌 36x50cmオススメ!

うさぎの強制給餌に好きなペレットを粉末状にできるところがいいですオススメ!

詳しくは「うさぎの流動食の作り方」の記事へ

アーカイブ

このブログの紹介記事

GPV気象予報

アクセス

使用サーバー:inetdの激安プラン

使用ブログ

Movable Type Pro 6.2.6

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。